« フューチャーセンターのこと | トップページ | 名古屋市公会堂 語る・観る・触れる »

2010年イチノミヤ的十大ニュース(月刊いーち2010年12月号)

101215_r

(下記は当初原稿で、実際の記事とは若干異なります。)

 今夜は今夜で、ミュージシャンのモリカオル氏と合流して立ち飲み松本家へ。一杯、おおまた一杯と突き進むチューネンたち。やがて話は「2010年イチノミヤ的十大ニュース」へ

ホシ・ 年末になって、巨星落つという感じでした。
フル・ 豊島半七さんがお亡くなりになったことですね。
ホシ・ ウチのオヤジなんか、ずっと泣いてましたよ、ウオーンって。
フル・ 「半七さん」はその出自家柄だけでなく、カリスマ性ある魅力ある人物だったんでしょうね。
ホシ・ 間違いなく重大ニュースです。
フル・ 松本家の大将にとって、イチノミヤ的十大ニュースって何かな。
マツ・ 僕的には、ツヨシ君とかヨウセイさんとか色んな人が一宮へ帰ってきたことかな。
ホシ・ 確かに。かつて一宮で色んなことしてた色んな人が、この街へ「戻り人」となってくれました。
フル・ 「つボイノリオ」も、今年はテレビ番組が始まったり、一宮警察の街頭放送に出演したりと、動きがあった年でした。
ホシ・ 10回目杜の宮市では、つボイノリオと谷一夫市長のトークライブも開催しましたね。
フル・ あ、年末の26日には「市長選」。
ホシ・ ううむうううううううううう。建てるか止めるかマニュフェストで争っている「駅前ビル」の工事は、既に着工しています。
フル・ 本町アーケード入り口の「カネスエ旧本店」が取り壊されて、空き地になりましたね。
ホシ・ フルさんにとっての一宮的ビッグニュースは。
フル・ フフフ、私は「ガチャマンキングズ」再結成です。
ホシ・ おお、フルさんがリーダーのポップスバンドですね。今年の七夕まつりで一暴れしました。
フル・ ここ松本家のマドンナにして女将さんのケーコさんは、どうですか。
ケイ・ 私はウチの店が2月にオープンしたこと。
ホシ・ ここを始まりに、たくさんの「新しい飲食店」が一宮駅の周辺にできましたね。
フル・ すきやとか、和民とか「チェーン店」も一宮駅前にできて、変化の兆しの年と思いますね。
ホシ・ まあ、コムカフェ三八屋も8月にオープンしましたし。
フル・ ダンチョー的に、とりわけ大きなニュースというと。
ホシ・ まずは豊島さんがお亡くなりになったこと。新たな求心力をどう形成するか、あるいは求心的でない機構設計、地域設計ができていくかという大切なテーマを示していかれたと思います。
フル・ 確かに。
ホシ・ あとは市長選だな。来年からしばらくは『一宮的ハコモノラッシュ』です。体育館、駅前ビル、市庁舎、西分庁舎・・・続々と生まれ、生まれ変わるハコモノのソフト面での有効性が大切ですよ。だから市長選が、結果じゃなくて、その過程で、将来の市民性あるハコモノづくりの役に立つといいと思ってます。
フル・ ところで、年末年始はどうするんですか。
ホシ・ 毎年、雪の飛騨方面へ逃げてましたが、今年は本町の「コムカフェ三八屋」で大晦日から夜通しで新年を迎えます。旅芸人の おいかどいちろうが横浜から来て、12時を回ると新年を祝う「初舞」をしてくれるそうです。
フル・ そりゃまた新年早々、酔っ払いですなあ。

|

« フューチャーセンターのこと | トップページ | 名古屋市公会堂 語る・観る・触れる »

e. チューネン断定団 on 月刊いーち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010年イチノミヤ的十大ニュース(月刊いーち2010年12月号):

« フューチャーセンターのこと | トップページ | 名古屋市公会堂 語る・観る・触れる »