« 国枝法音さんの山内一豊の本出版 | トップページ | 中島義行さんの個展 »

新しい一宮市助役

経済担当の一宮市助役、井辺っちが去り、梁島利通氏がいらっしゃることとなった。

井辺っちは、この一ヶ月、色々な人と毎夜送別会をし、去っていった。色々なものと格闘した3年間だったろう。

梁島氏に更なる展開と、小欲に左右されないグランドデザインの現実化を託したい。もちろん私たちも自助努力を続ける。

060701cnpo18yamnashimajoyaku

以下記事(060701cnpo18)

助役に梁嶋氏
一宮市議会が同意
一宮市市議会は三十日、六月定例会の最終日を迎え、助役二人のうち井辺国夫氏の退任による新助役に、中小企業庁長官官房企雨宮の梁鴫(やなしま)利道氏言)=写真=を選任することに同意した。
 梁鴫氏は一丸八〇(昭和五十五)年に通産省(当時)人省。大臣官房秘書課長補佐などを歴任し二〇〇三年七月から現職。任期は一日から四年間。東京都狛江市。
 また、中心市街地活性化特別委員会の設置を決めた。同委員会は市議十九人で構成し、JR尾張一宮駅に求められる機能の検討や新庁舎の建設計画の関する調査などを行う。
 そのほか、本年度一般会計補正予算案など二十三議案を可決、承認。固定資産評価員に資産税課長の東元徹夫氏(五八)を選任する人事案に同意し、「商品である軽中占自動車に対する軽自動市税の課税を免除されたい」とする請願を採択、閉会した。

|

« 国枝法音さんの山内一豊の本出版 | トップページ | 中島義行さんの個展 »

ニュース」カテゴリの記事

g. 志民活動列伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新しい一宮市助役:

« 国枝法音さんの山内一豊の本出版 | トップページ | 中島義行さんの個展 »