« ふくやま美術館_我らは街の「コンビニ」(061024日経p44) | トップページ | 御嶽宿往来(みたけじゅくうぉーく)11/23/2006 »

生産設備、償却期間短縮へ(061024日経p1)

来年度税制は、固定資産関係で、この償却期間と残存価額とが見直されるとの話だ。

今ごろになって・・・不思議な世界だ。

------------

061024nnp1syokyaku

生産設備、償却期間短縮へ

当面の税負担を軽減
経済活性化税制の柱に

 政府は企業の法人税負担の軽減策として、生産設備の税制上の償却期間を短縮する検討に入る。償却期間中は毎年損金として計上できる金額を増やしてその年の税負担を軽くするとともに、新たな設備投資を促す。二〇〇七年度の減価償却制度見直しを視野に、液晶などハイテク分野の新規投資分から適用する案が有力だ。また設備投資額の全額を損金に計上できる仕組みも導入する考え。経済活性化税制の柱と位置付けて安倍政権が掲げる成長路線を後押しする。(企業の損金は3面「きょうのことは」参照)
 日本の減価償却制度は税法上の償却期間(法定耐用年数)を機械の種類ごとに規定。企業が機械などを購入した場合に時間の経過とともに資産価値が目減りする分を毎年どのくらい損金に計上で
きるか決める仕組みだ。
 償却期間が長いと年ごとに計上できる揃金額は少なくなり、毎年の税負担が重くなる。日本では一九六〇年代以降ほとんど見直しが行われておらず、主要な機械設備の平均は十年間と国際水準よりもかなり長い。このため財務省と経済産業省などが来月にも政府案のとりまとめに入る。
 見直しの中心となるのは技術革新が急速に進み、生産設備を頻繁に更
新する必要があるハイテク分野。現在、液晶や半導体の生産設備の税法上の償却期間は八-十年だが、「製品サイクルが早く技術進歩も著しいため、五年程度で装置を入れ替える」(液晶パネル大言。
こうした実態に合わせ、アジア諸国並みの五年以下への短縮を検討する。
 期間を短縮しても、設備ごとの累計の損失額は変わらず、中長期的にみれば減税効果は大きくはない。だが、償却期間中
は毎年の損金計上額が増えるので、新規投資額が多い企業ほど法人税の圧縮効果が大きくなる。企業の投資意欲が高まって設備更新が加速すれば、国際競争力も向上する。
 償却期間の短縮と併せ、政府は投資額の全額損金計上も検討する。現行では設備投資額の累計九五%までしか損金計上を認めていない。欧米・アジアでは全額を損金にできるのが主流で、産業界などから全額計上を求める声が強まっていた。
構想が取りざたされるが、「財政健全化に逆行する」との声も政府内に
 税制改正案は十一月上旬の政府税制調査会(首相の諮問機関)で議論し、年末の与党税制調査会で具体的な枠組みや改正時期を決める。企業の二〇〇七年度決算からの適用を目指すが、税制改革全体を巡る調整で結論が先送りされる可能性もある。
 全額損金計上を中心にした減税額は、対象設備を新規投資分などに絞り込めば一千億-ニ千億円、既存設備まで含めると五千億円超になるとの
試算かおり、原資をどう確保するかも課題。法人税の自然増収分を充てる
あり、実施時期などを巡って議論の曲折も予想される。

|

« ふくやま美術館_我らは街の「コンビニ」(061024日経p44) | トップページ | 御嶽宿往来(みたけじゅくうぉーく)11/23/2006 »

ニュース」カテゴリの記事

f. 経世談論そして会計と経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生産設備、償却期間短縮へ(061024日経p1):

« ふくやま美術館_我らは街の「コンビニ」(061024日経p44) | トップページ | 御嶽宿往来(みたけじゅくうぉーく)11/23/2006 »