« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

いわくら・ひと・さくら・まつり

桜は咲く。私はこのまつりに行きたい。

120401to0415s__1_r


詳しくは
http://www.smile365-japan.com/iwakura

120327cnpo17_r



しばらく前にこんな案内をいただいた。
120310_r_2

関連記事
111201cnpo_r_2

バラマキ補助金がこの3月で切れる。

この「人の駅」のように暖かく実効性があって、公金を使うに相応しいものもあれば、それ以前の形を維持するために補助金が使われたようなものもある。無論、雇用が本旨の補助ではあるが、それだけで許される時代ではないだろう。


緊急雇用バブル、ふるさと雇用バブルが終わるこの4月から、補助金を費やした価値があったか無かったかが、はっきり見えてくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋弁講座 サンダーバード

http://youtu.be/RXCc9zC6rdg
ロサンゼルスにいるホリバ君が教えてくれました。久しぶりに腹の底から笑いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第3回ふるさと交流会in一宮市(避難者交流会)4月14日アイプラザ

1204143__r

第3回ふるさと交流会in一宮市
名古屋から千ヨット北西 一宮で3回目の交流会になります。
ふるさとの吉葉で、ふるさとのことを話しましょう。


    手作りランチを食べながら楽しいおしゃべり
     法律、医療、子育て=・いろいろな相談
 あたらしい仲間、あたらしい出会い、交流の幅が広がります
    楽しいゲームですてきな〇〇〇を当てよう!
   キッズスペースもあり、お子様連れも大歓迎です

【日時】2012年 4月14日(土)定員30名
 食事会、交流会12:00-16:00
 懇親会    16:00-19:00(自由参加)


 懇親会では、これからの生活や支援のあり方について、避難者の方、支援者の方が一緒になって話し合う場にできればと思います。
【場所】アイプラザ一宮 住所 一宮市若竹三丁目1番12号
(一宮勤労福祉会館)
電話 (0586)77-6612
【参加費】無料です  ※交通費として、1家族1,000円を支給します

お申し込み・お問い合せ(裏面の申込用紙を利用ください)
NPO法人志民連いちのみや
TEL: 090-2265-9188 (星野) FAX:0586-72-8885
E-mail:info@shimin.org
 【受付時間】10:00~19:00(月曜~土曜)
 【申込締切り】 4月10日(火)
        (定員になり次第申込みを締め切らせて頂くことがあります)
 【申込方法】代表者のお名前、住所、電話番号、
       参加人数(お子様連れの方は年齢)、
       懇親会参加の有無を、お電話又はFAX、
       メールにてお申し込みください。
   ※頂いた個人情報こつきましては、この交流会以外では使用しません

19:00以降、日曜日の連絡は下記までどうぞ
『ずっと...』被災者支援チーム (今井田)
TEL: 080-4212-9347
E-mail:ichinomiya.sien.net@gmail.com

主催:『ずっと...』被災者支援チーム
共催:一宮生活協同組合(COOP)
  NPO法人志民連いちのみや
  愛知県被災者支援センター
協力:一宮市、一宮市社会福祉協議会
  愛知県司法書士会
  愛知県弁護団

この事業は、あいちモリコロ基金の助成金を受けています。
一宮市市民が選ぶ支援制度対象事業です。


------------------------

参加申込み用紙
FAX番号:0586-72-8885
□必要事項を記入いただき、上記の番号へ送信ください。
□4月10日(火)締切り


| | コメント (0) | トラックバック (0)

夕闇の海にくっきりと 大槌で「こよみのよぶね」

夕闇の海にくっきりと 大槌で「こよみのよぶね」

2012年03月13日火曜日 河北新報

 東日本大震災から1年の11日、アーティストで東京芸大教授の日比野克彦さん(53)が、数字の「3」「11」と小舟をかたどったあんどんを海に浮かべるアートプロジェクト「とうほくこよみのよぶね」を岩手県大槌町の大槌湾で行った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一宮駅前ビルに地元業者入居できる?・・・やっと議論が出てきた

120310cnpo14_r_2

やっと議会で出た。
2008年当時、駅前ビルへゴーサインを出していくこととなった、一宮市中心市街地活性化基本計画策定委員会の席上から、ずっと疑問だった話。明日は声を出してみよう、明日こそ市役所へ行ってみようと思いつつ、今日に至った。ぜひ今度こそ「まちづくり」として議論してほしい。
駅前ビルがどういうものになるか、アスティがどうなるかの問題「だけ」ではない。
このことから、もう一度、未来への議論のフレームワークをつくりたい。
(2012/3/10中日新聞尾張版14)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一宮の十年後…市民プロジェクト2021まちづくりシンポは3月24日

120324flyer120304fix_colorbase_r

市民プロジェクト2021
まちづくりシンポジウム

一宮市10年後の予想図として「街と産業の活性化予想図」のイメージを、地域の状況に詳しい研究者から提案してもらいます。
それを受けて、一宮市に関わりの深い専門家に、一宮市のまちづくり、産業再生、活性化の可能性、方向性をディスカッションしていただきます。
また10年後から見た地域に必要な課題を、議論の中から抽出していきます。

● 日時: 2012年3月24日(土) 13:00受付開始 13:15~16:00
● 場所: 一宮スポーツ文化センター2階 第1研修室
● 参加: 無料 事前登録不要
    *当日参加できない方は、info@shimin.orgまで情報を請求してください
● 内容:
  1. 話題提供   今枝忠彦  「一宮市のまちづくりを考える/街と産業の「活性化」予想図」
  2. パネルトーク 伊藤清武 久保泰男 藤森幹人 今枝忠彦(進行) 
  3. 意見交換

今枝忠彦
(話題提供・パネリスト)
イズムワークス代表。都市マスタープラン、中心市街地活性化、地域社会再生等の計画立案、事業推進に従事。2007年、経済産業省の中心市街地活性化診断助言事業検討委員として一宮市を担当。一宮市出身、藤沢市在住。
伊藤清武(パネリスト)
(株)都市産業研究所代表。地域産業の再生を軸に、全国の多くのまちづくり、地域社会再生を手がける。東京在住。
久保泰男(パネリスト)
NPO法人地域 ICTプラットホーム理事長。 ICT在宅医療・介護支援システム構築に従事。愛知県産業労働部長時代には、多くの地域産業立地政策を推進。武豊町在住。
藤森幹人(パネリスト)
(株)対話計画代表。コミュニケーションを重視した市民、行政との協働、連携によるまちづくりを進める。旧尾西市出身、長久手市在住。
(敬称略)


市民プロジェクト2021
一宮市制100年を迎える2021年(平成33年) 。
その時、私たちのまちは、どんな形でしょう。十年後の「未来予想図」を市民の中から紡ぎだし、そこから「今、大切なこと」を考え、実践していきませんか。
たとえば、一宮の中心市街地は「今」でなく、「駅前ビル」や「新市庁舎」などを前提に、未来から考えないと、失うものは大きいのではないでしょうか。
様々な観点から、地域の未来と現在を継続的に検討していきます。

「市民プロジェクト2021」は「志民学校いちのみや」事業の第5年度として実施しています

志民学校いちのみや 第5期 (愛知県 あいちモリコロ基金助成事業 一宮市後援)
あいちモリコロ基金の助成金を受けています 

特定非営利活動法人 志民連いちのみや (担当 星野) http://www.shimin.org
メールinfo@shimin.org 電話 090-2265-9188 fax.0586-72-8885 〒491-0859愛知県一宮市本町4-12-7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ずっと...(一宮からの災害支援市民ネットワーク) ずっと一宮から支える「市民トーク」(会議)

1203182flyer_ivory120302_r


ずっと... このまちで、支える、つなげる、続ける

一宮からの災害支援活動をしていく市民ネットワーク「ずっと...」では、昨年5月の結成以降、100人を超えるメンバーの間で真摯な議論を繰り返してきました。
その議論の中から、復旧ボランティアや七夕まつり支援、避難者交流会など10を超える事業が生まれ育ち、市民自らの責任で実行されてきました。
あの日から1年を経て、この春からの活動、私たちのありようについて、自由に話をする「市民トーク」を開催します。

ずっと...(一宮からの災害支援市民ネットワーク)
ずっと一宮から支える「市民トーク」(会議) vol.2

おもいを、地域のみんなで共有しませんか
何ができるか、何をしているか、何をすべきかなどを話し合う、誰でも参加できる、自由な場です。
ヒトの支援、モノの支援、おカネの支援、音楽による支援、七夕を通じた支援など、できること、得意なことで、話し合い、プランを考えませんか。

● 3月18日(日)午後2時~4時 途中参加・退場可
● 一宮スポーツ文化センター2階 第1研修室
● 参加無料
*当日参加できない方は、www.zuttoe.netからメール配信の登録だけでもしてください。


市民プロジェクト2021
一宮市制100年を迎える2021年(平成33年) その時、私たちのまちは、どんな形をしているでしょう
『市民プロジェクト2021』では、十年後の「未来予想図」を市民の中から紡ぎだし、そこから「今、大切なこと」を考え、実践していきます

「市民プロジェクト2021」は「志民学校いちのみや」事業の第5年度として実施しています

志民学校いちのみや 第5期 (愛知県 あいちモリコロ基金助成事業 一宮市後援)
あいちモリコロ基金の助成金を受けています 

特定非営利活動法人志民連いちのみや www.shimin.org info@shimin.org 090-2265-9188 fax.0586-72-8885 491-0859一宮市本町4-12-7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »