« 自家焙煎の138珈琲 | トップページ | 林テキスタイル社長林博弥さんの話 »

土屋保徳という木工

三八屋の椅子の多くは土屋保徳という木工の作品だ。鉋削りだけで鏡面を磨き出し、自然な風合いの重量感ある作品が得意だ。

その三八屋に来た土屋さんが首を傾げつつ帰っていった。次の日に電話が入る。三八屋でも一番カッコいい彼の作品、それは釘も一切使わずに作り上げた椅子だが、それが少しギシギシ言っているので、メンテナンスさせてほしいと言うのだ。

矢沢栄吉好きだったりするのだが、クラフトマンシップと男気に溢れる職人だ。

でも「つっちー」と呼ばれていたりもする。

|

« 自家焙煎の138珈琲 | トップページ | 林テキスタイル社長林博弥さんの話 »

g. 志民活動列伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土屋保徳という木工:

« 自家焙煎の138珈琲 | トップページ | 林テキスタイル社長林博弥さんの話 »