« コンパクトでにぎわいあふれるまちづくりワークショップ | トップページ | コツコツ木魚作り 愛知県一宮市 »

一宮から日帰りできる「飛騨」との上手なおつきあい

0803each_chunen_hida チューネン断定団 on 月刊いーち2008年3月号p1

当初予定していた原稿が諸般の事情で使えなくなったので、愛着ある飛騨高山、清見について書いた。

ちょっとインチキくさい旅グルメガイドのようでもあるが、高山グリーンツーリズム協議会が新しく取り組む都市と中山間地との交流事業についてもコメントしてある。

------------------------

完成原稿とは少し内容が違うが当初原稿.....

 車でも電車でも一宮から随分と近くなった飛騨地方。自称高山通のダンチョーが薀蓄をたれます。

ホシ: 東海北陸道の全線開通が7月まで延びたそうですね。
フル: 白川郷のところの工事が済んで開通すると、富山までも随分と早くなるんでしょ。
ホシ: 今でも高山までは本当に早いです。一宮から飛騨清見インターまで1時間半。そこから高山まで30分かかりません。その清見の静かな里山が私は大好きで、よく行きます。
フル: でもそんな山の中で、じっとしてられるんですか。ネオンと街並みが無いと駄目でしょう。
ホシ: なーに言ってるんですか、私はナチュラリストですよー。ん~でも高山には、よく遊びに行きます。街もきれいですが、食べ物も安くておいしい。
フル: 高山ラーメン。
ホシ: 普通に思われてる高山ラーメンじゃないけど、高砂(たかさご)という店が好きです。国道41号線沿いで高山の南側。透明感のあるスープに細い縮れ麺。甘く煮たシナ竹がよく馴染みます。
フル: 郷土食みたいなものは。
ホシ: 観光客向けの店から居酒屋まで色々ありますが、宮川朝市の近くにある京や(きょうや)が間違いないですね。ころ芋も塩ぶりもあります。
フル: ダンチョーは冬になるとブリブリ言ってますもんね。
ホシ: 塩ぶりは高いですが本当においしいものです。そうそう、一宮の三輪先生に教えてもらった、なかむらという和食の店も滋味深い煮物の弁当で幸せになれますね。
フル: あとは飛騨牛ですか。
ホシ: お肉屋さんがやっている立派な建物の丸明(まるあき)や綺麗な匠家(たくみや)も意外に高くありません。他にも有名店がありますが、ル・ミディという小さな小さな小さなフレンチレストランが秀逸。2リットルとかの水代わりワインあるし。
フル: いつも喫茶店文化がどうのこうの言ってますが、コーヒーとかは。
ホシ: ちょっとお洒落な通りの角にあるカフェフロール。ここもデキャンタで普段着ワインが飲めるな。ゆるい時間が手に入りますよ。
フル: コーヒーじゃなくて、酒の話になってるじゃないですか。
ホシ: バーはやっぱりラムダンスホール。一宮でも店をやっていたソノちゃんのレゲエの店。その向かいには深夜にしか開かず、渋いオジサマがアナログ盤の古いロックをかけまくる手づくりのバーがあります。
フル: とてもナチュラリストとは思えない話ばかりですね。
ホシ: いえいえ飛騨は自然も、ご馳走ですよ。高山グリーンツーリズム協議会で新しく都市と山村の交流を図る事業が始まるんですが、都市側として一宮が中心となりそうです。
フル: 何をするんですか。
ホシ: 使わなくなった山の畑で、山菜や茸を育てて収穫したり、野菜を分けてもらったり、山村の人たちと山へ入ったりの生活体験をして交流をします。参加者を募っていますので、ホームページでも見てほしいですね。

 完全に日帰り圏内となった飛騨。うまいものあり、自然あり、文化あり。あなたはどんな付き合い方をしていますか。

|

« コンパクトでにぎわいあふれるまちづくりワークショップ | トップページ | コツコツ木魚作り 愛知県一宮市 »

e. チューネン断定団 on 月刊いーち」カテゴリの記事

コメント

ホシさん、はじめまして!
飛騨高山のレストラン ル・ミディで営業課長をしておりますピクルスと申します。

この度『ル・ミディ ブログ』で検索をしていたら星野さんのブログを発見しました。

お褒めの言葉ありがとうございます!!
シェフ田上も大変喜んでおりました。
ミディもブログをやっておりますので、よろしければ遊びに来てください。
ホームページから入れます。

それにしてもホシさんは高山にお詳しいですね。
高山在住の私の方が参考になりました。

それでは高山にお越しの際は、いつでもミディにお越し下さい!(最近はカフェタイムも始めました)
お褒めの言葉、本当にありがとうございました


投稿: ピクルス | 2008年4月 4日 (金) 00:32

いい加減な記事でごめんなさい。でもルミディのハンバーグの写真は好評でした。
また寄ります。

投稿: 星野博 | 2008年4月 4日 (金) 07:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一宮から日帰りできる「飛騨」との上手なおつきあい:

« コンパクトでにぎわいあふれるまちづくりワークショップ | トップページ | コツコツ木魚作り 愛知県一宮市 »