« 東海北陸道が全線開通して・・・ | トップページ | タチノミタカハシクン »

つボイノリオ降臨「その二」かな(2008/8月号)

0808chunentsuboi_s_2 月刊い~ち2008年8月号チューネン断定団
つボイノリオ降臨「その二」かな

以下は元の原稿です。出版されたものと若干違いがあります。


ホシ・ つつつつつ・・・
フル・ は~?
ホシ・ つつつ・・・
フル・ あーもうボケちゃって。
ホシ・ つ・・・つボイノリオが、七夕の時に「にぎわい広場」へ来てくれます。

 「にぎわい広場」は、野外の無料休憩所・ライブステージ・ビアガーデンだ。一宮の七夕まつりの際、一宮市役所(一宮庁舎)のすぐ東隣にある新柳公園に特設される。七夕の夕べに、ゆっくり座って休めるスペースを300席ほど用意し、ステージでは楽しい音楽やパフォーマンスが繰り広げられ、フードコーナーでは特色ある食べ物や飲み物の店が並ぶ。

フル・ そう言えば、「にぎわい広場」も今年で10回目ですものね。
ホシ・ いろいろありました。第10回を記念して、つボイさんに来ていただこうとメールでやりとりしていたのですが、今回、快諾していただけました。題して『つボイノリオ降臨』。
フル・ 一昨年10月号の月刊いーち、チューネン断定団でも「つボイノリオ降臨」ていうレポートを書いてますよ。
ホシ・ ええっ。
フル・ あー忘れてる。自分で原稿書いたんでしょうが。ほら、つボイノリオがラジオの取材で本町へ来て、モンベールで回顧展があって・・・
ホシ・ おー脳味噌の奥にへばりついていた藻屑のような記憶が蘇ってまいりました~。
フル・ たかだが一年半前なだけなのに。

 フルさんは古い月刊いーちを引っ張り出してきて読み出した。その記事は・・・

ホシ: フルさんは、菊映の下にあった「トーマス」行ったことありますか。
フル: つボイノリオさんがやっていたというロック喫茶ですね。
ホシ: 高校1年のころは通ってました。マッチの表が「スマートなトーマス」、裏は確か名古屋の「時計じかけ」。
フル: つボイさん、我々の高校の先輩でしょ。奥山敬造さんなんかと同い年でしたね。
ホシ: そう言えば私、高校1年の後半に生徒会の書記やってて、つボイさんを学園祭に呼びました。
フル: そんなころからイベント屋みたいなことしてたんですか。
ホシ: わけ分からなくて放っておいて、結局、Kトク先生という人が全部やってくれました。私はやると言ってやりきれなかった。
フル: あーそれがトラウマになって、今でも一宮のブンカだオリジナルだ、ルネッサンスだと浮いたことばかり言ってんですね。つボイさんに七夕まつりへ来てもらえたらダンチョーのトラウマも治るんじゃないですか。そうすれば私たちも色々手伝わされずに済みますから。
ホシ: そういうことじゃないでしょ。ないけど、来てほしいなあ。

・・・

フル・ ねっ。ちゃんと書いてるでしょ。さすがに思い出したでしょう。
ホシ・ ううむう。ともかく、つボイノリオが七夕に降臨するのです。ついに。クククク。
フル・ あーもう泣いちゃってる。まだこれからなのに。

つボイノリオ降臨・・・一宮七夕まつり「にぎわい広場」で歌とお話と
7月25日(金)午後8時ころ
(にぎわい広場は七夕祭りの会期中、午後5時~10時に営業)

|

« 東海北陸道が全線開通して・・・ | トップページ | タチノミタカハシクン »

e. チューネン断定団 on 月刊いーち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つボイノリオ降臨「その二」かな(2008/8月号):

« 東海北陸道が全線開通して・・・ | トップページ | タチノミタカハシクン »