« 東北ふるさと交流会in一宮vol.2(中日新聞2011/11/15朝刊尾張版p19) | トップページ | 「com-cafe三八屋」が、「フェイスブックカフェ」になる! »

PACいちのみや24年度「新しい公共」支援事業審査(2011/11/16)

愛知県による「新しい公共支援事業」プレゼンがウイルあいちでありました。(2011/11/16)
私たちPACいちのみやは3番目10時前には終わりました。
一宮市から川合さん、ICCから塚本さん、そして138NPOから星野(ex.志民連いちのみや)というゴールデントリオ(ほんとか)です。

23年度に続き、24年度も補助をお願いしています。
現年度の「静」の整備から次年度の「動」の整備へ。運転で言えば車を整備し、仮免許の段階から、次年度では免許を取得して、いざ街へ!という整備です。
この段階が終われば「PACいちのみや」は離陸し、この地域の市民活動、市民力を広報と周知、広がりの面で大きな基礎力となります。

|

« 東北ふるさと交流会in一宮vol.2(中日新聞2011/11/15朝刊尾張版p19) | トップページ | 「com-cafe三八屋」が、「フェイスブックカフェ」になる! »

g. 志民活動列伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PACいちのみや24年度「新しい公共」支援事業審査(2011/11/16):

« 東北ふるさと交流会in一宮vol.2(中日新聞2011/11/15朝刊尾張版p19) | トップページ | 「com-cafe三八屋」が、「フェイスブックカフェ」になる! »