« 織音楽会vol2(2006/8/10) | トップページ | 放胆屋報譚(172) 23日カフェど宮前は831(やみいち) »

広報メール便定期化事業に一宮市の助成がついた

060707shiminjoseituchi 毎月色々なところへ、活動のチラシや広報誌などを送り届けよう。色々な人たちやグループのチラシなども一緒に・・・という「広報メール便定期化事業」

超弱小NPO法人志民連いちのみやの昨年2月設立前からの企画だが、実行していく体制が整わずノビノビになっていた。

今年度後半から絶対にやるぞと思っていたところに一宮市の「市民活動助成金」制度ができ、そこのスタートアップ事業支援(おおむね活動開始2年)に遠った。

これから、志民連いちのみやの広報誌をまとめあげ、チラシ配布の協力店、ポスティングしてくれるボランティア(ポスボラ)を募り、システムとしていかねばらなない。

忘れていた。当然、eメールとホームページ、ブログを、ここに連携させる。

詳しくは志民連いちのみやHP

|

« 織音楽会vol2(2006/8/10) | トップページ | 放胆屋報譚(172) 23日カフェど宮前は831(やみいち) »

g. 志民活動列伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広報メール便定期化事業に一宮市の助成がついた:

» 広報メール便事業 [志民連いちのみや ブログ]
毎月色々なところへ、活動のチラシや広報誌などを送り届けよう。色々な人たちやグループのチラシなども一緒に・・・という「広報メール便定期化事業」 超弱小NPO法人志民連いちのみやの昨年2月設立前からの企画だが、実行していく体制が整わずノビノビになっていた。 ..... [続きを読む]

受信: 2006年7月23日 (日) 09:16

« 織音楽会vol2(2006/8/10) | トップページ | 放胆屋報譚(172) 23日カフェど宮前は831(やみいち) »