« 石遊の湯(いしやす) | トップページ | 大阪屋は一宮的食堂の現在形だ »

荘川桜の湯から清見彦谷へ(9/23/2006)

6時半に高速一宮西ICへ入り。1時間ほどで荘川に来た。ここまでなら高速の距離が100キロに満たず、ETC通勤割引で半額になる。高速料1300円。
浮いた金で日帰り温泉施設桜の湯。昔は露天のみ、冬は半透明の防寒シートが張られた中で体を洗っているすぐ外で高速の工事が進んでいった。
今はレストランもみやげもの店もあり、道の駅でもある。
温泉そのものは700円と、まあまあするが、バスタオルもフェイスタオルもレンタルでついて来る。石鹸とシャンプーもある。露天風呂はスダレ滝状態で湯を頭上かrわ流したりと作為が強いが、逆に子供には受けるだろう。風景は高速道路。
再び高速に乗り、10分強で清見東へ。650円。まあ50円で入浴したと思えばいいか。
彦星山荘(と勝手に名付けている)のベランダでライスを相手に一人バーベキュー。これは使い捨てバーベキューセットによる。図画用紙ほどの広さの網がアルミ箔のケースに付けてあり、中に炭と着火剤が入っている。針金でできた台も付いている。これで298円。2〜3人分で結構十分楽しめる。
だからと言って一人でバーベキューは、どうかと思う。我ながら。
そこへ和楽の啓ちゃんが突然登場。郡上八幡まで配達に来て、ついでに寄ってくれた。ついでと言っても一宮市から見れば郡上は中間ほどの地点だから、わざわざ寄ってくれた、という方が正確かな。二人で古いアウトドアブランドの話やらREIのキャンプの話などで盛り上がり、11時ころ啓ちゃんは一宮へスマートで帰っていった。

|

« 石遊の湯(いしやす) | トップページ | 大阪屋は一宮的食堂の現在形だ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 荘川桜の湯から清見彦谷へ(9/23/2006):

« 石遊の湯(いしやす) | トップページ | 大阪屋は一宮的食堂の現在形だ »