« 放胆屋報譚(188)28日は楽器持ってカメラ持って宮前三八市広場へ(2007/1/27) | トップページ | いちのみやチンドン隊デビュー(1/28/2007) »

一宮のNPO法人、チンドン隊を結成070130cnpa19

070130cnpa19tindon 楽しみながら街に活気
一宮のNPO法人 チンドン隊を結成

 市民が力を合わせたチンドン屋で街を活気づけようと、一宮市のNPO法人「志民連いちのみや」が「いちのみやチンドン隊」を結成した。市内の商店の宣伝や、祭りなどのイベント出演を目指していくという。
 街の活性化を目的に、合併による新・一宮市誕生記念の取り組みとして昨年夏から準備。市内や近郊に住む会社員や主婦ら約二十人が集まった。アマチュアのチンドン屋さんとして活動する経験者もいるが、ほとんどのメンバーは初めて。
 同市の真清田神社前にある宮前三八市広場で二十八日に嶮ビュJと銘打ってお披露目した。
ィオン、バイオリン、サクソホンなど各自が得意な楽器を手に集合し、広場に集まった市民を前に 「蒲田行進曲」や「ミッキーマウスマーチ」などの曲をにぎやかに演奏した。
 一宮市は、市内の萩原
商店街で各地からプロやアマチュアのチンドン屋さんを集めた「全国チンドン祭」が毎年開かれ、チンドン屋にはなじみのある土地柄。
 今後、衣装にもさらに工夫を凝らし、演奏やダンスを交えたパフォーマ

ンスの練習も積んでいく。
 志民連いちのみやの星野博理事長(四九)は「多少
のおひねりも期待しますが、白分たちが楽しみながら、街を元気にしたい。呼んでいただければ
市内のどこへでも出向き、練り歩きます」と張り切っている。
      (横井武昭)

写真キャプション:にぎやかに演奏する「いちのみやチンドン隊メンバーら=一宮市真清田の宮前三八市広場で

|

« 放胆屋報譚(188)28日は楽器持ってカメラ持って宮前三八市広場へ(2007/1/27) | トップページ | いちのみやチンドン隊デビュー(1/28/2007) »

ニュース」カテゴリの記事

g. 志民活動列伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一宮のNPO法人、チンドン隊を結成070130cnpa19:

« 放胆屋報譚(188)28日は楽器持ってカメラ持って宮前三八市広場へ(2007/1/27) | トップページ | いちのみやチンドン隊デビュー(1/28/2007) »