« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

鬼頭哲ブラスバンドon 杜の宮市6

杜の宮市の第6回も5月21日に無事なんとか終わった。

鬼頭哲ブラスバンドの演奏は、私の考える「まつりづくり」思想・・・多様な文化が多様に混ざり合い、個々の活動は個々に個性を持ったまま、あるベクトルに収斂していくという形・・・を、その場にガッチリ見せてくれる。ある意味象徴の具現化だと思っている。

そんな鬼頭哲ブラスバンドのホームページに杜の宮市の写真が載った。結構迫力ある。

(6/10/2006@富士屋ホテル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一宮の空襲体験を本に

0605517cnpo16senjitaiken 1944年に一宮市立第四国民学校(現在の大志小学校)を卒業した同級生たちが1945年7月の一宮空襲の体験を冊子「一宮の空襲を語る」としてまとめた。「60年前の夏、確かにこの街にも戦争があったことを伝えたい」と平和への祈りをこめる。(by横井武昭060517cnpo16)

伊藤喜栄さん、辻保昌さんl、真野典雄さん

| | コメント (0) | トラックバック (1)

町並み整備に住民らの組合で

日経新聞6月1日朝刊に、町並み整備を住民らで組合を作り、それが管理したりもする仕組みを国土交通省が作ると出ていた。

アメリカのBID的手法なのかな。やれるのかな、と思いつつも気になる。

(6/1/2006)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月4日はエコストック

宮市も終わり、5月月末の業務処理に唸っている間に6月となり、私も半そでとなった。

060604ecostockb 6月4日はエコストックだ。

バンパクもやっと終わり、これからがホントのエコストックだと思っている私は、今回ステージの係りに復帰。

竹内”タケチャン”がセレクトしたミュージシャンは私の好みもとても多い。

場所は庄内川河川敷でも昨年より下流だ。詳しくはホームページで確認されたい。

(6/1/2006)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »