« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

5月4日(日)清見彦谷へ行きませんか

我がハート・オブ・里山 ⇒ 清見彦谷へ遊びに行きませんか。東海北陸道飛騨清見ICより車で数分、静かな谷あいの地です。

5月4日(日)は「山祭り」。広場でにぎやかな交流会です。参加費は千円とか2千円(たぶん)で「ごっつぉ」が盛り沢山。

日帰りもありですし、高山まで迎えも考えましょう。
私(たち)は少し前から現地におります。直前の連絡は、私のケイタイ(下記)へ連絡をください。

彦谷の里 山祭り
5月4日(日)午後2時~夕刻
飲食物付き交流会

*当日は朝8時から村の用水の清掃もありますので、運動不足の方、よろしければ、こっちもご参加をどうぞ。

彦谷の里の昨年の様子などは、コチラ

彦谷の里通信(居住者用)最新号はコチラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PHOTORIDE×haco vol.2

3月に開催されたphotoride×hako(諸般の事情でhacoがhakoになってしまったが)の第2段が開催される。
2008/4/28-5/4

若い子たちだが、実に情熱的にインスタントカメラの世界を表現しようとしている。
無くなってしまうインスタントフィルムの製造についての活動もしている。

詳しくはphotorideのウエブページまで

phtorideは5月11日の、杜の宮市アート部門にも参加。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルミのスプーンを作って、それでカレーを食べた


第7回杜の宮市でやる、アルミのスプーンとカップつくりワークショップの実験?スタッフ用ワークショップを開催した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

REIジャパンショップ開店から早8年

REIジャパンショップが開店してから今日で8年経つ。今のモンベルクラブ グランベリーモール店だ。

この店の外面写真には、モンベルのロゴの下にREIのロゴも入ってる。どんな関係が成立しているのかな。

開店後、1年ほどで閉店した。

シアトルのREIのフラッグシップストアのオープンに行った。その本店を見ていたこともあり、日本で店ができることにワクワクしていた。でもその日本進出のマーケティングは、あまりにずさんだった。REIジャパンでは、訳の分かってない女の子一人がリーダーシップを取り(取らざるを得ない状況だったが)、それ以前から日本のメールオーダーを支え、日本のマーケット特性を捉えていたスタッフたちは排除されていた。

REIのキャンプを企画運営し、ビジネスにも協力していた私たちのグループもまた、ある日突然、追い出された。

そうしてREIジャパンショップがオープンしていった。駐日アメリカ大使がピナクル(クライミングの室内タワー)を記念登頂?し、華やかなオープニングだった。

あれから8年。なぜかモンベルは、そこで店舗を運営できている。これもまた私には不思議でならないことだが。壁面のREIのロゴが物語るものが関係しているのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルミのカップとスプーン作りに挑戦

0805each_chunen_cupspoon_s 月刊い~ち2008年5月号(72号)2008年4月中旬発刊

チューネン断定団

アルミのカップとスプーン作りに挑戦

さてそのココロは

続きを読む "アルミのカップとスプーン作りに挑戦"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フォトライド×ハコ

0804each_chunen_photoride_s  月刊い~ち2008年4月(71号)3月中旬発行

チューネン断定団

フォト(写真)をポラロイドで撮って「フォトライド」決しておやじギャグではないぞよ。

続きを読む "フォトライド×ハコ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テキスト打ちマシン

ウイルコムからD4というマシンが発表された。

PHS端末だが、ウインのヴィスタが載っている。

これはかなり欲しい。

ずっと、テキスト打ち小型端末を使ってきた。HP200LXから始まり、その後PALM系端末(これはテキスト打ちには使えない)を経てHP600番台を680まで使い、最近は工人舎の小型PCに手を出したが、このキーボードは使えなかった。結局ウイルコムのWZero3を使っているが、これもどうもテキスト打ちには向かない。

あとASUSのeeePCと富士通のLOOXがあるが、どうもどっちも違う。

D4はどんな感じかなあ。でも、要はバカバカ文字が打てる、という基本スペックなのだが、これが満たされてないと、何がついていてもダメで。今からHPに戻るのもアナクロな感じ出し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »