« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

クスクスの「ちっちゃなお話」@さかな(9/1to15/2006)

060915couscoussakana_a cous cous cafe vol.3 ということで「ちっちゃなお話」展?が開催。

9月1日~15日まで、さかなにて。場所はココ

ブログはココ

060915couscoussakana_b 通常は11時19時で、ベーグルサンドや、いちのみや珈琲、珈琲焼酎、サングリア、ワインなどがあり、金曜と土曜は22時までで夜メニューもあり。

何か細かいが、かわいいような気もせんでもない、(くらいしか言いようがないわい、オトコ的には)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハコつくり~下地材を塗り、田楽を食べた(8/27/2006)

060827hakoshita0002

一宮七夕まつりでの市民活動「ラブたな」があったりで、ハコつくり活動が遅れてしまっていたが、棟梁に頼んでおいた塗料が届いていたので、まずは下地材を塗った(8/27/2006)。
啓ちゃん、丈ちゃん、船橋さん、古川さん、三奈ちゃん、ゆかりちゃん、星野そして棟梁。
初めにベニヤ板部分にアク止めの塗料を刷毛で塗る。これは速乾性があるので、続けて下地材塗り。

060827hakoshita0004 下地材は、ペンキみたいなものだと思っていたら、漆喰のような壁材で、コテで薄く塗り伸ばしていく。


060827hakoshita0005 これは塗り用の道具一切を貸してくれて大活躍の船橋さん。


8月27日(日)午後5時スタート7時終了予定が、結局9時近くまでかかる。
060827saochandengaku0001 終了後は、三八屋で、着物姿のさおりんが準備してくれた、春日井の陶ふ工房の しっかりした豆腐による田楽。陶ふ工房はさおりんの親戚らしい。

060827saochandengaku0002_1 豆腐の他にも、おくら、里芋、なすなどの田楽やポテトなど、ご馳走だらけ。

060827saochandengaku0003 結局11時ころまで、まったりするペンキ汚れな人々だった。(8/31/2006)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嵯山のラーメン

料亭松亀のチェーン店。
古式醤油ラーメン680円がお勧めとしてあるが、塩ラーメン680円のランチ(日曜もあり)800円。
ラーメン、ライス、きのこと春雨の肉味噌和え、海老とアナゴと里芋わかめ煮物。
シンプルな卵チャーハン300円、シューマイ&ショーロンポー330円など、値付け設定のバランスがよくわからないところもあり。
塩ラーメンは塩が強すぎて味がよく分からなかったが、煮物は料亭の味。
このランチは結構お得な感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一宮の七夕装飾に誇りマスター看板新社長(060724cnpo16)

060724cnpo16masterhirose マスター広瀬国忠社長(68)

 社名は一宮市の象徴、真清田(ますみだ)神社から名付け、創業当初から変わっていません。
「おりもの感謝祭一宮七夕まつり」

  一宮七夕まつりとのかかわりは、まつりが始まった一九五六(昭和三十T年当初から。今では水防の各商店街の依頼を受けて、一宮の飾りの特徴とちいえる仕掛けを施したアーチ形の飾りや、色とりどりで華やかな吹き流しなど、大部分の製作に携わっています。
 七夕まつりにかかわることはわが社の誇り。

マスター ー927(昭和2)年4月創業。66年H月に株式会社化。看板、広告、ネオン、展示を手掛ける。資本金1000万円。社員30人。
 二宮市富士3丁目)

 実は、先代社長だった兄が六月に七十二歳で亡くなり、跡を鶴いだばかり。兄は大の祭り好きで、一宮七夕まつりへの思い入れは人一倍だった。先頭に立ち、張り切っていただけに残念です。
 急なことでしたので、周囲の方々からは「ことしの七夕は大丈夫か」と心配していただきましたが、担当の社員はじめ、総力を挙げて「何としても成功を」と奮闘しています。
       (宮崎仁美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放胆屋報譚(176) 今晩は「他力屋」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■週刊電脳 放胆屋報譚・・・どローカル 超ワタクシ的 サコク主義メール
■       2006年 8月24日号 vol. 8 issue 6 Number 176
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 皆さん、こんにちは。

 一宮地ビールが無くなってから、三八屋で居酒屋をにするのに弱気でしたが、
これではイカンとスタートするのが「他力屋」です。
 ワカモノ、バカモノ、ヨソモノが集える時空を作りたいのです、もっと。

 基本的に毎週木曜夜に三八屋で「他力屋」を開きます。
 他力屋は今のところ2パターン。

●パターンA~誰でも店主な他力屋
 誰かがマスター、バーテンダー、シェフなどになり、その人の料理や酒でやる
店です。
 前回8月3日は、このパターン。晴美ちゃんが店主の たこ焼き居酒屋「ta
coharu」でした。
http://hoshinos.cocolog-nifty.com/hoshinos/2006/08/tacoharu_2faf.html

●パターンB~ひたすら他力な他力屋
 持ち寄りの居酒屋です。持ち寄りが無い場合、ホシノは一人でひたすら飲んで
一人で潰れます(憐憫の情をかって来場者を呼んでいるのですヨ。)
 今晩は、このパターンの初日です。何でも持ち込みでお待ちしておりますので、
お寄りください。

⇒⇒⇒⇒8月24日(木)午後7時~10時半。ホシノ式他力屋

 パターンAの他力屋店主も随時募集中です。ぜひお申し込みを。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    最近のホシノヒロシ~ブログ「イチノミヤ的セーカツ列伝」より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆バウのランチは、やはりおすすめ(8/24/2006)
◆高山 高砂のラーメン(8/12/2006)
◆彦谷でハンモック、キャンプも楽しい(8/12/2006)
◆尾西の「まつりづくり」ハッピーライフ(8/6/2006)
◆清見彦谷の里のビアパーティ(8/5to6/2006)
◆木全酒店の甲州ワイン会(7/22/2006)
◆キョウちゃんの、いちのみや珈琲ゼリー

    ⇒詳しくは http://hoshinos.cocolog-nifty.com/ を見てください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
_/ いーINFO
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●カフェど宮前「831」(やみいち)●
───────────────────────────────────
9月3日(日)午後3時~9時
───────────────────────────────────
・ライブや大道芸
・フリーマーケット~衣類、アウトドア用品など
・バザー~138ブレンドいちのみや珈琲、ビール、パンなど予定
-----------------------------------
 3か8がつく日曜日に真清田神社前広場で開催の「カフェど宮前」ですが、7
月から9月は暑いのでナイトバザー「831」(やみいち)です。
 参加希望や、ナニをドウするの?などはホシノへメールください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○近々の三八屋 http://www.hoshinos.com/38ya/
28日(月)営業 3日(日)カフェど宮前 8日(金)営業
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集発行文責 “放胆屋”星野博 愛知県一宮市本町4-12-7 hiro@hoshinos.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一宮市総合計画市民委員会

一宮市の総合計画のための市民委員。参加の案内が来ていたが、住民参加のワークショップには何度も手痛い精神的ダメージを受けていて、逃げ腰でいるうちに締め切りになっていた。逃げ腰ではイカンと思いつつも、今の日常の手一杯さ加減も逃げ腰に拍車をかけたかも。

締め切りになっていることに気づいて、むしろホッとしてたりもしたが、気にはなる。

都市環境プランナーや環境学習プログラム開発などをしている谷口庄一さんが、市民委員として参加しているのを見つけた。小牧の今枝Qの情報だ。

一度ゆっくり、専門家がどんな風に見ているか、皆で聞きたいものだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

バウのランチは、やはりおすすめ(8/24/2006)

P506ic0010289400_1 またバウでランチ。

カニクリームコロッケ、味噌奴、そして色々な煮物に味噌汁。650円。

ご飯が少しベタッとしてて私が好きな炊き方ではないが、好みかも。

冷や麦セット(混ぜご飯、煮物などつき)600円なんてのもある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放胆屋報譚(175) 本日夕、真清田神社前は831(夜見市)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■週刊電脳 放胆屋報譚・・・どローカル 超ワタクシ的 サコク主義メール
■       2006年 8月13日号 vol. 8 issue 5 Number 175
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 皆さん、こんにちは。

 我が一宮の街の興り、三八市(さんぱちいち)。いにしえの賑わいを夢見て現
代にルネッサンスしようという運動が「38サンデーいちのみや」・・・3か8
がつく日曜日には、誰でもドコデモ、自分のまつりづくりをしよう。

 その中心が、真清田神社前広場の「カフェど宮前」。
http://www.geocities.jp/cafe_de_miyamae/
 夏の間はクソ暑いので、ナイトバザー「831」(夜見市~やみいち)です。
 フリマ、飲食バザー、大道芸、ライブなどなどがキャンドルにも照らされて夜
店のように。

 大道芸は夕刻5時過ぎ以降2回、旅芸人おいかどいちろう「河童」が川崎から
登場。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~o-ichiro/hyousi.htm

 ライブも夕刻5時過ぎから、棟梁ことウッディ川浦のクラシックなフォーク
(?)、アボガドの今のフォーク(??)、ミンミン演奏の川合ケンはJRツイ
ンタワーでのライブから駆けつけます。
http://ken-lele.web.infoseek.co.jp/
トリはpop popのオトナのポップス
http://happy.ap.teacup.com/applet/pop-pop/link

 さらにフリーマーケットや138ブレンドいちのみや珈琲、ビール、いか焼き、
ジュースなど盛りだくさん。ぜひおいでください。

⇒⇒⇒⇒8月13日(日)午後3時~9時です。のんびり夕涼みに来てください。

連絡先は、この日奥さんが帯締めのお祝いをする渡邊タケちゃん(090-33
01-6014)です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    最近のホシノヒロシ~ブログ「イチノミヤ的セーカツ列伝」より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆谷本研ゼミの映像展を一宮市尾西歴史民俗資料館で見る(7/23/2006) ◆tacoharu
(たこはる)版の他力屋 ◆歩いて歩いて ◆ラブたな~にぎわい広場速報版

⇒詳しくは http://hoshinos.cocolog-nifty.com/ を見てください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
_/ いーINFO
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●カフェど宮前「831」(やみいち)●次回は
───────────────────────────────────
9月3日(日)午後3時~9時
───────────────────────────────────
・ライブや大道芸
・フリーマーケット~衣類、アウトドア用品など
・バザー~138ブレンドいちのみや珈琲、ビール、天然酵母パンなど予定
-----------------------------------
 3か8がつく日曜日に真清田神社前広場で開催の「カフェど宮前」ですが、7
月から9月は暑いのでナイトバザー「831」(やみいち)です。
 参加希望や、ナニをドウするの?などはホシノへメールください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○近々の三八屋 http://www.hoshinos.com/38ya/
8日(木)営業7時まで+居酒屋 8日(火)営業 13日カフェど宮前
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集発行文責 “放胆屋”星野博 愛知県一宮市本町4-12-7 hiro@hoshinos.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高山 高砂のラーメン(8/12/2006)

060812takasagoramen_1 高山で、おいしいラーメンになかなか出会えない。

かつて高山ラーメンが喧伝され始めたころ、岐阜市の豆天狗だが子天狗だかで食べたときは、細打ちの麺とあっさりスープがとても良かったが、最近、高山で食べると、どれもぬるい淀んだスープにたるんだ麺で、がっかりしていた。

そんな話をラムダンスホールのソノちゃんに話したら、高砂がいい、あそこはもっと評価されていいとの話だった。

その後何度か行ったが休みばかりでうまく入れない。やっと入れたら、店は普段5時半だか6時までとのこと、こっちが行く時間には、いつも閉まっているはずだ。

ラーメンとチャーシューメンだけだが、実に透明感ありつつの腰のあるスープの細い縮れ麺。これだぜ、おい。

おいしい。店も清潔。オヤジさんも静かできちっとしている。

飲んだ後、このラーメンが食べられたら極楽だが、その点は残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彦谷でハンモック、キャンプも楽しい(8/12/2006)

060812hikodani0001 ハンモックをつけた。2千円程度のものだが、まあまあ。ただ私は、横棒のない包み込む簡単なタイプのものの方が好きだ。

木にゴムを巻いて、仮に設置。

060812hikodani0006 夏休みでディキャンプに来ている地元の子供たちが多い。一緒に来ている大人たちはビールやBBQなど楽しんでいるが、子供たちは川に一部石を置き、天然のプールにして遊ぶ。気持ち良さそうだ。

060812hikodani0012 キャンプ場は、また清見彦谷の里HPでウエブにも案内を載せる予定だが、ここでのキャンプを20年近く前にしたのが、ここ彦谷に通うようになった最初だ。

林間の静かな、キャンプサイトらしいキャンプサイト。車は乗り入れできる。

今回は、タコハルをやった晴美ちゃん、ヒデ坊も連れて行ったが、朝から飲んでうるさいやら、楽しいやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

尾西の「まつりづくり」ハッピーライフ(8/6/2006)

060807happylife0002 尾西の橋のたもと、ステーキのキッチン紅花の駐車場で、15年もやっている自主的な夏祭りがあるという。

シトロンヴェールのオーナー・パティシェ加藤さんが教えてくれた。

清見彦谷から車でかけつける。

駐車場には子連れ中心に客が一杯。チケット千円を買ってビールなど飲む。

060807happylife0003 運営してらっしゃるグループの一人、白木屋さんに話を聞いた。15年の間、場所は変わったがすべて手作りで、協賛を募ってやっている。

夜店をしている。商店街振興組合ではないので、補助金は出ない。出ないしまた、その方が自由にもできる。

私たちが考える「まつりづくり」と近しい。やっと尾西で顔が少し見えてきたような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

清見彦谷の里のビアパーティ(8/5to6/2006)

060805hikodani0025 清見彦谷の里では、8月5日(土曜)にビアパーティがあった。

岩魚のつかみ取り(4年ものの巨大イワナもあった)に色々な地の料理。竹とんぼつくりもあり。

060805hikodani0035 イラストレーターのなんのさわこさんとお嬢さんのユキちゃん、ゆかりちゃん、和楽の啓ちゃんに、ベガシステムズの若尾さん夫妻もホンダNSRで登場。

楽しくにぎにぎしく酔った。

060806hikodani0006 翌日は猪伏山(いぶし)の頂上へ。昨年秋は彦谷から歩いて登山してバテたが、今回は古川側から車で頂上直下まで行く。わずか10分で頂上へ。

さしあたってのアルバムはコチラ。そのうち整備。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木全酒店の甲州ワイン会(7/22/2006)

060722kimatawine0001_1  一月前のことだが、7月22日の夜、バイエルンで、木全酒店主催のワイン会があった。

バイエルンは、大人のための落ち着いたビアハウス。マスター夫妻の凛とした風情が心地よい場所だ。この日は名脇役の料理を出してくださった。

木全酒店店主、木全辰夫氏は、日本酒や焼酎に強力な知恵と経験、見識を持つが、決してそれをひけらかさないオトコである。無論ワインも大きなセラーにお宝が満載。

そんな木全酒店が、勝沼醸造のワインをたっぷり飲み比べられるワイン会を開催。勝沼醸造のワインに惚れ込んで入社した大橋さんが解説してくださる。スパークリングから氷結製法のもの、伊勢原の色々な土壌で育ったものなど、5種類を堪能。

何より日本のワイン、というアイデンティティを味覚に結実する作業、それを営々と続け、つなぎ、深めていく作業が美しい。

ワイナリーも訪れてみたい。

(8/24/2006)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キョウちゃんの、いちのみや珈琲ゼリー

060818kyou138zelly 三八屋のマドンナにして舞踏の橡川キョウちゃんが、138ブレンドいちのみや珈琲でコーヒーゼリーを作ってくれた。

ゼリーと言っても純粋な植物系原料により、プニュニュとした食感にしている。

ただ今三八屋で、お試し価格300円で提供中。ご意見ご感想をお願いします。(8/18/2006)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放胆屋報譚(174) 3日夜は「他力屋」・・・たこ焼き居酒屋@三八屋

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■週刊電脳 放胆屋報譚・・・どローカル 超ワタクシ的 サコク主義メール
■       2006年 8月 1日号 vol. 8 issue 4 Number 174
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 皆さん、こんにちは。

 大きな七夕まつりの中の小さな市民活動「ラブたな」も何とか無事終了しまし
た。直前の天気予報では、期間中ずっと雨でしたが、まあ天候にも恵まれ助かり
ました。色々な「ラブたな」活動をされた皆さん、協力してくださったボランティ
アの皆さん、ご苦労さまでした。そして参加された方々、ありがとうございまし
た。下記ブログに速報版を載せています。今週も引き続きラブたな速報版を載せ
ていきます。
 とまれ七夕は終わりました。ホシノは「後の半年しゃ寝て暮らす」といきたい
ものです。
-----------------------------------

 昨年4月1日で終了となった「び屋」。そこでは一宮地ビールが主役でした。
http://www.geocities.jp/album05_hoshino/2005album/050401beeryalast/
 そのビール製造設備は、関東の娯楽産業の某社が買い取られました。某社の新
しいビール製造免許は私が代理で書類作成して申請し、4ヶ月かかって認可が出
たのですが、その直後に某社はビールをやめることに決定してしまい、オジャン。
ついに「尾張ブルワリー」の「一宮地ビール」は消滅しました。
 それ以降「び屋」的活動は、どうも気が乗らず沈んでおりましたが、やはり夜
の志民の居場所は欲しいし、面白いことをやっていきたい、ということで、ひね
り出したのが「他力屋」です。

 「他力屋」は字の通り、他人が用意したもので客をもてなそうというひどい商
法です。毎週木曜にやり、月に一度はオモシロ企画を狙っていきます。
 自慢の料理を披露したい方、面白いコンセプトのバーをしてみたい方など、ど
しどしマスターになってください。
-----------------------------------

 その記念すべき第1回は、はるみちゃんが作るたこ焼き居酒屋。
 その名も「たこはる」・・・もっともフレンチティストのファッションが似合
うはるみちゃん本人は、この名前を嫌がってますが。

 8月3日(木)7時より10時まで、三八屋にて。

 格安です。おいしいです。お酒も色々あります。つまみの持ち込みもありでしょ
う。ゼヒおいでください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    最近のホシノヒロシ~ブログ「イチノミヤ的セーカツ列伝」より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ラブたな~にぎわい広場速報版(7/30/2006) ◆同(7/29/2006) ◆同(7/28/2006)
◆同(7/27/2006) ◆同(7/26/2006) ◆清岡さんの死(060624cnp5) ◆裁判の負け
なぜ問われぬ(060724nnp5) ◆福江に引っ越した知人

⇒詳しくは http://hoshinos.cocolog-nifty.com/ を見てください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
_/ いーINFO
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

●飛騨清見、彦谷で宴会・・・山村交流を●
───────────────────────────────────
8月5日(土)東海北陸道飛騨清見IC下りて5分、卯の花街道入り口
───────────────────────────────────
http://www.hikodani.net/
・椎茸取り、魚つかみ取りなどがありつつ、野外の宴会(低額の実費)
・地域の方々と交流
-----------------------------------
 ナチュラルなキャンプ場もオープンした我が愛する「彦谷」。今や高山市とな
りましたが、旧清見村、清見ICを下りてすぐ。何と言って派手なものは何もな
い里山の静かな谷です。
 私はそこに山小屋を借りています。将来の定住者のための団地のようなもので、
その施設で夏祭りがありますので、一緒に遊びに行きましょう。
 地域色豊か、かつ豪勢な宴会であり、地域の方々も元気で楽しい方々ばかりで
す。宿泊は借山小屋またはキャンプ。興味おありの方は、ご一報を。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●カフェど宮前「831」(やみいち)●
───────────────────────────────────
8月13日(日)午後3時~9時
───────────────────────────────────
・ライブや大道芸
・フリーマーケット~衣類、アウトドア用品など
・バザー~138ブレンドいちのみや珈琲、ビール、天然酵母パンなど予定
-----------------------------------
 3か8がつく日曜日に真清田神社前広場で開催の「カフェど宮前」ですが、7
月から9月は暑いのでナイトバザー「831」(やみいち)です。
 参加希望や、ナニをドウするの?などはホシノへメールください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○近々の三八屋 http://www.hoshinos.com/38ya/
3日(木)営業7時まで+居酒屋 8日(火)営業 13日カフェど宮前
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集発行文責 “放胆屋”星野博 愛知県一宮市本町4-12-7 hiro@hoshinos.com

| | コメント (0) | トラックバック (1)

谷本研ゼミの映像展を一宮市尾西歴史民俗資料館で見る(7/23/2006)

060728bisai_1 一宮市尾西歴史民俗資料館へ行ってきた(7/23/2006)。

一宮駅西から名鉄バスで20分弱、旧尾西市の「起」(おこし)へ着く。津島から抜ける美濃路の旧宿場町だ。商店街を抜け、案内板に導かれると「一宮市尾西歴史民俗資料館」は、すぐだ。

060728bisai4 左側、コンクリの本館と右側、木造の別館がある。

この別館には驚いた。寛永年間にできた脇本陣、それに林家が昭和初期に庭を整備した、とてもいい状態で保存されている。建物の大半を見学できる。

060728bisai_3 今回来たのは、名古屋芸術大学大学院の谷本研先生のゼミの制作発表「物語をつむぐこと-起周辺のフィールドワークから-」という、企画展が開催されているからだ。

060728bisai_2

昨年の夏は本町あたりを対象フィールドとして作品が作られていましたが、例の「夢街迎陽館」で開催されたが、今年は起あたりが対象。起周辺の色々な情報を集め、それを映像として表現した作品群だ。

 中野の渡しで実際に船に乗るビデオ作品など、木曽川の風景に絡んだものが多い。また土鈴つくりの5代目、中島一夫さんを題材にしたものも。またこの発表展示の企画の一つとして、1960年代半ばの日活映画「花咲く乙女たち」も上映されている。尾西が舞台だ。

060728bisai5

 谷本さんは滋賀県の人。大学も市外。そこから来た若者たちが、この地をルネッサンスする。先入観の無いアート的な視点が斬新な再発見を生む。単なる表現ではない、地域のアレコレとのコミュニケーションの産物として紡ぎ出された物語たちだ。

 帰りの起の街は静かだった。若松園で「木曽川ロール」なるロールケーキを買って帰り食したが、何が木曽川かの謎解きはされぬままだった。これも不可思議でいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

tacoharu(たこはる)版の他力屋(8/3/2006)

060803tacoharu0001

この8月から、毎週木曜日(休みもあるけど)夜の三八屋は「他力屋」となることにした。

「他力屋」は文字通り、ヒトの力を頼ってやる居酒屋。色々な人が店主になり、シェフになり、バーテンダーになり、あるいは持ち込みのつまみで居酒屋をやろうという、まあひどい話だ。

その記念すべき第1回、8月3日は、たこ焼き居酒屋「tacoharu」(たこはる)

060803tacoharu0002 店主は晴美ちゃん。

ちょっと大ぶりのたこ焼きは、たこに加えてキムチやチーズがアツアツで口中に広がる。

他のつまみ~なす煮、サーモンと山芋のマリネなども、おいしい。

三八屋の居酒屋はもう一年以上ぶりでもあり、また、たこ焼きのおいしさもあり、20人ほどの来店者となり、10時閉店が11時過ぎまで居座ってしまった。

晴美ちゃんごめん。でも、おいしかったし、楽しかった。

(ちなみに10日は所用、17日は予定がはっきりしないため、次回他力屋は8月24日木曜予定です。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歩いて歩いて

060801sakurayu2_1 ビリビリしている。通じないアレコレに。.

歩いて歩いて、歩いて。出口の無い悩みがある時は、ひたすら歩く。

前ほど体力が無いからか、息切れがした。銭湯を見つけて、タオルを買って入る。

桜湯。クラシック極まりない。ちとドブくさい中庭を越えた湯室には、椅子も桶もない。桶は流しに積んであるのを持っていく。ところどころ補修かけたタイル張りが、どこかエキゾチックにも感じる。電気風呂はある。壁絵はない。

060801netujoshoten 風呂から出ると、向かいに「ろばた 熱情商店」トマトかつ(トマトの豚肉薄切り包み揚げ)などで生ビール。ちょっとリラックスしたか。

でも出るとダメ。

また歩く。歩く。一宮へ帰りたくない。

060801toyotabuilding できかけで、もう電灯がついているトヨタビルが、私をあざ笑うかのような顔で見下ろしていた。(8/1/2006)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラブたな~にぎわい広場速報版(7/30/2006)

060730nigiwai0002 ふえーやっと七夕最終日の30日は日曜日

昼はどすこいライブだった。

にぎわい広場のトップバッターは5時からのフージーアカデミー。歌、ダンス。

060730nigiwai0004 5時半からは、どすこいでも歌った哀愁眼鏡。

アカペラで古い歌謡曲などを・・・よく知ってない曲もやったかな?

060730nigiwai0006 6時からは、ここも どすこいライブから駆けつけてくれたTOTOLO。イナちゃんのシルキーボイスに甲斐君の乾いた音で歌うアコースティックギターが絡む。

060730nigiwai0008 なんと!

これも、どすこいライブから来た我らがライス。眉毛をマジックで書かれてる!情けない顔。

060730nigiwai0009 振り向けばスタッフの橡川キョウちゃんがバニーちゃんに変身。これでビール売上は倍増!

060730nigiwai0012 ステージではモロジャズのRED TOP

ハモンドオルガンをこの後足で弾いてた。写真撮り損ねました。

060730nigiwai0015_1 ゴミ箱が撤収されてしまったので、急遽手作り。

浅いので、この方が分別を守ってもらえるという意見も。確かににぎわい広場はそうかもしれない。

それとは話が別で、クリーンナップチームの皆さん、ご協力ありがとうございました。

060730nigiwai0016 続いて8時からは老舗?のANN

安定した演奏ですが、少しオジサマ芸が入ってきたようにも。面白い。

060730nigiwai0020 駅西バイスの荒川ちゃん、この日は「フローズン バニャニャ ダイキリ」を一つ一つ作る。

060730nigiwai0027

さて、にぎわい広場のトリは9時からの「ザ・デラックス★ミラーボールズ」

060730nigiwai0035 いきなり全速力で客をつかみ、ソウルをブンブンやりまくり。

060730nigiwai0043_2 見せ方も客のイジリ方も大したものだ。

060730nigiwai0044 総立ち状態。

060730nigiwai0055 ドラエモンのような物体も、ポケモンのような物体もカッパのような物体も、タオルを振り、ハンカチを振り、中には子供や犬を振るオトナまで。

060730nigiwai0071 アンコールもガンと行って9時半過ぎ終了。

060730nigiwai0073

かくして、第51回一宮七夕まつり「にぎわい広場」も10時に完全終了。すべてを撤収し、打ち上げのビールを飲んで12時に撤退した。毎日10人ほどのボランティアの皆さん、本当にご苦労さまでした。

演奏などしてくださった方々、ありがとうございました。

来場者の皆さん、来年の七夕でぜひお会いしましょう。

自分たちで自分たちの七夕まつりを造る「ラブたな」活動をご支援ください。

本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ラブたな~にぎわい広場速報版(7/29/2006)

060729lovetananigiwai0001 にぎわい広場も4日目となり、あと残すところ2日。残りの日数を数えてばかりいる48歳の私であリます。

金曜の昨夜くらいから音楽を聞いてのんびり過ごすファミリーとかが増えてきている。土曜のこの日はさらにそんな感じ。

トップバッターは飛び入りのアマチュア大道芸。よいこちんどんの知人だ。

060729lovetananigiwai0003 5時半からが飛び入りで少し押したが、トップは「華」。いつもはもう少しロック色が強いようだが、今年5月の杜の宮市というか、市民活動大集合のステージでアコースティクバージョンを披露し、それがとても良く、好評だったので、にぎわい広場にも出てもらった。パーカッションの池の谷“文ちゃん”は、この日のPA係でもある。

060729lovetananigiwai0006 6時を回り、鬼頭哲ブラスバンドとよいこちんどん+お仲間+やまともカッパの練り歩きの時間だ。本町4丁目の役員さんや近くの方に挨拶した上で、よいこちんどん、そして鬼頭哲ブラスバンドが旧カネスエ前、アーケード南端で少し演奏。

060729lovetananigiwai0014 松本幹永さんたちが作った市民参加の七夕飾りメビウスの下を進む鬼頭哲ブラスバンド。

060729lovetananigiwai0022 警備員に先導されつつ本町アーケードの中心、ドーム部分を右(東)に折れ、御朱印地通りに入ったところで演奏。近くの露天商さんには挨拶済み。

060729lovetananigiwai0027 休憩後7時過ぎからは、中小路発展会でよいこちんどんと鬼頭哲ブラスバンドは演奏。町内の手作り七夕まつりだ。

060729lovetananigiwai0030 7時半からは小向定がやっていたはずだが、練り歩きについていて見られず。

8時半からはpop pop。ノッテる二人のオトナなポップス。

060729lovetananigiwai0035 その間には東京から来た11-elevenの二人が駅前ステージから移動してきてサイン会。ミス七夕だかも来ていた。

060729lovetananigiwai0038 市役所側の路上から見ると、いかにも夜店という感じだ。

060729lovetananigiwai0039

060729lovetananigiwai0040 お店も裸電球と蛍光灯に照らされて、いい風情。

060729lovetananigiwai0055 でもって今日のトリは9時からの鬼頭哲ブラスバンド。

以前のような、ちと乱暴な感じから抜け、楽しむ感じが強くなっていて、客席との交じり方もいい。

060729lovetananigiwai0049 張り切る照喜名さん。

普段はとても おとなしい人。

060729lovetananigiwai0062 鬼頭哲ブラスバンドのメンバーでもある伊達夫人と、デザイナーでもあるダンナの伊達さん。

060729lovetananigiwai0063 今日は10時半からゴミ処理。すごい量。

060729lovetananigiwai0064 皆でゴミステーションまで運ぶ。

やっと打ち上げだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラブたな~にぎわい広場速報版(7/28/2006)

060728lovetana0007_2 ラブたなも今日で3日目。折り返しまできた。個人的には体調最悪だが、天候は持ってくれている。ありがたいなあ。

060728lovetana0004_1 桑名のMACK。クラシックホテル「星の広場」で色々スタッフとしても活躍してくれていてラブたな的だし、歌は大人気だった。七夕のオリジナルソングも。

060728lovetana0010_1 続いて“棟梁”woody川浦 with cherry古川のギターサポートにナオナオのハモニカ。

直前に発電機がトンで停電で、棟梁はペースを崩されたとブツブツ。

その割には棟梁のギターもボーカルも渋い味出してた。

060728lovetana0015_1 NOWHERE。

ビートルズなどのカバーバンドだ。

「長くて曲がりくねった道」にちょっとジンときてしまった。

060728lovetana0018_1 にぎわい広場の飲食店は、面白いものを出してくれるところから順に出店してもらっている。

豊川からは特製オムソバ。岐阜県旧美山町からは岐阜の物産。福井県からは焼き鯖寿司。地元の飲食店も創意工夫を凝らしたスペシャルなものを出してくれている。

060728lovetana0019_1 浴衣姿の女性4人はアコースティクなカプチーノ。ジャズからポップスまで。

060728lovetana0021_1 ステージバックから、緑陰越しにいい感じ。

060728lovetana0025 今日のトリは、リトルハンズ。七夕、一宮にちなんだオリジナルも歌ってくれた。

060728lovetana0030 色々なファミリーが来てくれるのも、とてもいい感じだ。

これは西成「シザーハンズ」まさひろ君や、その仲間のファミリー。

060728lovetana0023 今日も最後のゴミ処理。ご苦労様です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »