« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

家庭用燃料電池エネファーム100万円ほどで買える?

すでに生産もされている(知らなかった)家庭用燃料電池、いくつかの燃料会社が集まって「エネファーム」という名称で販売展開するらしい。それが200万くらいなのだが、半分、国から補助が出て100万円くらいらしい。(マイコミジャーナル

コストの削減ということでは微妙な段階だが、これなら考慮の範囲に入ってくる。ただこれもレアメタルだか使っているので、本当にエコ?議論はあるでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「市民が選ぶ市民活動支援制度」でご支援を

0812shienseido_sasshi_s 一宮市「市民が選ぶ市民活動支援制度」で、わたしたちの活動をご支援ください。

「この団体の活動いいね」と届出(投票)するとオトナ1人あたり658円が、その市民活動団体へ一宮市から助成されます。

下記の1→2→3の手順で届出(投票)を、ぜひお願いします。

届出(投票)は2月13日(金)までです。

続きを読む "「市民が選ぶ市民活動支援制度」でご支援を"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一宮市庁舎見学会・講演会(速報)

Imgp4543_s 第1回文化建築見学ツアー&開催記念講演会
の速報 。

平成21年1月17日(土)午後2時~午後5時
一宮文化建築研究会主催

建築関連を中心に、幅広い参加者が70人ほどもあった。

続きを読む "一宮市庁舎見学会・講演会(速報)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グラウンドワークフォーラム in 一宮

090125groundworkforuma_sCOP10関連にとても弱い非多様性地域?一宮での、生物多様性関連企画。午後から講演がある長谷川明子さんは、この地域で長く確実な自然関係の仕事をしてきた人だとは、知人のナチュラリストより。

極楽寺あたりでの自然観察会も、以前は自然保護観察指導員などの手で結構頻繁に行われていたが。

こんな企画がしょっちゅうある地域でありたい。

────────────────
グラウンドワークフォーラム in 一宮
つながる ひろがるね ゆたかな環境づくり
2009/1/25(日)9:15~15:00

090125groundworkforumb_s参加無料

主催:NPO法人グラウンドワーク東海

第一部 一宮市大野極楽寺公園
フィールドワーク
みんなで観察
グループで体験
昼食 

第二部 一宮スポーツ文化センター小ホール
講演「生物多様性ってなぁに?}ビオトープを考える会 会長 長谷川明子
情報交換会「みんなで語ろう」(民にて)

続きを読む "グラウンドワークフォーラム in 一宮"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放胆屋報譚(203)歴史的建造物「一宮市庁舎」見学会は17日

       
ご意見・ご批判・情報などはコチラもう送るな!という方はコチラへ返信ください
                         
どローカル超ワタクシ的サコク主義メール   週刊?電脳?放胆屋報譚

Hothot1s_2

2009年1月14日 vol. 11 issue 1 Number 203
      
皆さん、こんにちは。
      
 
      
新しい年の始まり、いかがお過ごしでしょうか。
      
私の周りは、あまり明るくないニュースがいろいろあった年末年始でした。
本年の景気というか社会状況というかを表象しているようで、辛い感じです。
             
近代建築が一宮の文化を耕す
~80年の時をこえ市庁舎が伝える~
第1回文化建築見学ツアー&開催記念講演会
 090117shiyakusyo_s                     
そんな年越しの間に、地元の建築家の方々が中心となって、一宮市役所の見学会が開催されました。

見学会の様子は、ブログ版放胆屋報譚「一宮らしさを見つけよう!近代の文化建築をひも解く(200812/18)速報」 その1  その2 をご覧ください

これを受けて今回、本格的にいくつかの建造物を見学し、学び、ルネッサンスしていく活動がスタートしていきます。一宮の産業遺産・文化遺産としての建造物の確認作業です。

主催は、一宮文化建築研究会。
専門家を中心とした、志ある、まちづくり建築グループが一宮で誕生したようです。       

余談ながら・・・1997年1月、私たちは一宮駅のすぐ南にあったニチレイの巨大なレンガ倉庫の見学会を開催しました。税務署のすぐ北側、東横インの西側、現在は保険会社が建っているところです。

(当時の見学会のシティ1取材記事はコチラ

もう壊されることが決まってしまった、しかしもし残っていたら、一宮というか尾張全体の観光・まちづくりの中心スポットになったであろう建物でした。

それから12年。同じ丑年に、市役所を歴史的建造物として、文化的建築として、地域資源として捉えようとする動きが始まります。私には感慨ひとしおです。


どうぞ皆さん、参加しましょう。詳しい講演会も見学会もあります。
さらに、面白い活用法などソフトに夢を描いてみましょう。

                                
第1回文化建築見学ツアー&開催記念講演会             

●とき: 平成21年1月17日(土)
   【受付】午後1時30分~1時50分 
       一宮市西分庁舎             入口付近
   【見学・講演会】午後2時~午後5時
●ところ:
   【講演会】一宮市役所西分庁舎3階
●参加費: 無料
●主催: 一宮文化建築研究会
* 詳しくはコチラのチラシをご覧ください


             
三八屋・他力屋・放胆屋
      
● 人と街、旅と自然・・・珈琲「三八屋」
春から復活します。3か8がつく日の3時から8時(休・祝日は休業)


      
● godmotherようこさんの鉄腕割烹・・・「十五夜Ⅱ」
      
毎週火曜夜7時~11時 北海育ちのようこさんが作る絶品の料理の品々。

● 志民連いちのみやのミーティングタイムだが酒は飲める・・・「他力屋」
毎週木曜夜7時半~10時 三八屋(一宮市本町4-1-9)にて。
      
値下げ断行!発泡酒200円など飲み物と格安手作り料理などでお待ちしております。

● 「vino       38」
毎月第2月曜7時~深夜 犬山郊外、ステキなイタリアンの店のオーナーシェフ奥村哲弥のワインバー。料理も満喫。

 
             
★ホームページはhoshinos.comへ  ★バックナンバーはこちら        
ほうたんやほうたん編集・発行 尾張一宮“放胆屋”星野博 hiro@hoshinos.com
ご意見・ご批判・情報などはコチラ もう送るな!という方はコチラへ返信ください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一宮市ニチレイレンガ倉庫の見学会(1997/1月)

199703city1_nichirei_s その後取り壊された、一宮駅すぐそばのニチレイの巨大なレンガつくり倉庫。
 シティワンの取材として、1997(平成9)年1月に、そのレンガ倉庫の見学会をした。
 一宮市役所を歴史的・文化的建造物としてルネッサンスする作業の始まりに、この記録をネット上にアップしておきたい。



続きを読む "一宮市ニチレイレンガ倉庫の見学会(1997/1月)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第1回文化建築見学ツアー&開催記念講演会(2009/1/17)

090117shiyakusyo_s 近代建築が一宮の文化を耕す
~80年の時をこえ市庁舎が伝える~

第1回文化建築見学ツアー&開催記念講演会

●とき:平成21年1月17日(土)
【受付】午後1時30分~1時50分 一宮市西分庁舎 入口付近
【見学・講演会】午後2時~午後5時

●ところ:【見学】一宮市役所西分庁舎 【講演会】一宮市役所西分庁舎3階

●参加費:無料

●主催:一宮文化建築研究会


続きを読む "第1回文化建築見学ツアー&開催記念講演会(2009/1/17)"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

平成21(2009)年正月の清見彦谷の里

090101kiyomi006_s雪がしっかり降ってる正月は久しぶりかな。

4年前かの大雪を思い出す。

年末、当初は28日に彦谷へ入る予定が、結局仕事仕事に追われて2008年12月31日午後に入った。




続きを読む "平成21(2009)年正月の清見彦谷の里"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スモール・スロウ・バット・ステディ

090103nnpssbs_takahata_s  「スモール・スロウ・バット・ステディ」
日商岩井の基礎を作った高畑誠一の言葉だそうだ。 

small, slow but steady
・・・ちっぽけで、歩みも遅くても仕方がない。堅実にいこう
・・・小粒でのぞくても堅実に

鈴木商店のロンドン支店長として「カイザー(皇帝)を商売人にしたような男」とも呼ばれていたという高畑は、鈴木商店が破綻し、日商をつくる。

1月3日の日経記事では、このSSBSが、今の米国のback to basic(基本に戻ろう)に通じるとしている。

SSBSでも拡大していくことを念頭に置いているように思う。今は、それこそ「サバイバビリティ」の時代。それがずっと続く。生き残るためのSSBSを模索したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »