« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

429(羊肉)の日には138人ジンギスカンを!

13042113220134p2
(以下は原文です。記事とはズレがあります。)
 平成23年12月、尾西信用金庫の呼びかけで集まったのは学識経験者、実業家、農業者、団体代表など地域の活性化を模索する人々。会議の テーマは「一宮活性化プラン」。このまちの様子、地域資源、産業支援、地産地消、イベント、グルメ、ブランド化、市場創造、ビジネスモデル・・・何度も繰り返された議論の中、まちづくりNPOも企画担当に迎え、まとまってきたのが「138ひつじプロジェクト」です。
 十二支に「未」があるように、羊は大昔から家畜として飼育されてきました。とてもヘルシーな食材でもあります。羊毛産業で大きな富を生んだ一宮にとっては近くて遠い存在でしょうか。
 一宮の基盤である繊維産業とりわけ毛織物のウール。
 ⇒そのウールを提供し続けてくれた羊はヘルシーな食材
  ⇒羊料理をこの地域の資源に育て、グルメでヘルシーな活性化を!
 1月21日には「ラムしゃぶ食べて考えよう」というイベントが、奥町の「旬彩バイキングしゃぶてらすこすも」にて開催されました。同店を経営するコスモミートさんの協力により、ラム肉のしゃぶしゃぶのおいしさを認識してもらいながら、ひつじをキーにしたまちづくりの今後の姿についてグループでディスカッションしてもらう実験的な企画でした。80人を超える参加者うち、85%の人がおいしいと答えています。
 この議論を受けて、138ひつじプロジェクト]は、いよいよ本格始動。
 その第1弾が4月29日に開催される「138人ジンギスカン」!
 大野極楽寺公園にて、138人の方にラム肉のおいしさ、ジンギスカンのおいしさを知っていただくとともに、「ひつじ」と「地域」の話をして盛り上がっていただこう、そうしてまちを活性化していこうというプランです。
 「138ひつじプロジェクト」では、これから「羊レシピコンテスト」「羊レストランガイド」「一宮タレ研究」「ひつじロゴコンテスト」「いちのみや羊アーカイブ」など、ひつじと一宮に関係した色々な企画を展開し、新しい市場とオリジナルな地域の核を創っていく予定です。こうした活動に参加してくださる「138シープス」のメンバーを募集していますが、まずは「138人ジンギスカン」にご参加ください。
138人ジンギスカン
●日時: 4 月29 日(月曜日・昭和の日) 正午から14時
●場所: 大野極楽寺公園バーベキュー広場(一宮市浅井町大野 電話0586-51-3015) * 名鉄バス 川島行き(名鉄一宮11:21→大野11:43)歩1 分 駐車場あり
●料金: お一人1,380円(ジンギスカン・野菜・焼きそば) お茶・ビール等ドリンク代は別
●手ぶらでお越しください。
●申込: 尾西信用金庫( 一宮活性化プラン協議会事務局)
電話0586-45-1153・ファックス0586-46-6701・メールshien@bi-shin.co.jp まで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月刊いーち132号2013年3月21日

いーちいまむかし= 後南朝の悲劇と熊沢天皇
鞠奴の食いしぼう日記= 鞠奴パン食堂
人を尋ねる= グラフィックデザイナー渡辺亮太さん
チューネン断定団= 429の日には138人ジンギスカンを!
ナオミッチのららら蘭学= オランダのまちづくりーアムステルダムーその1
みつあきのハイサイ人生= 今日は貝を採ってくるからね。浜下り(ハマウイ)
味のある店= Cycle Community 「たて輪」

13042113220134__1_r

続きを読む "月刊いーち132号2013年3月21日"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »