カテゴリー「ニュース」の95件の記事

みんなで「カオダシャート」一宮

100422anp

朝日新聞2010年4月14日
一宮の佐藤さんが取り上げてくれた。

tadabullこと村雲さんのつぶやきで知った。

------------

 一宮市の市民グループが中心街の勢い復活をめざして始めた「杜(もり)の宮市」が10年目を迎える。今回の特別企画は、顔出しとアートで「カオダシャー ト」=写真。

以下は記事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高崎市の屋台

日経に「高崎田町屋台通り」のことが紹介されていた(100419nnp29地域総合)。
行政と関係なく、青年会議所メンバーたち有志がLLP「高崎食文化屋台通り」で民間中心の街づくりをしているという。しかも別個にLLCを作り、ファンドも形成しているという。

その仕組みはコチラで発見。

事業の共同責任を事業組合LLPとし、資金ファンドは会社組織のLLCに切り分けているところが面白い。面倒な気もするが、カネ出して配当も可能ならば・・・って人と、「志」をもって事業をする人は、やはり別の仕組みが必要かもしれない。

一度、見学に行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

井上ひさしの吉里吉里人

初めて「吉里吉里人」を見たのは、「終末から」だったのか。佐々木マキの絵。よく覚えていないが、単行本が出たときには、高いけど頑張って買った。調べたら1981年の出版だ。22~3歳。

私の今に至る、まちづくり、地域アイデンティティの思想の、かなりの根幹は、この本にあると思っている。ここの題名「どローカル超ワタクシ的サコク主義」は、そこらあたりを表現しようとしたもの。

もう一度読んでみようかな・・・・老眼つけて。故人を偲びつつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウナギ完全養殖成功すごい!

って思ったが、ホルモン投与って聞くとコワイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一宮市138タワーパーク内の石窯ピザ移動販売車

100330cnpo18pizza_towerpark_2


本格的な石窯を積んだピザの移動販売者が一宮市光明寺、138タワーパークに出現。脱サラした若尾直哉さん。

キャンプ場の経営が第2の人生の夢だそうだ。ここは私にとても近しい方だな。一度買いに行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

百万遍~手づくり市、若者の心つかむ

100330nnp31haykumanben_2

知人も出店していた京都百万遍知恩寺の「手づくり市」。
20年以上前に始まったが、どんどん若者の参加が増え、長野などからツアーバスが数台来るとのこと。
(100330nnp31)

杜の宮市も、こういう風にツアーバスとか来ないかな。
旅行会社の人とか、ぜひ見に来て、企画してほしいな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

新城で軽トラックの市

100326cnpa14shiinshirokeitruck032_2

3月28日に県で初めて、道路を封鎖して軽トラックの市が開催されるそうだ。(100326cnpA14)

道路使用許可を出す新城警察署交通課長が、出店者説明会に来て説明をしたという。

ほほー!

警察の使用許可自体もすばらしいが、説明会に来るとは、なんと素敵なんだろう。


新城軽トラ市セミナーの様子

市役所ページにも議論の様子






続きを読む "新城で軽トラックの市"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルーズリーフを使った大学生向け広告???

机の上に親父が置いていった今朝の中部経済新聞。ご丁寧にマーカーで囲ってある。

よく見ればウチのアホ妹がやっている会社の記事。イベントとか司会とかへ女の子を派遣しているのだが。

・・・どうなの。


フォーリッジ、ルーズリーフに企業広告100401cnphoshinonoriko_fourridge_2

大学生へ無料配布 

学生とスタッフ結ぶ スタッフ積極採用

イベントへの人材派遣業務を柱とするフォーリッジは大学生を対象とした広告ビジネスに乗り出す・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一宮市 事業所税減免の方針~対象は繊維の中小企業(読売新聞)

一宮市 事業所税減免の方針~対象は繊維の中小企業
(2010年3月13日読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/aichi/news/20100313-OYT8T00066.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JTB一宮支店元支店長宮島潤一氏、一宮は懐の深さ全国一

100211cnpo29miyajimajunichisakurada

我らが親分、宮島潤一氏についての記事。

中日の藤原記者が一宮を去るについての置き土産として取り上げた。

2010 /02/11中日新聞朝刊尾張総合p29

 JTBの一宮支店で、かつて支店長を務めた二人が、その後も一宮市に住み続けている。「旅の達人」が語る一宮の魅力とは-。
(藤原啓嗣)

続きを読む "JTB一宮支店元支店長宮島潤一氏、一宮は懐の深さ全国一"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧