« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

Fisher Plaza East ビルで発生した停電に関する報告

我がhoshinosサーバーを1日半アウトにした災害について、レンタルサーバ会社から報告が来た。
------------------------------------

この報告は米国シアトル時間2009年7月6 日午前11時現在に我々が理解する内容を書かせていただいています。

【停電の原因】

Seattle City Light(電力会社)の発表にいると、Fisher Plaza に置かれた Fisher Plaza の機材(変圧器 Transformer と思われます)から出火、これにより Fisher Plaza 電気室でスプリンクラーが稼働して消火が行われました。

しかし、この水による消火が原因で電気室とその横にあった発電機室が浸水して使用不可能になっています。発電機は2機あり1台は稼働をしましたが、変圧器が動かない状況で給電は行うことができなかったようです。

火災自体で全ての機材が壊れたのではなく、 Seattle City Light からの受け口で発生した火災が原因で Fisher Plaza の持つ変圧器、発電機の1台が浸水することになり、発電機からの電気供給が不可能になったと思われます。

------------------------------------

なんか余りにあっけない事故で、あーそんなことでこうなるのって感じだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高遠ブックフェスティバル

090829to30takatohbookfes1_s_3


第1回高遠ブックフェスティバルが今年2009年8月29日30日にあるという。
5月の松本クラフトフェアの時に、かわいい色更紙のチラシをもらった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

dreamersiのサーバーやっと復活か

昨日3日の午後4時前から、シアトルのビル火事で止まっていたメールが、今日4日・・いや5日の午前0時半になって、やっと1通廃止されてきた。どうでもいいようなメールだが、ものすごくうれしかった。

この一日、メールが来ないことで仕事がどれも中途半端にしかできなかったが、他方、1通のメールも来ないことが、妙に私を和ませてもくれた。ちょうど携帯の電源が切れて、どうしようもなく電話が鳴らなくなった時の静寂感に似た感覚。

結局、ヴァーチャルなインターネットも、火事と水没の前には何の力も持たないリアルな存在物だったという話。消防署が火事になり、放水したら郵便物がずぶ濡れになって配達不能になったのと同じ。

たとえばAというサーバーがダウンしたらBというサーバーを経由してメールが流れてくるというような、確固たる通信網でも何でもないということだ、インターネットメールは。

この一日で皆さんにどんな損害があったか、私はどんな被害を蒙ったかは、これから分かってくるのだが、妙なコペルニクス的「Aha!」を感じた週末だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メールサーバーがダウンしてしまった

090703toddbishopseattlefire

昨日(7月3日)のお昼前からメールサーバが死んでしまった。
つい先日、ICCの回線を工事したので、どうかなったかと思ったが、ネットそのものは繋がっている。
ところがサーバーを置いているdreamersiのウエブページはアクセスできず。
あれーーーと思っているとベガシステムズの若尾さんから連絡が入り、サーバを置いているビルが火事だと。
見るとこんなブログ記事が・・・

まだ繋がらない・・・どうしよう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »