« 月刊いーち134号(2013/6/16) | トップページ | 月刊いーち135号2013年7月号(2013/7/21) »

一宮で地ビールフェア企画中(チューネン断定団on月刊いーち2013年6月134号)

130616134__2_r_2

(以下は原文です。記事とはズレがあります。)



●今年も半分過ぎました

 梅雨に入ったのかな。今一つはっきりしませんが、もう今年も半分おしまい。こないだ年末でほっとしたばかりなのに。毎晩ビールを飲んでるのがいけないのかも。深夜まで毎日残業すれば、もう少し仕事はかどるが~と思いつつ、8時を回ると身も心もついていかないチューネンであります。それもこれも、我らが「一宮ブルワリー」の地ビールが"うーうまい”せいです!昨夜飲んだ「バイツェン・ビター」は熟成期間を通常より長くとったもので、これがまたキリッとしてて良い。

●地ビールは今

 昨年6月の、ここチューネン断定団では「どこへでも行きマス 地ビール大好きチューネン」と題して、5月の「地ビール祭京都」、6月の「ビアフェス東京」のレポートをしました。その後も7月の「タナバタビアフェスタトヤマ」を見学。8月の「ビアフェス名古屋」や9月の「なやばしビール祭り」などには一宮ブルワリーが出店しました。どこも若者、それも女性がビールをガンガン飲み、うんちくも少し語り、明るくはしゃいでいました。東京の高円寺や阿佐ヶ谷では、街の規模にあった地ビールレストランが運営され、毎夜にぎわっているとか。地酒、焼酎、ワインと多様化が進んできた流れの次は地ビールなのでしょうか。日本最小の地ビール工房一宮ブルワリーにも、見学者が多くなっていて、醸造責任者の山田さんに話を聞く会や、麦芽粉を使った料理研究会も開催されました。

●2種類の地ビールフェスタ

 色々なビアフェスを見てくる中で、その開催形態には2種類あることが分かりました。「テイスティング系」と「イベント系」と私が名付けたものです。テイスティング系は「ビアフェス東京」とか「ビアフェス名古屋」で、コンベンションホールなどの室内で、入場料を払い、小さなカップで色々なビールを試飲するものです。方やイベント系は、「地ビール祭京都」や「なやばしビール祭り」、「タナバタビアフェスタトヤマ」。オープンな場所で通りがかりの人も見ることができて、チケット制、食べ物のブースも多様です。やはり楽しいのはイベント系。昼間に開催され、参加者のマナーも良く、地域の方々が面白い食べ物を出し、まちと来場者が混じり合っている感じです。

●一宮で地ビールフェアをやりたい!準備会議

 去年から言ってますが、ぜひ一宮でビアフェスやりたい!イベント系の楽しいものです。皆さん、一緒につくりませんか?

 「一宮で地ビールフェアをやりたい!準備会議」を開催します。スタッフやりたい、食べ物出したい、地ビール知りたい、イベント企画したい、少し手伝いたいという方、ちょっと顔を出してください。もちろん参加無料です。ついでに七夕まつりのことも話したいな。

一宮で地ビールフェアをやりたい!準備会議

6月28(金)夜7時から8時半 参加無料

一宮市市民活動支援センター会議室(一宮駅隣接i-ビル3階)

問い合せ 090-2265-9188(星野)

|

« 月刊いーち134号(2013/6/16) | トップページ | 月刊いーち135号2013年7月号(2013/7/21) »

e. チューネン断定団 on 月刊いーち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一宮で地ビールフェア企画中(チューネン断定団on月刊いーち2013年6月134号):

« 月刊いーち134号(2013/6/16) | トップページ | 月刊いーち135号2013年7月号(2013/7/21) »