« アースディ尾張木曽川2010のピンバッチ | トップページ | カオダシャート 発進! »

志民連いちのみやの簡単ガイドを作った

街なか再生NPO等助成金に応募した。その添付書類として、志民連いちのみやの活動をまとめた簡単ガイドを作った


特定非営利活動法人志民連いちのみやShiminren_guide100329

いつまでも知らないフリを続ける「死民」でなく・・・
文句ばかりを言って自分では何もしない「私民」でなく・・・
自己責任で地域へ能動的に働きかけていく「志民」へ。
一宮市に軸足を置き、この地のオリジナルな文化を醸成し、
志民を育んでいくこと。
志民連いちのみやは、そうした まちづくり活動を目指して
1998年から活動をスタートし2005年に法人化しました。


まつりづくり
 2001年から始まった「杜の宮市」は、尾張国一宮 真清田神社の境内とその周辺で、すべて市民の手づくりで毎年春に開催されています。全国から集まる 百を超えるアート・クラフト作家のブース、体験型ワークショップ、ここでしか味わえないフード、4ヶ所のライブ、市民活動の広報コーナーなど・・・百人以上のボランティアで1万人の来場者を迎え、文化的な巨大コミュニケーション空間から賑わいをつくっています。 

1998年にスタートした「ラブたな」は、大きなイベント「一宮七夕まつり」の中の、市民による小さな「まつりづくり」。「どすこいライブ」「結びの宮市」「にぎわい広場」など、自分たちでイベントを手づくりし、みんなで楽しんでいます。

 

「アートドッグズ138」は、2007年に「愛知県アート街なか活性化事業」としてスタート。一宮駅前の緑地帯や歩道、ショーウインドウなどに、138体の犬の形のアート作品を飾る野外アート展です。アートな犬を作るワークショップもアーチストを講師に開催。

 「顔出シャート」は10回目の「杜の宮市」を記念して始動。観光地にあるような顔を出す看板をアートとして作り、中心街の色々なところに設置して街をにぎやかに楽しくします。
市民文化イベントを市民自ら企画運営することを通じて、地域独自の文化と自主的「志民」の育みをしています。


志民学校いちのみや
知の市民的偏在をひも解かんと、まちづくり講座や勉強会、街なか探検やクラフト教室など雑多に開催するリアルな市民講座です。



シェアスペース三八屋

一宮の中心市街地の真ん中に、トイレを入れても4坪のコミュニティスペース「三八屋」を運営。街の興りとなった真清田神社門前市「三八市」をモチーフに、様々なオリジナルイベントを開催。また起業や表現活動のための日替わり店主の時間シェアスペースとしても2001年3月から運営。


その他、一宮市中心市街地活性化基本計画策定委員会への諮問委員派遣、一宮市の市民活動支援制度を市民が支える組織「138NPO」の事務局担当、一宮市内外138ヶ所へ諸団体のチラシを毎月配布する「ココロザッシ」事業などの活動をしています。


特定非営利活動法人志民連いちのみや 愛知県一宮市本町4-12-7 http://www.shimin.org info@shimionorg 090-2265-9188

|

« アースディ尾張木曽川2010のピンバッチ | トップページ | カオダシャート 発進! »

g. 志民活動列伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 志民連いちのみやの簡単ガイドを作った:

« アースディ尾張木曽川2010のピンバッチ | トップページ | カオダシャート 発進! »