« 松本クラフトフェア&松本フラフラツアー(2014/5/23-25) | トップページ | 2014年7月1日から、一宮で、このまちで、どうしていけば、いいんだろう »

10年をはさんだ、志民連いちのみやと星野博の取材(朝日新聞 2005/2/9 2014/6/16)

050209_6_140616_anp_29_trim_1600v_2

こういうの出さない方がいいかと思いつつ、10年ほど前の記事を探しだしたのが面白くて、出してみました。

左が2014年6月16日の朝日新聞朝刊、右が2005年2月9日の朝日新聞朝刊です。

今回、朝日新聞の岡本記者が、ずいぶん時間をかけて、志民連いちのみやの10年の活動を整理して記事にしてくれました。

その中に「10年前にも朝日で取材」という話が出ていて、ああそういえばと思って探したら、出てきました。

並べてみました。

たぶんどちらもL.L.Beanのボタンダウンを着ています。個人輸入で買った10年前のシャツは今も現役です。シャツは同じようなものでも、顔には10年のくすみが・・・あ~あ。

十年前も地ビール飲んでるし。

そんなことより、10年前に言ってたことは、どれだけ実現できたのだろうか。

志民連いちのみやの会員を138人募ると言ってたけど、いまだ正会員は12人。

まちの構造も、外形的には、あまり変わってない。

でも、このまちで何かやろうとする人を、何とか支援しようという活動は、少し蓄積できたかも。そんな循環も少し強くなってきたかも。

知恵も、時間も、お金も、限界感が強いけど、まだ、やんなきゃいけないよねぇ。

|

« 松本クラフトフェア&松本フラフラツアー(2014/5/23-25) | トップページ | 2014年7月1日から、一宮で、このまちで、どうしていけば、いいんだろう »

g. 志民活動列伝」カテゴリの記事

o. ヒトコト列伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10年をはさんだ、志民連いちのみやと星野博の取材(朝日新聞 2005/2/9 2014/6/16):

« 松本クラフトフェア&松本フラフラツアー(2014/5/23-25) | トップページ | 2014年7月1日から、一宮で、このまちで、どうしていけば、いいんだろう »