« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

ニノさん、またプラモで賞を取る

081218nino_goshikianun 昨年10月には名鉄百貨店一宮店でプラモ展も開いた二宮敏男さんが、またプラモ関係で賞を取ったらしい。

ニノさんからのメール転載────────

岐南にありますホビーショップ「タムタム」※稲沢にもあります。
のファイターフォトコンテストに応募したら、「金賞」貰いました。
その作品送ります。※各務原の川崎で、不調の飛燕に変わり開発された
飛行機です 陸軍 川崎五式戦闘機1型乙 ARII(昔のオオタキ)1:48

────────────────
この世界、私は知らないが、コレ、なんか、カッコイイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一宮博物館 一宮三八市のにぎわい展(2009年1月号)

0901chunen_38ichi0812_s  月刊いーち2009年1月号(12月中旬発行)
チューネン断定団
「一宮三八市のにぎわい」展
in一宮博物館の巻




続きを読む "一宮博物館 一宮三八市のにぎわい展(2009年1月号)"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

(一宮高校の)記念式典で松岡監督のハナシを聞く(2008年12月号)

0812chunen_matsuoka0811_s 月刊いーち2008年12月号(11月中旬発行)
チューネン断定団
「恥ずかしいことも話せる
相手を見つけよう」
記念式典で松岡監督の
ハナシを聞く

 

続きを読む "(一宮高校の)記念式典で松岡監督のハナシを聞く(2008年12月号)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生誕100年 座談会「筧忠治を語る」

Zadankai 評論家や学芸員、アーチストたちによる座談会
司会・企画は池俣武生さん
────────────────
生誕100年 座談会「筧忠治を語る」

●12月23日(祝日)14時~16時
●尾西生涯学習センター 6階
●500円   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

一宮らしさを見つけよう!近代の文化建築をひも解く(200812/18)速報その3

050714cnpo_cityhall_nishizawa左は、中日新聞2005年7月の記事。名大助教授(当時)西沢泰彦さんが一宮市庁舎、西分庁舎などを調査したとある。今回の見学会の資料として配布された。

今回配布された資料全体は以下(PDF版)

「081218cityhalltour1.pdf」をダウンロード

「081218cityhalltour2.pdf」をダウンロード

「081218cityhalltour3.pdf」をダウンロード

こうした見学会を開いた建築家の皆さん、とりわけ安井聡太郎さんに大きな敬意を払いたい。ありがとうございます。ご苦労様です。

以下は私の思い。

公共財とは何だろう。何が地域資源となっていくのだろう。時代変遷もあり一概に何を守るかは難しい。難しいが一度無くしたものは二度と手に入らない。

歴史的建造物を残すべきかどうかの評価は多くの専門家の意見と、将来の有効活用の検討との両方が必要だろう。ハードとしての価値性とソフトとしての有用性。プロの目と市民の意思。これらを両軸として、未来の世代にとってプラスの財産となるものを考えたい。

勉強も研究もないまま現在の短期的価値判断で断片的な意思決定を重ねていくのは、もうやめたい。そんなことをしても許容されるような資源余裕は、この地域(国)には、もうない。ないからこそ残すもの・・・あり続けるものを真剣に議論したい。その議論の過程こそが、まちづくりだ。

我が三八屋には色んな建築物のカケラが取ってある。私は「骨拾い」と呼んでいる。1998年に取り壊されたニチレイのレンガ倉庫のレンガに始まり、名鉄百貨店の礎石、グランドタマコシのブロック、洋食屋ボルボの屋根瓦、西一宮駅のレンガ倉庫のレンガなどのカケラだ。そうしたカケラの骨拾いは、もうこれくらいで終わりにし、全国へ誇れるようなハードとソフトの物語を夢見てしまう。

今回、見学会に参加してみて、あらためて西分庁舎の位置づけが重要に思われた。中心市街地活性化委員会でもずっとその位置づけを言ってきた。本町に面した西分庁舎は個々の要素では弱みもあるが、規模といい、ロケーションといい、建築といい、総括してみれば一宮の中心市街地活性化のシンボルでありツールとなる存在だと思う。

続きを読む "一宮らしさを見つけよう!近代の文化建築をひも解く(200812/18)速報その3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一宮らしさを見つけよう!近代の文化建築をひも解く(200812/18)速報その2

081218shiyakusho_kengaku056_s 一宮文化建築研究会(仮)による、一宮市庁舎・西分庁舎の見学会 (12月18日)のレポート2。西分庁舎へ移動。西分庁舎の南、本町商店街の名門だったハヤシヤさんの建物が数週前に壊された。まるで今回の見学会に合わせるかのように。おかげで南の境のレンガ壁も見える。またペントハウスは塗装されておらず、元の東海銀行の壁色のままだ。

続きを読む "一宮らしさを見つけよう!近代の文化建築をひも解く(200812/18)速報その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一宮らしさを見つけよう!近代の文化建築をひも解く(200812/18)速報その1

081218shiyakusho_kengaku008_s 一宮文化建築研究会(仮)による、一宮市庁舎・西分庁舎の見学会が12月18日(木)に開催された。
午前10時、新柳公園に集まった建築関係者や市民たち15名ほどで、まずは本庁舎の玄関(なぜか北東角にある)から見て行った。

続きを読む "一宮らしさを見つけよう!近代の文化建築をひも解く(200812/18)速報その1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これが未来のロンドンバス?(Responseより)

ヒュージ・フロスト『フリートバス』9.5m仕様
              未来のロンドンバスは、こうあるべき。(Responseより)

────────
外のデザインはどうかと思うが、シートアレンジなどパッケージとしては興味深い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

専門家と見る、一宮市庁舎及び西分庁舎(見学会 2008/12/18)

081218cityhall081216take_s 以前というか、ずっと前から色々な建築家の方々に、一宮~西尾張の産業遺産の見学会をしましょうとお願いしてきたが、なかなか実現しなかった。それがついに動き出す。しかも見識ある方々による直球の意義ある企画だ。

────────────────

第1回 見学会

一宮市庁舎及び西分庁舎
と き 平成20年12月18日(木)午前10時
ところ 一宮市役所東新柳公園集合
問合せ 一宮文化建築研究会(仮)

      担当:安井090-1753-2248

続きを読む "専門家と見る、一宮市庁舎及び西分庁舎(見学会 2008/12/18)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一宮市大和町方面でアート作品を庭に飾っている女性を探しています

081212shimizudog_women_s

この女性をご存知ありませんか?

11月16日に、一宮駅東のロータリー前で、犬の形のアート作品を何点かさしあげたのですが、そのうちの1点は、制作した方へお返ししなくてはならないものでした。

花池か大和町にお住まいで、アートなどがお好きで、取手のトリエンナーレ美術展などへも行かれ、自宅の庭に犬などのアート作品を飾ってらっしゃるようです。

この茶色いジャケットの女性をご存知の方、お家の庭にアート作品を飾ってらっしゃるところをご存知の方は、ぜひご連絡ください。

連絡は、星野博 電話090-2265-9188 ファックス0586-72-8885 メールhiro@hoshinos.comです。本当に大切な作品です。どうぞお知らせください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大江河岸という劇のビデオ上映会

081205koshio1217oekashi_sシティワン(おっとアドレスが分からない)の小塩さんからお手紙が来た。
いわく11月15日にアイプラザで上演された芝居「大江河岸」がとても良かったが、あまり見てもらえていない、ついては修文大学の大講義室でライブ映像上映会をするので、ぜひ見てくださいとのこと。
2008年12月17日10時~12時 14時半~16時半の2回。
大江用水を使う農家の息子とその水を染色に使う繊維染色会社の社長令嬢の恋話にからめ、一宮地方の歴史が見えるとのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アートドッグズ138vol.2の血統書?アートドッグズ138の出展作品一覧ができた

アートドッグズ138vol.2の血統書?アートドッグズ138の出展作品一覧ができた。
141匹だかの作品がズラリ並んでいて、見ていると作者の顔も思い出されてナカナカに楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いわき湯元温泉

知らなかった「いわき湯元温泉」。テレビで見た。何か懐かしい湯町で、久しぶりにああ行きたいなあと。
でも時間が・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白川郷~清見彦谷~高山と、オヤジ3人旅(その2 2008/11/30)

081130zenpo_myo001_012_s

さて雨中焚き火大会の翌朝である。毎晩6時前に目覚めるので、この日も散歩をすると前日に語っていた善方氏は8時過ぎても起きず、代わりに早く起きて散歩へ行った善明氏が起こす。9時出発が、も少しダラダラしたいと・・・・

続きを読む "白川郷~清見彦谷~高山と、オヤジ3人旅(その2 2008/11/30)"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

白川郷~清見彦谷~高山と、オヤジ3人旅(その1 2008/11/29)

081129zenpo_myo001_002_s_3







数年前から大学の語学が同じクラスだった男友達と年に一度旅をするようになった。
当時の中央大学経済学部は50人ほどのクラスで女子は2人とかという規模だったので、無論オトコくさい旅になる。

続きを読む "白川郷~清見彦谷~高山と、オヤジ3人旅(その1 2008/11/29)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »