« “棟梁”ウッディ川浦、にぎわい広場で歌う | トップページ | 駅西のお洒落なカフェ »

一宮各地の民話を本に 平松哲夫さん(060711cnpo22)

060711hiramatsujidobunkakyo  子どもの健全育成に努める市民団体「一宮児童文化協会」は、一宮市の各地区に伝わる民話など七編をまとめ、小学生向けの本「新生いちのみやの民話 十五夜の月見芋」として発行した。
                        (宮崎仁美)作家平松哲夫さん(五九)。
児童文化協会が発行
新市誕生記念事業の一環で出版された民話の本と著者の平松さん=中日新聞一宮総局で
「郷土の物語を知って」
で第十一回新美南古文学賞。

問い合わせは平松さん=電0586(51)4471

|

« “棟梁”ウッディ川浦、にぎわい広場で歌う | トップページ | 駅西のお洒落なカフェ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一宮各地の民話を本に 平松哲夫さん(060711cnpo22):

« “棟梁”ウッディ川浦、にぎわい広場で歌う | トップページ | 駅西のお洒落なカフェ »