« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

ラブたな~にぎわい広場速報版(7/27/2006)

060727lovetana0001

ラブたな~にぎわい広場も二日目。

クスクスの青柳リカちゃんが、特製のカンバンを作ってくれた。キャ~ワイ~イ~・・・・

060727lovetana0004 さて今年の七夕からついに尾張ブルワリーの地ビールがなくなり、サッポロビールとしたが、ビールの注ぎ手は、地ビール職人の山田君がボランティア参加。サーバー用の氷の配達を、我らが同士、後藤さんに頼むと、自転車の後ろに載せて公園正面からテーブルイスを避けて月光仮面のように現れ、どんなけいるんじゃいと、自転車のサドル下から取り出したノコギリでガン。タンクトップ(なのか?)の職人姿が大人気になるが、そう伝えると後藤さん本人は照れていた。

060727lovetana0005 今日のバンド第1弾は、6時からのメヲッツ with チェリー古川。歌謡曲から満月の夕、カルメンマキの歌まで。

060727lovetana0010 続いて7時からはbrother chip。ちょっとコミカルな会話を含めつつ、私たちの世代のポップな曲を演奏する。こりゃチェリー古川が気に入るのもナルホド。

060727lovetana0014 ライスは今回は基本的に隅の方で待機なのだが、それでも人気者。

060727lovetana0015 本町2丁目佐分利歯科医院の駐車場をお借りして、ラブたな総合案内所を開設している・・・と言ってもチラシ置いてあるだけだが。

060727lovetana0016 続いて8時前からMOMOIRO-UNIT

往年の歌謡曲などを。

060727lovetana0017 8時半過ぎからは、川合ケン

CBCでも直前にテレビ番組があって、結構知名度があった楽器「ミンミン」を手に、ベンチャーズから演歌まで弾きまくる。

060727lovetana0024 9時過ぎからのトリは、「ぷち第八旅団」。

いつもの巨人集団、第八旅団から、ギターの沖てる夫、ジャンベでまるいちさん、サックスで小林さん。まるいち、小林はステージから下りても演奏する。

かくして二日目も終わり、ゴミの徹底分類⇒打ち上げで11時過ぎにスタッフは解散となった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ラブたな~にぎわい広場速報版(7/26/2006)

060726lovetana0007

直前まで、期間中ずっと雨マークだった今年の一宮七夕まつり。いろいろあったが26日(水)に七夕まつり期日前日に「にぎわい広場」のオープニングセレモニーがあった。

まずは5時半過ぎに谷市長の乾杯で「オープニングセレモニー」が始まる。

060726lovetana0009 6時半からは例年恒例のトークセッション。今年は「産メヨ増ヤセヨとーくらいぶ」と称して、少子化問題についてトーク。谷市長に加え、山崎尚子(協同組合ふるさとパワー理事長、にぎわい広場主催者)、岡本一美(NPO法人地域福祉サポートちたスタッフ)、松村真早美(一宮市木曽川町地域審議会委員)、渡邊丈紀(志民連いちのみや理事)

060726lovetana0013 お店の方の新顔の一つ、「デリ茶」なる名前で、覚王山その他に出没している、さかな の鈴木三奈子女史+デザインチーム「クスクス」の二人。

060726lovetana0015 続いて8時からは、一宮女子短期大学軽音楽部の演奏。かわいいが、演奏はもうちょいほしい。

060726lovetana0017 続いて9時からは、一宮女子短大卒業生の「ブルームーン」裸足でステージに上がる。

060726lovetana0018 10時閉店後は、こちらも毎年恒例のゴミ処理。ボランティアスタッフ、飲食店参加者でゴミ袋に手を突っ込み、かき回してゴミ分類。

この後、店舗の余りモノでウチアゲをちょろっとやり、11時解散。早くも体ボロボロになりかけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

清岡さんの死(060624cnp5)

060624cnp5kiyookatakayuki 小牧の川ガキに河童、今枝Qが、いい記事だと言ってよこした。

清岡卓行の死の記事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裁判の負けなぜ問われぬ(060724nnp5)

060724nnp5bengokagoyonemoto 科学技術文明研究所長 米本 昌平氏

弁護過誤訴訟のすすめ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放胆屋報譚(173) 七夕まつりには「ラブたな」イロイロそして「にぎわい広場」へどうぞ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■週刊電脳 放胆屋報譚・・・どローカル 超ワタクシ的 サコク主義メール
■       2006年 7月23 日号 vol. 8 issue 3 Number 173
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 皆さん、こんにちは。

 1998年の「どすこいライブ」を皮切りに、市民の手で市民の七夕まつりを
つくろう、という“まつりづくり”活動『ラブたな』。今年もライブや落語、手
作り町内まつりなど、色々な市民活動を取り上げた「ラブたなマップ」を作りま
した。
http://www.lovetana.net

 その中心的活動が、今年もおこなわれる「にぎわい広場」です。
http://www.nigiwaihiroba.com
 ここ、まずは300人ほどの無料休憩所です。
 プラス、冷えた生ビールやお酒、面白いオリジナルの食べ物などが並ぶビアガー
デンでもあります。
 ステージではライブなどがずっとあります。

7月26日(水)~30日(日)午後5時~10時
一宮市役所東となり 新柳公園

⇒ 1,100円分の食券がついて1,000円のお得な前売りチケットはホシ
ノまでご連絡を。26日まで販売しています。電話予約もあり。

 協同組合ふるさとパワーが主催し、「ラブたな」が企画運営する、商店街と市
民とのコラボレーション事業です。
 詳細・ライブスケジュールなどは上記「ラブたな」か「にぎわい広場」のHP
をご覧ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    最近のホシノヒロシ~ブログ「イチノミヤ的セーカツ列伝」より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆リリアナ・エレーロ 鈴木亜紀のコンサート ◆太田&棟梁のライブ
(7/20/2006) ◆シトロンヴェールのいちのみや珈琲ゼリー ◆A級戦犯靖国合
祀昭和天皇が不快感(060720nnp1) ◆駅前の七夕飾り取り付け ◆ひな野でスロー
ライフなバイキングランチ ◆うたたな予選 開催(7/17/2006) ◆広報メール便
定期化事業に一宮市の助成がついた ◆織音楽会vol2(2006/8/10) ◆「一宮の
ノコギリ屋根」写真展(2006/8/1~25)

⇒詳しくは http://hoshinos.cocolog-nifty.com/ を見てください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
_/ いーINFO
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

●他力屋「たこはる」●
───────────────────────────────────
8月3日(木)夜7時~10時@三八屋
───────────────────────────────────
・この日から毎週木曜日夜7時~10時は三八屋が居酒屋になります。
・この日は、たこ焼きの「たこはる」
-----------------------------------
 明るく楽しい晴美ちゃんが店主となり、たこ焼き居酒屋を開店。
 ちょっと大振りで面白い具が入った たこ焼きをサカナに一杯やりましょう。
 8月3日なだけに、食べてびっくり「闇たこ焼き」が出るかも。
-----------------------------------
⇒他力屋は毎週木曜日に色々な人が日替わりシェフ・大将となり居酒屋をします。
自慢の料理を披露したい方、面白いコンセプトのバーをしてみたい方、どしどし
マスターになってください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●飛騨清見、彦谷で宴会・・・山村交流を●
───────────────────────────────────
8月5日(土)東海北陸道飛騨清見IC下りて5分、卯の花街道入り口
───────────────────────────────────
http://www.hikodani.net/
・椎茸取り、魚つかみ取りなどがありつつ、野外の宴会(低額の実費)
・地域の方々と交流
-----------------------------------
 ナチュラルなキャンプ場もオープンした我が愛する「彦谷」。今や高山市とな
りましたが、旧清見村、清見ICを下りてすぐ。何と言って派手なものは何もな
い里山の静かな谷です。
 私はそこに山小屋を借りています。将来の定住者のための団地のようなもので、
その施設で夏祭りがありますので、一緒に遊びに行きましょう。
 地域色豊か、かつ豪勢な宴会であり、地域の方々も元気で楽しい方々ばかりで
す。宿泊は借山小屋またはキャンプ。興味おありの方は、ご一報を。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●カフェど宮前「831」(やみいち)●
───────────────────────────────────
8月13日(日)午後3時~9時
───────────────────────────────────
・ライブや大道芸
・フリーマーケット~衣類、アウトドア用品など
・バザー~138ブレンドいちのみや珈琲、ビール、天然酵母パンなど予定
-----------------------------------
 3か8がつく日曜日に真清田神社前広場で開催の「カフェど宮前」ですが、7
月から9月は暑いのでナイトバザー「831」(やみいち)です。
 参加希望や、ナニをドウするの?などはホシノへメールください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○近々の三八屋 http://www.hoshinos.com/38ya/
28日は七夕にぎわい広場、3日(木)営業+居酒屋 8日(火)営業
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集発行文責 “放胆屋”星野博 愛知県一宮市本町4-12-7 hiro@hoshinos.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福江に引っ越した知人

 ICC(愛知県一宮市のケーブルテレビ局)で制作をしていたYさんが、九州は五島列島福江に引っ越し福江ケーブルテレビへ勤め始めた。

 子どもを自然あふれる場所で育てたいという気持ちでの動き。

 私自身も稲沢の大きな庭がある築80年の家に住んでいた。子ども達を大地にくっついて生活させたかったので。それにしょっちゅう海山へ連れて行っていた。でもこの場所を離れられなかった。

 軽やかかつ、今しかできぬ大切なことに向かえる足腰がうらやましい感じだ。

 一度遊びに行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リリアナ・エレーロ 鈴木亜紀のコンサート

0610lilianaherrero_a リリアナ・エレーロのジャパンツアーが10月にある。哲学教授でもあるフォルクローレシンガー。

鈴木亜紀が12年前にCDを聞いて惚れペルーまで行き、そして今回のツアー、共演となった。

名古屋は10月12日(木)、13日(金)に得三で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太田&棟梁のライブ(7/20/2006)

060720ohtatoryostyke0001

同窓会というか、宴会のようなライブ。

060720ohtatoryostyke0002 メヲッツ with cherry古川
060720ohtatoryostyke0003板屋“板ちゃん”ex 自由研究
060720ohtatoryostyke0006さかいひろみ
060720ohtatoryostyke0009太田&ウッディ“棟梁”川浦
8時に開演し、11時過ぎまでかかった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

シトロンヴェールのいちのみや珈琲ゼリー

060722_1 シトロンヴェールさんが、138ブレンドいちのみや珈琲でコーヒーゼリーを作ってくれた。

 パティシエが作るコーヒーゼリーとして、いちのみや珈琲の苦味を引き出し、くどくない甘さでゼリーをまとめるとともに、香り高いフレッシュクリームを添えて食す。かなりおいしいと思う。(7/23/2006)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

A級戦犯靖国合祀昭和天皇が不快感(060720nnp1)

060720nnptenno 最近「あの戦争は何だったのか」という本を読んだ。

あの戦争が、どういう人々の、どういう意思決定で進行していったかの、多少推論もあるが、リアルなレポートだ。

原理主義的精神論の戦争遂行を続ける軍。

2.26事件以降、自らの意思を表さない昭和天皇。戦争を終わらせるため、ついに発言する昭和天皇。

靖国神社A級戦犯合祀に昭和天皇が不快感「それが私の心だ」。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

駅前の七夕飾り取り付け

060718ekimaetanabata0002

駅前でも今年の51回目一宮七夕まつりの準備が始まった。(7/18/2006)

知らなかったが、数年前に整備された駅前の広場には、右の写真のような飾りを取り付けるための基礎と蓋付きの溝がいくつもあるのだった。

宮前三八市広場060718ekimaetanabata0001でも、こうするのが良かったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひな野でスローライフなバイキングランチ

060722hinano0002 060722hinano0001

ひな野というバイキングレストランが一宮市の旧22号線牛野近くにできた。

ロハスだスローライフだというナチュラルコンセプトを取り入れていて、こんにゃくの煮たのやらかぼちゃの煮つけやらが70品目並ぶ。フライものも天ぷらもあり、子ども連れでも対応できる。

ランチは1,575円で時間無制限(もっとも3時半にはいったん閉まるし、2時がラストオーダーだが)。夜は2,100円?だかでお刺身や肉ものもあるらしい。こちらは時間制限があるようだ。

三重の会社なのかな、随分はやるだろうな(7/22/2006)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うたたな予選 開催(7/17/2006)

060717utatana_style0003 一宮七夕まつりで市民自ら「まつりづくり」をしようという「ラブたな」活動。

その活動の一つ「うたたな」の予選がライブハウススタイルで行われた。(7/17/2006)

「うたたな」はバンドコンテスト。ここで優秀なバンド3つほどは、一宮駅前の大きなステージで30日夜に演奏することができる。

午後1時にスタートし3時に終わった。明後日にイロイロな審査員が集まり、三八屋でビデオ審査をする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放胆屋報譚(172) 23日カフェど宮前は831(やみいち)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■週刊電脳 放胆屋報譚・・・どローカル 超ワタクシ的 サコク主義メール
■       2006年 7月15日号 vol. 8 issue 2 Number 172
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 皆さん、こんにちは。
 皆さんのところは暑いですか?一宮はホント暑いです。暑いっつうか、ヂドヂ
ドーとしてます。

 3か8がつく日曜日に一宮、真清田神社前の広場で開催されている「カフェど
宮前」ですが、7月から9月はメッチャ暑いのでナイトバザー「831」(夜見
市~やみいち)です。

 バザー(フリーマーケット)にライブやパフォーマンス、飲食など何でもあり
の「ゆる~いイベント」です。
 詩の朗読だって、踊りだって、周囲にそんなに迷惑じゃなきゃ、何でもやりましょう。
 料理もどうぞ。飲み物もどうぞ。ゲームもどうぞ。体操もどうぞ。楽しくバザー
やりましょ。

 参加希望の方、ナニをドウするの?などはホシノまでご連絡を。今回は私が
ピンチヒッターでディレクターでして。
 いつもどおりボランティアも募集(コーヒー造る人配る人、掃除する人・・・)
-----------------------------

 もちろん、たくさんの方においで願いたいです。のんびりしていってください。

⇒7月23日(日)午後3~9時 真清田神社前R155沿「宮前三八市広場」

・フリーマーケット~衣類、雑貨など。プチ百均もありか。
・バザー~138ブレンドいちのみや珈琲、ビールなど
・ライブ予定(まだ出られます)
 5時半 マサダナオナオ・・・さてどうなるか
 6時半 ウッディ川浦supported by DESHA-BALLADS
 7時半 pop pop

チラシはコチラ⇒
http://hoshinos.cocolog-nifty.com/hoshinos/2006/07/post_6b7b.html

───────────────────────────────────
    最近のホシノヒロシ~ブログ「イチノミヤ的セーカツ列伝」より
───────────────────────────────────
◆ 米国人気投稿動画サイト 国内組参入(060714cnp11)
◇ 先割れスプーンのコレクションだ
◆ 一宮市尾西庁舎へ初めて行った
◇ 駅西のお洒落なカフェ
◆ 一宮各地の民話を本に 平松哲夫さん(060711cnpo22)
◇ “棟梁”ウッディ川浦、にぎわい広場で歌う
◆ haco.つくりは進む
◇ Arico月待ちピアノライブ@岐阜 後楽荘(2006/7/30)
◆ 鈴木至彦さんのブログ
◇ 物語をつむぐこと-起周辺のフィールドワークから-

⇒詳しくは http://hoshinos.cocolog-nifty.com/ を見てください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
_/ いーINFO
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

●ガナルガナル太田、ウッディ川浦のライブで酒飲もう●
───────────────────────────────────
7月20日(木)午後6時開場 午後7時開演
一宮市 スタイル
http://homepage2.nifty.com/art-space/top.htm
───────────────────────────────────
 昨年9月に東京へと覚悟を決めて旅立ち、私たちとは別の道筋を歩き始めた太
田好信が久しぶりに一宮へ帰ってきて、ウッディ川浦とコンビで歌います。
 ゲストに酒井ひろみ、メヲッツw/チェリー古川
「ちょっと帰ってきたけど、きてみーへんかLIVE」だそうです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ジンバブエのグループ「ジャナグル」ライブへお出かけを●再掲
http://hoshinos.cocolog-nifty.com/hoshinos/2006/07/janaguru.html
───────────────────────────────────
7月25日(火)18時開場18時30分開演
名古屋芸術創造センター(052-931-1811)前売2000円、当日2500円
ジンバブエに送る楽器を持ってきた人は入場無料
───────────────────────────────────
リズムとパワー、グルーブに圧倒される。血の通う音楽。私はラブたな活動で行
けませんが、ぜひ皆さんお出かけを。
-----------------------------------
問い合わせ052-222-4311

⇒ チケットなどホシノにもお問い合わせください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●今年もあります「にぎわい広場」on 一宮七夕まつり●前売り割引チケットも
http://www.nigiwaihiroba.com
───────────────────────────────────
7月26日(水)~30日(日)午後5時~10時
一宮市役所東となり 新柳公園
───────────────────────────────────
 七夕まつりを市民化しようという活動「ラブたな」の一つ、協同組合ふるさと
パワーとのコラボレーション企画です。
 まずは300人ほど収容できる、無料休憩所です。
 そこへプラス、冷えた生ビールや酒、面白いオリジナルの食べ物などが並ぶビ
アガーデンでもあります。
 ステージではライブなどがずっとあります。

⇒ 1,100円分の食券がついて1,000円のお得な前売りチケットはホシ
ノまでご連絡を。26日まで販売しています。電話予約もあり。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○近々の三八屋 http://www.hoshinos.com/sanpachiya/
18日(火)営業
23日はカフェど宮前、28日は七夕にぎわい広場
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集発行文責 “放胆屋”星野博 愛知県一宮市本町4-12-7 hiro@hoshinos.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広報メール便定期化事業に一宮市の助成がついた

060707shiminjoseituchi 毎月色々なところへ、活動のチラシや広報誌などを送り届けよう。色々な人たちやグループのチラシなども一緒に・・・という「広報メール便定期化事業」

超弱小NPO法人志民連いちのみやの昨年2月設立前からの企画だが、実行していく体制が整わずノビノビになっていた。

今年度後半から絶対にやるぞと思っていたところに一宮市の「市民活動助成金」制度ができ、そこのスタートアップ事業支援(おおむね活動開始2年)に遠った。

これから、志民連いちのみやの広報誌をまとめあげ、チラシ配布の協力店、ポスティングしてくれるボランティア(ポスボラ)を募り、システムとしていかねばらなない。

忘れていた。当然、eメールとホームページ、ブログを、ここに連携させる。

詳しくは志民連いちのみやHP

| | コメント (0) | トラックバック (1)

織音楽会vol2(2006/8/10)

060810orionsakai 私が「姉御」と呼んでいる酒井ひろみ・・・もちろん本当は私より(ウンと)若い・・・は、リリアナエレーロやら鈴木亜紀やらEPOやらのコンサートを運営し、いつも客をしっかり呼びつつ、納得のライブをつくる。

元々は三線(沖縄の三味線・・とわざわざ言う必要ないな、今は)弾きでもある。

そのコンサート企画などの時に「織音工房」なる名前を使っているのだが、その名を冠したコンサート「織音楽会vol.2 私の好きな音・声・人・瞬間」が開催される。

鈴木亜紀、太田恵資、シノノメソラと、テダレによるライブだ。(7/15/2006)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「一宮のノコギリ屋根」写真展(2006/8/1~25)

0600801nokogirisato_a 佐藤正晴さんから葉書をいただいた。 「一宮のノコギリ屋根」写真展が一宮市立豊島図書館で開催される。その写真は私たちが「街遊び総研」と名乗って活動した一つ「ノコギリ屋根サヨウナラ」という見学会の長谷川毛織の建物だ。 ノコギリ屋根として残っている工場って、とても風景として面白いし、これを利用したギャラリ、工房などって、したらいいのにな、と思う。 だいぶ減ってもきているが、奥町などまだまだたくさんある。(7/15/2006) 0600801nokogirisato_b

| | コメント (1) | トラックバック (0)

米国人気投稿動画サイト 国内組参入(060714cnp11)

060714cnp11_1 米国のインターネットサイトで人言芒火が付いた動画投稿サービスを開始し一た。一般人が撮った映像をネット上で公開一し自由に回覧可能な仕組みだが、米サイト権侵害一 の映像によるところが大きい。これに対しI て、国内組は著作権の厳守を徹底しながI ら、独自の企画も駆使して利用者を増やす】 考えだ。(桐山純平)    

------------

あんまり良く分からんが、動画にネットがあふれていくのだろうな。      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先割れスプーンのコレクションだ

060712sakiwarespoon 先割れスプーンコレクションだ!

三八屋の5周年記念手拭のデザインを、なんのさわこさんに頼んだ。そのデザイン画の中に、先割れスプーンがいい感じに書かれていた。

で、この手拭に本物の先割れスプーンも付けようということで色々物色したのが、このコレクション。

この他にもキャンプ用のチタン製とか、折り畳みのとか持ってるぞー。

左側の方は介護用だったり子供用だったりの少し高級版で170円ほど。

ほかはだいたい70円から80円くらいなのだが、先が悪魔の杖のようになってない真ん中のものを採用することにした。

手拭を配る数は138枚。そのうちスプーンつきは38枚の予定。

どこまでも38で行くのだった。(7/14/2006)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一宮市尾西庁舎へ初めて行った

060714bisaichosya0002_1

060714bisaichosya0001









はじめて一宮市尾西庁舎へ行った。(7/14/2006)

昨年4月に合併して尾西市は一宮市へ。この旧尾西市役所の建物には、主に一宮市の建築系の部署が入っている。

遠くて(って言っても車で15分だが)行けずにいたので、建築系のあの人この人に会ってくる。一宮市役所の上の方の階にいたときより、なぜか皆、表情が明るいような気がするのはなぜだろう。

庁舎の入り口には水とお茶のサーバと「尾西市の名誉市民」の掲示が。市川房枝や三岸節子など、ホントに世界中へ誇れる人たちだ。

これ、「いまだに尾西市となってるから」なんて、取らせるようなことしちゃダメですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駅西のお洒落なカフェ

060709bunyantree 最近駅西にカフェが二つオープンしている。

その一つが、このBUNYANTREE。かつて蔵のバーだったところが、このオープンな感じのカフェになっている。

アニマル柄のクッションが苦手だけれど、こうした無機質な感じが落ち着くんだろうな、若者は。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

一宮各地の民話を本に 平松哲夫さん(060711cnpo22)

060711hiramatsujidobunkakyo  子どもの健全育成に努める市民団体「一宮児童文化協会」は、一宮市の各地区に伝わる民話など七編をまとめ、小学生向けの本「新生いちのみやの民話 十五夜の月見芋」として発行した。
                        (宮崎仁美)作家平松哲夫さん(五九)。
児童文化協会が発行
新市誕生記念事業の一環で出版された民話の本と著者の平松さん=中日新聞一宮総局で
「郷土の物語を知って」
で第十一回新美南古文学賞。

問い合わせは平松さん=電0586(51)4471

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“棟梁”ウッディ川浦、にぎわい広場で歌う

060728toryonigiwai060710“棟梁”ウッデイ川浦が
一宮七夕まつり「にぎわい広場」へ
ふたたび登場!

長年にわたるライブ活動を経て、2000年夏「ウッディ川浦とアルチュハイマーズ」で七夕まつり「にぎわい広場」へ衝撃のデビュー。 ギターとボーカルに更なる磨きがかかり、 円熟の境地に入るウッディさん。 有名レコーディングエンジニアから新録音のオファーがあるも淡々としたまま、この2006年夏
「にぎわい広場」へカムバック登場です

woody川浦 ライブ
supported by DESHA-BALLADS

7月28日(金)6時半過ぎ
一宮市役所東となり 新柳公園「にぎわい広場」
入場無料

千円で百円お得な前売り飲食チケットも販売中
席の予約も承ります

| | コメント (0) | トラックバック (1)

haco.つくりは進む

060710haco0007 真清田神社楼門脇、塀沿いの店舗を借りてのスペース

haco.ハコつくり。今日は棟梁が、壁を作ってくれている。左側60センチ幅だけは、志民連いちのみやの諸活動用品(テントや椅子など)の倉庫になる。そことの境の壁つくりだ。

詳しくはハコブロを見てね。

棟梁のクラフトマンシップあふれる仕事ぶりに惚れ惚れする。

ちなみに棟梁は、7月28日(金)6時半過ぎから、一宮七夕まつり「にぎわい広場」で演奏する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月23日夕~夜は真清田神社前で831(やみいち)

060521060518 3か8のつく日は、誰でもドコデモおまつりしよう!という「38サンデーいちのみや」。

そのメイン会場が、真清田神社前広場での「カフェど宮前」だ。

夏は暑いので、7月8月9月はナイトバザー「831」(夜見市)~やみいち

7月23日はウッディ川浦やPOP POPなどのライブに、天然酵母パン、衣類、ビール、そして138ブレンドいちのみやコーヒーなど盛り沢山。

テーブル席を多数用意しておりますので、夏の夕べをのんびり過ごしに来て下さい。

カフェど宮前HP・・・ちと更新してない・・・左のチラシを見てください。

何でも参加者募集中!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

放胆屋報譚(171)復活「放胆屋報譚」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■週刊電脳 放胆屋報譚・・・どローカル 超ワタクシ的 サコク主義メール
■       2006年7月7日号 vol. 8 issue 1 Number 171
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 皆さん、こんにちは。七夕ですね。
 長らくお休みいただきました「放胆屋報譚」、復活いたします。

 たくさんのウソと低次元の欲望、言行不一致に翻弄された一年でした。でも私
のココロザシは変わらんよ。ついでに体重も変わらないけど。
------------------------------------------------------------------
 過去2年、HTMLによる画像入り「放胆屋報譚」をお送りしておりましたが、
~ 重いゾ ~ スパムが怖いゾ ~ 面白くないゾ ~ 深みがないゾ~
など、ご意見多数。その割りに作る側は、かなり面倒でして。

 さらに超弱小NPO法人志民連いちのみやの通信をどう作るか、またそれと
「放胆屋報譚」との関係は?という問題もあり、ホシノ雌伏のこの一年、イロイ
ロ、グダグダ考えておりました。

 考えててもキリがないので今回からまた週間化を目指します。発信の形はこん
な風です。

ほ) テキスト形式のメールをお送りする。
う) メールでは従来とおり、一つ二つのテーマについて簡単に報告する。
た) 同時に、ブログ上で詳細な内容を報告する。必要ならHTMLのページも作る。
ん) ブログへのリンクをメールに載せ、必要な深い情報はそちらで見てもらう。
や) イベントなどの情報は、メールにも記載し、必要なリンクも貼る。

 あまりアテになりませんが、よろしくお願いします。
 読者募集中!紹介してくださった方には三八屋でコーヒーくらいおごります。

───────────────────────────────────
   最近のホシノヒロシ~ブログ「イチノミヤ的セーカツ列伝」より
───────────────────────────────────
  ⇒詳しくは http://hoshinos.cocolog-nifty.com/ を見てください。

◇ソウルフラワーモノノケサミットのライブへ行こう(7月13日)
◆ジンバブエのバンドJENAGURUライブ(7月25日)
◇尾州人材育成機構NPO法人の認可(060707cnpo20)
◆障害者施設「かすみ草」のミニ朝市(060707cnpo20)
◇沖縄民謡は命の薬 養父が設立、マルクフクレコード80年史 普久原恒勇
(060706nnp40)
◆一宮まつり いよいよ(060705cnpo14)
◇丹羽旧尾西市長、一宮市長選に立候補(cnp060704cnpa22)
◆clubGBplus 立ち上げのパーティ(06/06/24)
◇ふるさとチャレンジショップの新応募者審査(20060630)
◆尾張西部フォトコンテスト
◇一風堂の無料誌「力の源通信」
◆岐阜ウオークアップ福田さんからのカード

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
_/ いーINFO
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

●ちんどん音楽のライブへ行こう●
http://hoshinos.cocolog-nifty.com/hoshinos/2006/07/post_c406.html
───────────────────────────────────
7月13日(木)午後6時開場 午後7時開演
名古屋得三 前売り4000円当日4500円
───────────────────────────────────
 ソウルフラワーユニオンの別動ユニット「ソウルフラワーモノノケサミット」
のライブがトクゾーであります。一宮ちんどん隊結成を図っている私たちは、ぜ
ひ見学っつうか楽しみに行きたい。
 10時までには終わるので、一杯ひっかけてから帰りましょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●カフェど宮前「831」(やみいち)●
───────────────────────────────────
7月23日(日)午後3時~9時
───────────────────────────────────
・ライブ~POP POP 棟梁(ウッディ川浦)ほか
・フリーマーケット~衣類、アウトドア用品など
・バザー~138ブレンドいちのみや珈琲、ビール、天然酵母パンなど
-----------------------------------
 3か8がつく日曜日に真清田神社前広場で開催の「カフェど宮前」ですが、7
月から9月は暑いのでナイトバザー「831」(やみいち)です。
 参加希望や、ナニをドウするの?などはホシノまでご連絡を。今回は私がピン
チヒッターでディレクターです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ジンバブエのグループ「ジャナグル」ライブへお出かけを●
http://hoshinos.cocolog-nifty.com/hoshinos/2006/07/janaguru.html
───────────────────────────────────
7月25日(火)18時開場18時30分開演
名古屋芸術創造センター(052-931-1811)前売2000円、当日2500円
ジンバブエに送る楽器を持ってきた人は入場無料
───────────────────────────────────
リズムとパワー、グルーブに圧倒される。血の通う音楽。私はラブたな活動で行
けませんが、ぜひ皆さんお出かけを。
-----------------------------------
問い合わせ052-222-4311

⇒ チケットなどホシノにもお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○近々の三八屋 http://www.hoshinos.com/sanpachiya/
 8日(土)18日(火)営業
23日はカフェど宮前、28日は七夕にぎわい広場
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集発行文責 “放胆屋”星野博 愛知県一宮市本町4-12-7 hiro@hoshinos.com

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Arico月待ちピアノライブ@岐阜 後楽荘(2006/7/30)

060730arcokorakuso_1

後楽荘を五感で味わう特別な一夜。Aricoの新作アルバム「ときあかり」を中心としたスペシャルプログラム

昼の部 午後3時 夜の部午後6時
ライブ 昼の部 3時半~4時半 夜の部 6時半~7時半
お食事 午後8時~9時半
バータイム 午後9時半~夜半
ライブのみ4千円 食事突き1万円 バータイム3千円

後楽荘 058-264-0027

私のイトコ夫妻が経営する、岐阜城の下にある料亭。その蔵がバーとなり、演奏も聴ける。(060708)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴木至彦さんのブログ

西春の鈴木至彦さん、北名古屋市の市長選に出た信念の人。

かつて末広まきこを支援し、裏切られ(その末広まきこは、何と「公約違反はしていません」というページをウエブに公開している。)、対抗をされていた。

美術教師でもあられた。毎年いただく年賀状は家族の肖像がペン画で描かれている。

ほんのしばらく一宮で仕事を請け負われていたことがあり、その時に何度かご一緒した。リーズナブルな人物だった。

その鈴木さんがブログをしている。そこに少子高齢化についての記述があり、子供を作るという個人的行為を国家の目的で語ることの矛盾が書いてあった。

その通りだな。

その通りだけど、子供はほしい。どうなるか分からんし、犯罪もこわいが、ともかくそれに賭けるほか無いようにも思う。夢だ。

そんな夢のカケラで、一宮七夕まつり「にぎわい広場」では26日に「生メヨ増ヤセヨとーくらいぶ」を開催する。(結局広報している。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

物語をつむぐこと-起周辺のフィールドワークから-

060719meigeitanimotookoshibilla

 昨年の七夕のころには夢街迎陽館で本町を題材としたフィールドワークの作品を展示発表してらした。名芸大谷本さんのゼミの発表、今年は旧尾西市起がステージだ。
 ワカモノの目、ヨソモノの目、表現者の目。作品、表現として面白い上に、私たちの単調化した目線に逆光線を浴びせていく。(20060708)

(以下 案内より)

 この授業は、さまざまな情報の収集・蓄積から、それらをいかに「知」に変換するかを実際のプロジェクトと考え、多様な映像メディアを活用しながら、フィールドワーク~情報収集~060714meigeitanimoto_okoshi提示というプロセスを通して実践するものです。今回は、木曽川をはさんで岐阜羽島と面する「起」周辺をフィールドに選び、そこで出会ったモノや発見から、作品づくりに展開させました。「場所」から何を読み取り、「アート」はどんな物語をつむぐことができるか。また、その発表がさらにどんな物語を生み出すか。たくさんの方との出会いの場となることを期待しています。ぜひご高覧ください。

名古屋芸術大学大学院「映像表現演習」2006 発表展示
物 語 を つ む ぐ こと
一起周辺のフィールドワ-クから一
2006年7月19日(水)~23日(日)9:○○~16:30(最終日15:30まで)
一宮市尾西歴史民俗資料館 展示ギャラリー
〒494-OOO6愛知県一宮市起字下町211 Tel.0586-62-9711
  【電車+バス】名鉄一宮駅もしくはJR尾張一宮駅下車、
  名鉄―宮駅側バスターミナル(のりば②)から
  名鉄バス「起」行き乗車「起」停留所下車 徒歩5分
  【お車の場合】東海北陸道一宮西ICより5分

特別上映会:映画『花咲く乙女たち』(1965年/日活作品) 
7月23日(日)10:00~12:00 資料館2F研修室
約40年前の尾西を舞台にした劇映画です。
現在・風景と重ね合わせて感じてみませんか?  《鑑賞無料》

問い合わせ:谷本研(名古屋芸大非常勤講師)0901-594-4578

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソウルフラワーモノノケサミットのライブへ行こう(7月13日)

060713soultindontokuzoa ソウルフラワーユニオンの別動ユニット「ソウルフラワーモノノケサミット」のライブがトクゾーである。

一宮ちんどん隊結成を図っている私たちは、ぜひ見学っつうか楽しみに行きたい。

ツアー組んで見に行きましょう。

2006年7月13日(木)名古屋得三。前売り4000円当日4500円

060713soultindontokuzob

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジンバブエのバンドJENAGURUライブ(7月25日)

060725janagurubilla 060725janagurubillb 6月4日のエコストックにも出てくれたジンバブエのバンド「ジェナグル」のライブがある。

リズムの刻み方、ビートの作り方すべて迫力が違う。

高橋さんという日本人女性がコーディネートしているのだが、この人のサポートがとても温かい。

2006年7月25日(火)18時開場18時30分開演名古屋芸術創造センター(052-931-1811)

問い合わせ052-222-4311 前売り2000円、当日2500円

ジンバブエに送る楽器を持ってきた人は入場無料です。

チケットなどホシノにもお問い合わせください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

尾州人材育成機構NPO法人の認可(060707cnpo20)

060707cnpo20bishujinzai 尾州テキスタイルカレッジがNPO化した。今日登記する。

昨年から法人化を一緒に検討してきた。会計や税務でお手伝いすることになった。

(以下記事060707cnpo20)

尾州人材育成機構NPO法人の認可

正式に発足

尾州産地の技術力を生かして繊維全般について教え、繊維業界の人材育成につなげる「尾州・テキスタイル・カレッジの運営団体「尾州人材育成機構」が、県から特定非営利活動法人(NPO法人)の認可を受けて正式に発足した。
 同カレッジは二〇〇二年から開講。ことし三月までに五百七十人が受講するなど成果を上げている。
 今後、尾州産地を挙げてさらに発展させようと、法的な運営母体として同機構を設立することになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

障害者施設「かすみ草」のミニ朝市(060707cnpo20)

060707cnpo20kasumisoasaichi

毎週は大変だが、大切だ。ココロザシが無ければ続かない。

(以下記事060707cnpo20)

 一宮市南小渕の身体障害者授産施設「かすみ草」で毎月聞かれている「土曜ミニ朝市」が、8日で10周年を迎える。関係者の努力で121回を重ね、障害者と地域の人々がいヽれあいをはぐくむ潟として定着している。(横井武昭)
 第一回は、施設開所から気軽に来てもらえるきっか一年たった一九九六年七月けをつくりたかった」と話に開催。地域の人に施設にす。
器バド容勁回菜か販やをら売は先安すがづレぶ煙青人かど空れ `の市た地授
場」、服や日用雑貨を扱うリサイクルバザー、カフェなど多彩な催しを開いてきた。
 毎回ゴ二百人ほどが訪れ、二十万上玉五万円になる売り上げは、主に施設利用者二十一人の給料に充てられている。
 地城とのつながりも進み、「これをバザーで使って」と服やホットプレートなどを住民が届けてくれたり、朝市当日は地元の千秋中学校の生徒がボランティアとして手伝いに来てくれたりもする。
 買い物に訪れた客と交わす会話や、ボランティアと
足を運んでもらい、ふれあ 以来、毎月第二上曜日 一緒に働くことが、施設利いを深めようと企画されに、テントやテーブルを設用者にもいい刺激になって
た。知徳太郎施設長は「福祉に興味がある方でも、急に訪れるのは難しいはず。
置して施設内外で開催。障いるという。堀施設長は害者と家族、施設職員、ボ 「施設では人回関係が固定ランティアが店頭に立っ されがちだが、月一回さま
ら、几=茫小さな規模でも毎月継続
ざまな人と交流することはなく、小さい規模でも毎で、知的障害を併せ持つ施月継続できたことで地域と設利用者もあいさつができのつながりも生まれたと思るようになるなど、自黙とう。今後は他の障害者施成長できる」と説く。障害設や団体にも呼び掛け、一者自らが意見を出し、みた緒に朝市をして交流を広めらし団子や駄菓子などの模ていけたら」と話してい擬古も実現した。     る。
 八日は午前九時から十一  問い合わせは「かすみ草」まで=電0586(81)3815

 「年に一度の大きな企画で。
地域の人々に支えられ、10周年を迎えた土曜ミニ朝市一昨年7月、一宮小南小潮の身体障害者授産施設「かすみ草」で

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄民謡は命の薬 養父が設立、マルクフクレコード80年史 普久原恒勇(060706nnp40)

060706nnp40marufuku

そうか、マルフクの普久原朝喜が戦後「懐かしき故郷」を作り、普久原恒勇が「芭蕉布」を歌ったんだ。

(以下記事060706nnp40)

沖縄民謡は命の薬

養父が設立、マルクフクレコード80年史

普久原恒勇(ふくはらつねお)

沖縄民謡のマルフクレコードをご存だろうか。私の養父、普久原朝喜(ふくはらちょうき)が一九二六年に大阪で設立し、今も続く独立系レコード会社である。メジャーのレコード会社のような大きな組織ではないが、戦前戦後を通じて沖縄出身者の心のよりどころとなり、進取の気性で沖縄民謡のあり方まで変えた。だからこそ八十年も続けることができた
のだと思う。
 ♪ ♪ ♪

 腕利きの三線奏者

 朝喜は一九〇三年、越路(現在の沖縄市)で九人兄弟の長男として生まれた。越来村は歌や踊りが盛んな土地柄。朝喜も松の枝と空き缶で三線を手作りし、十七歳の時には早弾きの勝負を挑まれ、三時間弾き続けたと語り草になるほどの腕利きゼった。
 ところが、借金で大の車となった家計を助けるため二十一歳で一念発起して貨客船「平安丸」に乗り、大阪へ出稼ぎに行く。紡績工場で働いた後、行商を覚え、小さな喫茶店を開いた。商いが繁盛していたころ、どこで聞きつけたのか、内外レコードという会社からレコード吹き込みの依頼が舞い込んだ。「ハンタ原」 「ナークニー」など売り歩いた。故郷の民謡は彼らを慰め、明日を生きる心の糧になった。
 ♪ ♪ ♪

 自ら作詞・作曲も

 一方で自ら作詞・作曲も始めた。「軍人節」「無情の唄」 「移民小唄」などが大ヒットし、「チコンキーふくばる(蓄音機首久原)」の名は故郷までとどろいた。南米やハワイの移民先にレコードを持参する人たちも多
行った沖縄県出身者が数多く住んでいた。マルフクレコードを立ち上げた朝喜は、歌手と演奏者、ディレクターを兼務し、七十八回転のSPレコードを自転車に乗せて沖縄県出身者の家庭を回ってく、かの地でもマルフクレコードの民謡が鳴り響いたという。
 これらの成功によって朝喜は親の借金を返済し、実家も新築した。新しい家には、蓄音機を発坦した米国の発明王エジ
ソンの肖像画を掲げた。
 「偉い人だから手を合わせて拝みなさい」と養父は私たち家族に言って聞かせたものだった。
 戦争によってレコード制作を中断したが、終戦後の五二年に再開し、朝喜の作詞・作曲による「懐かしき故郷」を発売した。
 いみ   うちなIむとうしがた 「夢に見る沖縄 元姿やしが音に聞く沖縄変てぃ無らん……」。恋しい故郷への思いを歌い上げたこの曲は、米占頷下となった故郷との音信が途絶えた本土在住の沖縄県出身者のヌチグスイ (命の薬)になった。
 八十年間、すべてが順風だったわけではない。戦前はツルレコード(盛光堂)やトンボレコード (自声堂)など沖縄民謡を扱うライバル会社がいくつもあり、歌手の引き抜きも激しかったらしい。最大の危機は戦争で、戦後も続けられたのはマルフクレコードだけだ・った。それを養父はひどく誇りに思っていた。
 ♪ ♪ ♪
 民謡創作の先駆け
 沖闘では民揺にも新曲
かおる。その先駆けとして多くの民謡を創作したのが朝喜だった。三線を早弾きする奏法を編み出し、マンドリンやバイオリンといった西洋楽器を取り入れるなど、常に工夫を加えた。バイオリンを本格的に学んだ渡慶次憲行さんという人が朝喜に協力してくれたことも大きく影響したようだ。この間、朝喜を筆頭に普久原鉄子、多高良朝成、多高良カナ、普久原京子、知名定繁、宮城輝忠、仲間良識ら沖縄民謡界のそうそうたる顔ぶれがマルフクで吹き込んだ。戦前の原盤も戦災を免れて今も保存佞ている。
 私は三二年に朝喜の弟・朝山の子に生まれ、すぐに朝喜の養子となっ
た。三線の音色を浴びるように聴いて育ち、学生時代は西洋音楽を学んだ。一時は写真家を志したが、三十歳ぐらいから本格的に養父の仕事を手伝い始めた。沖縄音楽の中興の祖といわれる存在だったのに「音楽でメシを食うなんて考えるな。商売をしろ」と私に教育したのが不思議だった。
 だが結局、私もマルフクレコードのディレクター兼音楽家になった。幸いにも「芭蕉布」などのヒット曲に恵まれてマルフクレコードを支えることができ、私なりの親孝行ができた。朝喜の志を受け継ぎ、多くの人たちに音楽を届けていきたいと思う。 (ふくはら・つねお=音楽家)

写真:(1955年、大阪の自宅)演奏する朝喜夫妻

| | コメント (0) | トラックバック (1)

一宮まつり いよいよ(060705cnpo14)

060705cnpo14tanabata どこにも、我々の活動「ラブたな」・・・にぎわい広場やどすこいは、書いてない。

(以下記事)

一宮七夕つり
市役所など飾り付け始まる
 一宮市の夏の風物詩「おりもの感謝祭一宮七夕まつり」 (同まつり ‐‐‐‐協進皇催)が二十七日に開幕するのを前に、四日、市役所など市内  一の公共施設で華やかな吹き流しの飾り付けが始まった。JR尾張一宮 ‐‐‐‐
駅や本町商店街周辺の中心会場も順次七夕飾りで彩られ、二十七日から三十日までの期間中には連日催しが繰り広げられる。(宮崎仁美)
 同まつりは一九五六 (昭和三十一年)に始まり、五十一目目。仙台、
平塚(神奈川県)と並ぶの人出でにぎわう。
日本三大七夕まつりのI  ことしは、地元ゆかりつとち称され、毎年多くの戦国武将山内一豊と妻
千代をかたどった仕掛け
ランパスエイトショー (二十八日)、和太鼓の競演(三十日)など多彩な催事を連日開催。
 本町商店街周辺でも、
飾りや、電飾飾り、市内十四団体五百二十大の市の小中学生による創作飾民が音楽に合わせて白由りなど、例年と同じ規模な振り付けで踊る「ワツで多くの飾りが登場。 ショーいちのみや」 (二 催しでは、ゴダイゴで十八日)や、時代絵巻風活躍したア上Jィストのの「御衣(おんぞ)奉献タケカワユキヒデさん大行列」 (二十九日)、らが出演する開幕イベミス七夕・ミス織物オーント「一宮七夕まつりスプンカーパレード(三十ペシャルないと!」 (二 日)など、例年好評の催十七日、駅前lnステしがある。
よン)、一宮商工会議所 期間中、中心会場周辺主催で一宮にちなんだは交通規制かおり、一宮独創的なアイデアを競競輪場(同市羽衣二丁う「一宮特産品コンテ哲の無料駐車場から会スト」 (二十九日、本町場を結ぶ無料シャトルバ商店言などが開かれスを午後一時から約十五る。          分間隔て運行する。問い そのほか、駅前・lnス合わせは同まつり協迎合テージでは、歌于りのラ事務筒口目電0586イブや、白鳥おとり、グ (28)9131=へ。
27l30日催し盛りだくさん

飾り付けが始まった吹き流しを前にほほえむミス七タクイーン面とミス織物クイーン上官市役所一宮庁舎で

| | コメント (0) | トラックバック (1)

丹羽旧尾西市長、一宮市長選に立候補(cnp060704cnpa22)

060704cnpo21niwa 旧尾西市長の丹羽厚詞さんが、年末の市長選(合併後初)に出馬表明

以下記事(cnp060704cnpa22)

旧尾西市長
丹羽氏が出馬表明

一宮市長選合併推進、2氏激突へ

 合併後初となる次期一宮市長選(来年一月二十白日任期満了)に、旧尾西市長の丹羽厚詞氏(四四)=一宮市起=が三日、立候補を表明した。現職の谷一夫市長は既に立候補翼明をしており、合併を‘進めた当事者による激突ぶ明確になった。
‐ 丹羽氏はこの日、一宮・雨役所一宮庁舎で記者金鎚。「合併は改革のチャ ンスなのに一宮は前時代一的なところが多く『今まで通りで良い』という雰前気を感じる。このままぞは合併の効果が半減で終わってしまう」とし「まず職員の意識改革が必要」などと、出馬理由を説明した。
 具体的には「役所に専門の部署をつくって企業誘致を行い、安全、教育の改革も進めたい」とした。
 丹羽氏は二〇〇三年四月、旧尾西市議から市長に初当選し、合併で失職する○五年三月まで務めた。合併後は一宮市特別参与に就き、尾西地区の市政について意見を述べてきたが、この日、同市特別参与の辞職届を提出した。
      (宮崎仁美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

clubGBplus 立ち上げのパーティ(06/06/24)

ランドローバーをこよなく愛する、我が友、関戸徹が、クラブGBプラスなる会を作るという。関戸はランドローバー一宮ジャガー一宮の社長でもある。

イギリス風生活を愛し楽しむ会だ。昼はノリタケの森でハイティやらスクールやらがあったようだが、私は清見の山小屋から帰ってきて夜のみの参加となった。

場所はクラブナッシュチャイナ。しらかわホールにある、白亜館グループのレストランだった。車好き、ランドローバー好きから、シックな生活好きな人まで色々。

二次会は伏見のパブ ニッカーボッカーへ。はじめえげれす屋へ行ったが一杯で紹介されていったが、ギネスのビールの泡が四葉のクローバー型で、ずいぶん盛り上がった。

関戸剛さんと初めてゆっくり話をした。リーズナブルな方だった。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ふるさとチャレンジショップの新応募者審査(20060630)

協同組合ふるさとパワーが運営する、一坪ショップ「ふるさとチャレンジショップ」の新しい応募者が一人あり、その審査をテンサンビル地下のテンマホールでおこなった(2006/6/30 7~8pm)。

当初、夢街迎陽館に設置したこのチャレンジショップは、夢街の崩壊により数ヶ月で退去を余儀なくされ、伝馬通3丁目商店街の中の空き店舗へ移転した。

その後飲食業で参加していた一人が抜け、今回の募集となっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

尾張西部フォトコンテスト

いいとこ発見!!尾張西部フォトコンテストなるものが開催される。

一宮市と稲沢市の共同企画。一宮市と稲沢市で、い、い、とこ発見!!らしい。

どういう経由で始まったことか分からないが、一宮市と稲沢市が一緒に何かやることは、とてもいい感じだ。そう思うのは私の血の半分が稲沢市であり、稲沢市の築80年という家で数年幸せにすごしたことがあるからだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一風堂の無料誌「力の源通信」

一風堂は、大名本店へ去年の6月に行った。大したものだった。その時も大将の河原成美氏は、なにげに店にいたし、先日の一宮アスティラーメン横丁(だっけ?)開店のときもなにげにいた。

飲食業界というのは妙なカリスマを作りたがる気がする。まるで軽薄短小なファッション関係者と変わらない様相だ(ファッション関係者が軽薄短小だと言っているのではない、ファッション関係者の中で軽薄短小なヒト、という意味。あ~あ)。

河原成美なる人物もそういうカリスマ化されている人物だが、どうも違う気がする。

一風堂の無料誌「力の源通信」というのがあるが、そこには九州の別のラーメン屋さんの紹介が丁寧に書かれている。まあ余裕というか、イヤラシイんでないの、という見方もあるかもしれないが、たぶん何か、もっと当たり前に大きなことを考えているのではないだろうか。

ウエブページにも、そんな一端がうかがえる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岐阜ウオークアップ福田さんからのカード

060625walkuppostcardmorinomiyaichi060521 岐阜市金公園近くのアウトドア・ナチュラルショップ「ウオークアップ」の福田さんからポストカードが届いた。

5月21日の第6回杜の宮市へ来てくださった時の絵手紙だ。朝の散歩会を月に一度かしてらして、それで杜の宮市にも来てくださった。

8月5日には「小さなクラフト展」が岐阜市で開催される。

ウオークアップは岐阜市金宝町1-9 052-266-9447

(7/2/2006)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時計

うまく動くんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一宮市の「忍者教室」(060702cnpo20)

060702cnpo21ninjutsukyoshitu

カフェフォレストで、忍者教室のチラシを見た。明日新聞に出るはずだとの話。

以下記事

 一宮市内で「忍者教室」が聞かれていると聞いた。忍者といえば、雲隠
れの術や軽々とした身のこなしなど、人間離れした技の数々が思い浮か
ぶ。山奥でひそかに修行するという印象かおるが、ここ尾張他方は広大な
平野。しかもその教室は「恋々倶楽部」と銘打って、隠すことなく広く生
 徒を集めているらしい。一体、どういうことなの?     (宮崎仁美)
 六月下旬の夕方、木曽姿。現代的な建物の中なようで、何やら不思議な
川のほとりにある尾西グのに、時代が昔に戻った光景だ。
リーンプラザ(一宮市冨宍
田)を訪ねた。
 子どもたちが、母親らに迪れられて続々と集まってくる。一見、よくある習い事の送り迎え風景のようだが、どの子も頭からつま先まで黒ずくめの装束姿。まさにてニ忍者″といったいでたちだ。
 十人ほど集まったところで、「それではきょうの練習を始めます」と声がかかった。そう言う先生も、子どもと同じ忍者場ぶ学もLlj‐体動かし 集まった子どもたちは三歳から小学四年生までとばらばらだが、きちんと正座して「よろしくお願いします」と元気よくあいさつ。この日の教室が始まった。 ストレッチから始まり、縄跳びを跳んでから前転したり、先生が投げたボールを避けたり-。操に格闘技の要素を取りり、体と心を同時に鍛え入れ、体を勤かしながらるため、空手を広めよう礼儀を学んでもらう剔なと考えた。子どもたちは、楽しそうんです」。教室を主宰す  「でも、空手は痛い、に緬行〃を続ける。拳る後藤直樹さん(四〇) 怖いというイメージがあを突き出し足をけり上げ疸巾今伊勢脚本神戸=はる。だから子どもに人気るといった格闘技のよう笑って教えてくれた。 の忍者を取り入れたんでな動作も訓練した。   後藤さんは中学三年生す」と後藤さん。格好が
 ただ、一時間のレッスの時に空手と出合い、趣忍者ということで、子どンの問、本当に「忍者ら味として長く続けてきもたちち楽しく続けられしい」場面は、休憩時間た。         るのだという。
にゴム製の手裏剣を発泡 白身は空手を通じて精 後藤さんは「四月に間
スチロールの仮に向かっ 神的に成長したが、「顔講したばかりですが、厳
て投げて遊んでいたとこ近はあいさつができないしく楽しく指導していき
ろぐらい。      など礼儀を教えられていたい」と張り切ってい
  「実は何か特別な技をない子どもが増えている。教室では英語が得意
教えるわけではなく、体る」と感じていた。安心な妻の知亜紀さん(言
忍者教室で体を動かす子
どもたち二宮市冨田で
して遊べる場所が少ないが、体を動かしながら学
ため、体を動かす機会がべる基本的な英語も教え
減っていることも気になている。
060702cnpo20

チラシもはりつけておきましょ。

060701ninjakyoshitsubilla_1 060701ninjakyoshitsubillb

| | コメント (0) | トラックバック (2)

中島義行さんの個展

060702cnpo21nakashimayoshiyuki

スペイン女性繊細に
 函蓉両家の中島さん個展
 一宮市出身でスペイン
・マドリード在住の画家
中島義行さん(こ=写真
=による個展が一日、同
市本町一丁目のブティッ
ク「MOIly (モ
リブで始まった。九日
まで。
 中島さんは二十一歳で
渡欧。ピカソやミロらが
学んだ名門校、スペイン
土こサン・フェルナンド
美術学校(現・マドリー
ド大美術学部)に日本人
として初めて入学を許さ
れ、首席で卒業した。
 人物を題材に、髪の毛
やレース、装飾品など物
の質感を繊細なタッチで
描き分けながら、写実的
に表現した画風にはファ
ンが多い。
 毎年三回ほど帰国して
各地で個展を開いてい
る。一宮市での個展は毎
年恒例で十二回目。会場
にはスペイン女性を題材
に、レースをふんだんに
使った民族衣装姿の妙齢
の女性や、ネコを抱いた
あどけない少女など、四
十点が並ぶ。
      (宮崎仁美)

060702cnpo20

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しい一宮市助役

経済担当の一宮市助役、井辺っちが去り、梁島利通氏がいらっしゃることとなった。

井辺っちは、この一ヶ月、色々な人と毎夜送別会をし、去っていった。色々なものと格闘した3年間だったろう。

梁島氏に更なる展開と、小欲に左右されないグランドデザインの現実化を託したい。もちろん私たちも自助努力を続ける。

060701cnpo18yamnashimajoyaku

以下記事(060701cnpo18)

助役に梁嶋氏
一宮市議会が同意
一宮市市議会は三十日、六月定例会の最終日を迎え、助役二人のうち井辺国夫氏の退任による新助役に、中小企業庁長官官房企雨宮の梁鴫(やなしま)利道氏言)=写真=を選任することに同意した。
 梁鴫氏は一丸八〇(昭和五十五)年に通産省(当時)人省。大臣官房秘書課長補佐などを歴任し二〇〇三年七月から現職。任期は一日から四年間。東京都狛江市。
 また、中心市街地活性化特別委員会の設置を決めた。同委員会は市議十九人で構成し、JR尾張一宮駅に求められる機能の検討や新庁舎の建設計画の関する調査などを行う。
 そのほか、本年度一般会計補正予算案など二十三議案を可決、承認。固定資産評価員に資産税課長の東元徹夫氏(五八)を選任する人事案に同意し、「商品である軽中占自動車に対する軽自動市税の課税を免除されたい」とする請願を採択、閉会した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国枝法音さんの山内一豊の本出版

060701cnpo18kuniedahoon_1

木曽川資料館名誉館長の国枝法音さんが、山内一豊をテーマにした道徳などを教える本が出た。(060701cnpo18)

060614kuniaedahoon_aoki_

本は、しばらく前に木曽川の青木さんから頂戴した。

以下新聞記事

一宮の木曽川資料館名誉館長国枝法音さん
 戦国武将山内一豊の顕彰を続ける国枝法音さん千丁岐阜県大垣、
市東町=が、一豊をテーマにした本「一無心豊(いもむしんほ
うブを出版する。国枝さんは昨秋、がんを告知され、抗がん剤で
冶旅中の身。「『これで人生が終わるのか」と思ったが、本を書く
ことで檀われた。一豊の功績を社会に伝えたい」と話している。
                       (長田真由美)
半年間、無心に執筆

からは名誉館長に就任した。
 木曽川町は一豊の出生地とされることから関心を持ち、一九九六年に「一芸顕
彰会」を設立。事務局長として一豊の研究を続けてきた。
 NHK大河ドラマで「功名が辻」の放映が決まり、楽しみにしていた昨年十月、大腸がんが見つかったとめてはどうかという語が
持ち上がった。「すべてを忘れよう」と無心になって執筆。半年ほどで完成した。
 本は、国枝さんこと「クニさん」が、子どもに語り掛けるような口調で分かりやすく書かれている。「夫に従うのが女性の美徳」という視点ではなく、あくまで協働して助け合う夫婦像
を描き出した。国枝さんは 「功名心、義きょう心、友情、夫婦愛など一豊の生き
た。医師からは「手術をす方には現代にも通じる」とるにはもう遅い。抗がん剤話す。
に頼るしかない」と言わ 四六判、二百四ぐ。千二れ、目の前が真っ暗に。肝百六十円。千二百部を文芸臓への転移も見つかった。社=電03言369)22
 ちょうどそのころ、出版99=から出版した。全国社から、「一豊顕彰会」での主要書店で十五日から販執筆してきた会報を取りま売する。

「功名心、夫婦愛など知って」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »