« 一宮市大和町方面でアート作品を庭に飾っている女性を探しています | トップページ | これが未来のロンドンバス?(Responseより) »

専門家と見る、一宮市庁舎及び西分庁舎(見学会 2008/12/18)

081218cityhall081216take_s 以前というか、ずっと前から色々な建築家の方々に、一宮~西尾張の産業遺産の見学会をしましょうとお願いしてきたが、なかなか実現しなかった。それがついに動き出す。しかも見識ある方々による直球の意義ある企画だ。

────────────────

第1回 見学会

一宮市庁舎及び西分庁舎
と き 平成20年12月18日(木)午前10時
ところ 一宮市役所東新柳公園集合
問合せ 一宮文化建築研究会(仮)

      担当:安井090-1753-2248

古き良き建造物はそのまち固有の文化的アイデンティティの象徴として
地域の特色を創る重要な要素であり、財産です。たとえ身近な建造物で
あっても、再び造ることのできないものは立派な文化財産です。そんな
まちの財産を地域活動資源、観光資源として活用することは、市民の地
域に対する愛着や地域性の創出につながり、まちの活性化につながるこ
とが期待されます。また、そこで生まれ育つ子ども達にとって美しい街
並みや文化に触れることは、まちの歴史や文化を伝えていく上で自然環
境や人間関係と同様に大切なことです。.
一宮市庁舎は建替の計画が進んでいます。全国的に貴重な近代建築が存
続の危機に瀕し、文化遺産や美しい街並みが失われつつあるなかで、私
たちの一宮市においても文化財産は本当に少なくなってきました。一宮
市庁舎は西分庁舎が旧東海銀行一宮支店として大正13年に、本庁舎北
側が昭和5年にそれぞれ建てられました。当時の活気あるまちの面影を
今に残し、私たちにまちの文化を伝えるとともに、貴重な都市景観を与
えてくれています。

これらの一宮市のまちの宝の価値を再認識し、これからのまちづくりに
活かしていくために、市民である私たち自身がまちの文化や歴史のこと
をもっとよく知る必要があるのではないでしょうか。

第1回 見学会

一宮市庁舎及び西分庁舎
と き 平成20年12月18日(木)午前10時
ところ 一宮市役所東新柳公園集合
問合せ 一宮文化建築研究会(仮)

      担当:安井090-1753-2248

一宮文化建築研究会(仮)の活動予定

定期見学会
定期勉強会
講演会
ワークショップ

※ご一緒していただける仲間を募集しています。

 お気軽にお問い合わせください。

────────

以上チラシより。

|

« 一宮市大和町方面でアート作品を庭に飾っている女性を探しています | トップページ | これが未来のロンドンバス?(Responseより) »

o. ヒトコト列伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 専門家と見る、一宮市庁舎及び西分庁舎(見学会 2008/12/18):

« 一宮市大和町方面でアート作品を庭に飾っている女性を探しています | トップページ | これが未来のロンドンバス?(Responseより) »