« 一宮の十年後…市民プロジェクト2021まちづくりシンポは3月24日 | トップページ | 夕闇の海にくっきりと 大槌で「こよみのよぶね」 »

一宮駅前ビルに地元業者入居できる?・・・やっと議論が出てきた

120310cnpo14_r_2

やっと議会で出た。
2008年当時、駅前ビルへゴーサインを出していくこととなった、一宮市中心市街地活性化基本計画策定委員会の席上から、ずっと疑問だった話。明日は声を出してみよう、明日こそ市役所へ行ってみようと思いつつ、今日に至った。ぜひ今度こそ「まちづくり」として議論してほしい。
駅前ビルがどういうものになるか、アスティがどうなるかの問題「だけ」ではない。
このことから、もう一度、未来への議論のフレームワークをつくりたい。
(2012/3/10中日新聞尾張版14)

|

« 一宮の十年後…市民プロジェクト2021まちづくりシンポは3月24日 | トップページ | 夕闇の海にくっきりと 大槌で「こよみのよぶね」 »

g. 志民活動列伝」カテゴリの記事

f. 経世談論そして会計と経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一宮駅前ビルに地元業者入居できる?・・・やっと議論が出てきた:

« 一宮の十年後…市民プロジェクト2021まちづくりシンポは3月24日 | トップページ | 夕闇の海にくっきりと 大槌で「こよみのよぶね」 »