カテゴリー「k. ラブたな」の11件の記事

一宮七夕まつりの真の市民化活動。志民連いちのみやの活動の原点にして、瑞浪七夕では定着した市民ミッション。志民連いちのみや支援。

結びの宮市参加者募集

結びの宮市5参加案内_申込書120519_R.jpg

七夕クラフトフェア 結び(むすび)の宮市(みやいち)(第5回)

~ブース参加のご案内~

一宮七夕まつりの夕べに、杜の宮市のようなクラフト教室&アートクラフトマーケットを開催予定です。
場所は一宮駅と本町通りの間にある「セントラル駐車場」。駅から歩いて5分ほどの場所です。七夕まつりでも、このあたりには、賑わいがありません。その分、ゆったり落ち着いた空間です。
よろしければ、クラフト教室を開催し、またご自身の作品を七夕の夕べに並べてください。

●駐車場内には、テントつき無料休憩場を設置し、別のイベント等が実施される予定です。
●「ワークショップ」中心ですが、「作品の販売」も可能です。

平成24年5月 結びの宮市実行委員会 星野博

------------------------
開催日時
7月28(土)・29日(日)
午後5時~9時(3時から開店可)⇒両日とも出店の方優先

------------------------
搬入・搬出
●搬入:午後2時~3時 会場前まで進入可 搬入後、車は即時移動 
●搬出:9時~11時(車両は10時から)

------------------------
会場
●一宮市栄セントラル駐車場
「サンライズ広場」⇒一宮駅東口より徒歩5分

------------------------
参加費
●1ブース3千円(2日間で)

------------------------
ブース
奥行1.8×幅3.6m 予定10ブース
●電源は容量600wまで。
照明器具は各自用意。
●容量拡大は応相談(有料)

------------------------
車両
周辺の安価で打ち止め型の駐車場をご利用ください。
(紹介できるかもしれません。)

------------------------
テント
そのほか
●初日終了後、一旦すべてを撤収し、持ち帰ってください。
●盗難事故等すべて自己責任です。

------------------------
出品内容
●今回は「ワークショップ」を主体とし、のんびり、ゆったりした七夕の夕としてください。
●ご自身の作品を展示・販売することも可能です。
●食品は不可。

------------------------
申込
●作品写真を添付し、申込書にて下記までお願いします。
●6月30日必着。1週間ほどで出店の可否をご連絡します。
●参加費は当日お支払ください。


七夕クラフトフェア 結びの宮市vol.5 2012 出店申込書
出店名(工房名など)フリガナ *パンフレットやインターネットに掲示されます。 ご住所 〒 お名前(代表者)フリガナ 企業名や店舗名称も書いてください 電話 ファックス メール URL ホームページ *パンフレットやインターネット等に掲載されます。

ブース
☑してください □ ワークショップ  □ 電源が追加で必要(有料、相談)
□ 作品展示販売
*テントは用意してあります

概略
今回のワークショップや出店内容を一言、50字内で伝えると(キャッチフレーズなど)

内容
●ワークショップの内容(具体的に)
●展示販売作品の内容(具体的に)
●震災支援(あれば)

活動歴 今までの展覧会、賞や活動の内容

写真添付 作品が分かる写真を添付しましたか?⇒チェック □    


参加案内(PDF)は↓
結びの宮市5参加案内120430.pdf

参加申込書(PDF)は↓
結びの宮市5参加申込書類120430.pdf

参加申込書(word)は↓
結びの宮市5参加申込書類120519.doc

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「安城&一宮七夕ミーティング」(2011/10/2)

「安城&一宮七夕ミーティング」が安城市市民交流センターで開催された。
2011/10/2 19:00~21:00

IMGP4692_R-thumbnail2[1].JPG
交流センターのロビーには、東北関連の写真や資料がたくさん張り出されていた。そうだ、ここは愛知ネットが運営しているのだった。

IMGP4705_R-thumbnail2[1].JPG
挨拶は鶴田さん。安城の商店街とまちづくりのリーダー。この人あっての安城。
そのななめ後ろにteam LOVETANABATAをつくり、今回の大船渡支援をスタートさせ、私たちを安城へ呼んでくれた小島さん。7月には逆に小島さんに一宮へ来て、七夕と東北支援について語ってもらった。

2011-10-022018-thumbnail2.56.01_R[1].jpg
ここのページにもアップしてあるチラシとは違うポスターが貼ってあった。

IMGP4715_R.JPG
星 野が一宮のラブたな活動と「ずっと...」支援活動の全体を説明し、安井聡太郎さんが一宮から陸前高田への支援を、谷口庄一さんが同じく遠野・陸前高田へ の支援を、写真を見せながら説明。その後、安城の大船渡支援に関するキャッチケーブルテレビの30分番組を見て、意見交換した。

IMGP4720_R.JPG
終わってからは駅前の花の舞へ移動して懇親会。慌ただしく一宮へ戻ったが楽しい時間だった。

思えば、愛知ネットの天野さん、そして小島さんが色々と橋渡しをしてくれたことから「ずっと...」の「祭り支援」はスタートした。感謝しつつ、次の連携と支援を考えていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「安城&一宮七夕ミーティング」(2011/10/2)

「安城&一宮七夕ミーティング」が安城市市民交流センターで開催された。
2011/10/2 19:00~21:00

IMGP4692_R-thumbnail2[1].JPG
交流センターのロビーには、東北関連の写真や資料がたくさん張り出されていた。そうだ、ここは愛知ネットが運営しているのだった。

IMGP4705_R-thumbnail2[1].JPG
挨拶は鶴田さん。安城の商店街とまちづくりのリーダー。この人あっての安城。
そのななめ後ろにteam LOVETANABATAをつくり、今回の大船渡支援をスタートさせ、私たちを安城へ呼んでくれた小島さん。7月には逆に小島さんに一宮へ来て、七夕と東北支援について語ってもらった。

2011-10-022018-thumbnail2.56.01_R[1].jpg
ここのページにもアップしてあるチラシとは違うポスターが貼ってあった。

IMGP4715_R.JPG
星 野が一宮のラブたな活動と「ずっと...」支援活動の全体を説明し、安井聡太郎さんが一宮から陸前高田への支援を、谷口庄一さんが同じく遠野・陸前高田へ の支援を、写真を見せながら説明。その後、安城の大船渡支援に関するキャッチケーブルテレビの30分番組を見て、意見交換した。

IMGP4720_R.JPG
終わってからは駅前の花の舞へ移動して懇親会。慌ただしく一宮へ戻ったが楽しい時間だった。

思えば、愛知ネットの天野さん、そして小島さんが色々と橋渡しをしてくれたことから「ずっと...」の「祭り支援」はスタートした。感謝しつつ、次の連携と支援を考えていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙台七夕ツアー 短冊を仙台の中心に飾ろう 【七夕for七夕】

一部チラシを組み替えました。

110806to08Tforttanabtatatour_shiminonly10706_R.jpg

七夕for七夕・・・一宮から仙台へ、中部から東日本へ、想いをこめて
仙台七夕ツアー 短冊を仙台の中心に飾ろう

鎮魂と復興の想いをこめて開催される、今年の「仙台七夕まつり」。
七夕のまち「一宮」から、想いと短冊とを持って「仙台」へ行きましょう。
持っていった短冊は、このツアー専用の設置場所(定禅寺通)に自分たちで飾り、仙台七夕を盛り上げます。
ゆったり自由時間がありますから、仙台のまちや七夕まつりを存分に見学し、お楽しみください。
一宮駅発着のバスなので、安心してたくさんのお土産を買って帰り、東北を元気にしましょう。

★ご日程  2011年8月6日(土)~8月8日(月) 2泊3日
★ご料金  お一人様33,000円(申込人員が増えた場合は、一部返金予定です)
★募集人数 25名様(最少催行人員20名様)
★締切日  7月22日                  

●1日目 尾張一宮駅 21:30頃出発 高速道路利用【適宜休憩】(車中泊)

●2日目 8:00頃アークホテル仙台(荷物を置きます)
 自由行動・(ちょこっとボランティアへの参加も調整中)
 短冊飾り

 ※ アークホテル仙台全室1名1室利用 チェックインは15:00以降(仮眠、休憩可能)。

●3日目 出発まで自由行動 ※10:00までにチェックアウトしてください。
 仙台12:30頃出発 高速道路利用【適宜休憩】 尾張一宮駅着22:30頃

★利用バス 「名鉄バス最高級車 ゼウス」 
すっぽりと包まれるような、3列ワイドシート。足元ゆったりのシートピッチ。ハイアングルから見る車窓・・・好評の広い座席で、車内でもゆったりお寛ぎいただけます♪

PDF版チラシ110806to08TforTsendaitanabatatour_shimin110706.pdf

------------------------------------
企画 NPO法人志民連いちのみや (東日本大震災支援「ずっと…」プロジェクト)
   LOVETANA 七夕まつりを愛する志民の会
(旅行の諸手続などは旅行代理店が行います。)
お問い合わせ 090-2265-9188星野 info@shimin.org

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙台七夕ツアー 短冊を仙台の中心に飾ろう(一宮駅発着の市民ツアー)

この一宮から東日本を支援する市民ネットワーク「ずっと...」 。その議論の中から生まれた企画の一つで、ラブたな・志民連いちのみやが運営する、お気楽お得なツアーです。

110806to08_Tfort_tour_bill_shimin110706_R.jpg

七夕for七夕・・・一宮から仙台へ、中部から東日本へ、想いをこめて
仙台七夕ツアー 短冊を仙台の中心に飾ろう

鎮魂と復興の想いをこめて開催される、今年の「仙台七夕まつり」。
七夕のまち「一宮」から、想いと短冊とを持って「仙台」へ行きましょう。
持っていった短冊は、このツアー専用の設置場所(定禅寺通)に自分たちで飾り、仙台七夕を盛り上げます。
ゆったり自由時間がありますから、仙台のまちや七夕まつりを存分に見学し、お楽しみください。
一宮駅発着のバスなので、安心してたくさんのお土産を買って帰り、東北を元気にしましょう。

★ご日程  2011年8月6日(土)~8月8日(月) 2泊3日
★ご料金  お一人様33,000円(申込人員が増えた場合は、一部返金予定です)
★募集人数 25名様(最少催行人員20名様)
★締切日  7月22日                  

●1日目 尾張一宮駅 21:30頃出発 高速道路利用【適宜休憩】(車中泊)

●2日目 8:00頃アークホテル仙台(荷物を置きます)
 自由行動・(ちょこっとボランティアへの参加も調整中)
 短冊飾り

 ※ アークホテル仙台全室1名1室利用 チェックインは15:00以降(仮眠、休憩可能)。

●3日目 出発まで自由行動 ※10:00までにチェックアウトしてください。
 仙台12:30頃出発 高速道路利用【適宜休憩】 尾張一宮駅着22:30頃

★利用バス 「名鉄バス最高級車 ゼウス」 
すっぽりと包まれるような、3列ワイドシート。足元ゆったりのシートピッチ。ハイアングルから見る車窓・・・好評の広い座席で、車内でもゆったりお寛ぎいただけます♪

PDF版チラシ=110806to08七夕for七夕ツアー募集チラシ_志110706.pdf

------------------------------------
企画 NPO法人志民連いちのみや (東日本大震災支援「ずっと…」プロジェクト)
   LOVETANA 七夕まつりを愛する志民の会

お問い合わせ 090-2265-9188星野 info@shimin.org

(旅行の諸手続などは旅行代理店が行います。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大船渡盛町七夕(安城七夕連携) 海外メディアで紹介されました。

安城は着実に支援活動をしています。
(気仙市民復興会議ブログから)
その他様々な七夕活動、七夕連携支援活動はコチラから

2011年6月12日 5時01分

【大船渡盛町七夕(安城七夕連携)】海外メディアで紹介されました。

あんどん山車が損壊した地域があることから、開催が悩まれていた盛町七夕祭りですが、“日本三大七夕”のひとつでもある愛知県安城市の安城七夕まつりが支援を名乗り出て、例年通り今年も大船渡市盛町のさかり中央通り商店街で開催されることが決まりました。

盛町七夕のテーマは、“魂をしずめる”、
一方、安城七夕のテーマは、“願い事七夕”。
誤解も多いようですが、単なる“お祭り”ではないのです。

気仙全体の復興を祈願する祭りとしての開催に賛同をお願いします。
そして私たちも全面的にバックアップする意気込みです。

NPO愛知ネット

    
http://www.culturalnews.com/
より

安城からの支援として、
・竹飾り用のくす玉約40個
・テントや音響設備
・運営ボランティアスタッフ確保

その他、安城七夕の特徴でもある「願いごとふうせん」の関係物資も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラブたな2010の動画

13年目のラブたな活動の記録を、クローバースタジオの永田さんに撮ってもらった。 YouTubeはコチラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

55回七夕まつりが終わった

7月25日で第55回の七夕まつりが終わった。

平成11年から続けてきた「にぎわい広場」は、今までの場所では最後となった。会場の「新柳公園」は新しい市庁舎が建つ場所だからだ。

そんな七夕の、とりわけ市民自主活動の様子はコチラをご覧あれ。

------------------------

前から言い続けていることだけど、一宮の七夕まつりに求められているのは
●回遊性
●滞留性
●多様性
だ。無論、来場者は増えた方がいい。増えた方がいいが、もっと奥行きを見たい。マーケティングで言うなら「one to one」だ(ちょっと古いかな)。大量に供給されている来場者の中に、リピーターはどれほどいるのだろう。

私はこの10年以上色んな地元の人に尋ねてきた。「七夕って行く?」答えはノーがかなり多い。しかも昔より、そう答える年齢層が広がっているように思う。

色々な価値観や興味を持った人が出かけたくなる「中身のある」七夕。

人々がゆっくりと見て周り、またもう一度同じところへいきたくなるような「回遊性」ある七夕。

気がつけば長居をしてしまい、飲食物もほしくなったり、また違う見方をしたくなるような「滞留性」ある七夕。

「点」や「線」でなく「面」としての広がりと内容の「多様性」ある七夕。

一宮市民の多くが納得いく、郷土の誇りとなるまつり。とりわけ旧尾西市民や木曽川町民が理解できる七夕への対応。

市民運動として七夕にかかわって20年。
七夕まつり協進会のメンバーとしてかかわって6年。
地域経済と市民自主性の問題は、七夕をより混乱したものとしているように思う。

でも、七夕が変われば一宮も変わると、やはりまだ信じている。
信じているので、馬鹿馬鹿しいことがたくさんあっても、活動をやめないことにしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にぎわい広場は3日目終了。ふう。でも楽しい。

100723lovetananigiwai087

3日目でもう体はバテている。
今日は数年ぶりに「チェリー古川とガチャマンキングズ」登場。
あーやっちゃってる。ラストの少しだけだが動画はコチラ
(しかし私は気が短いわけではない)。

その前のモリカオルの演奏は、やはりというか、さすがというか。ギブソンが乾いたいい音を出し、そこに太いコイルのような歌が重なる。楽しませる。

打ち上げでも歌ってくれた。

続きを読む "にぎわい広場は3日目終了。ふう。でも楽しい。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にぎわい広場は2日目、一宮七夕まつり始まる

100722lovetananigiwai022

今日は昼に1%フォーラムもあったので、にぎわい広場の2日目にして、もうバテている。まだあと3日あるのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)