« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

GAKU健ちゃんは最近また料理がいい

060217din_gaku-6GAKU(場所はココ)の健ちゃんはお酒好きだが、料理の研究にも余念がない。洋風食堂GAKUが正式名称だったような気がする。

この日(2/17/2006)は、のれそれと もずくのガスパッチョソース。半スープ仕立ての一碗。

のれそれという食材自体とても好きなのだが、加えて少し酸っぱいソースが和風な感じで好感。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

長崎屋ランチは今イチノミヤ一にヘルシーでうまい

060217lun_nagasakiya-6長崎屋酒店(場所はココ)は、一杯飲み屋だが、お嬢さんが料理とか栄養の専門家なこともあり、とてもヘルシーで旨みあるランチを出している。

この日(2/17/2006)は八宝菜に菜の花おひたし、切干大根煮、大豆と豚肉の煮物、具だくさんの味噌汁、取り放題の漬物に玄米ご飯、グレープフルーツで650円。

味噌汁は煮込んだような味だが、とても温まる味だ。玄米ご飯も適度に粘り気がある。煮物は味が染みている。

かつては結構な交通量だった四谷の通り・・・と言っても地元の人でも分からない人が増えているだろうけど・・・一宮市立「豊島」図書館北の信号の東西の筋だが、ここらあたりではお店も減っているけど、こうして静かに気を吐く店が数件あってうれしい。

ちなみに女将さんは大志区域の民生委員のまとめ役であり、とても色々な地域のお世話をしてらっしゃる。私なぞはとても苦手なタイプの地域活動で、本当に頭が下がる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とてもおいしいチョコレート

P1000004-6 仕事関係だが、風情のとてもスマートな女性からチョコレートを二ついただいた。

そのうちの一つ、写真の上の方「田園調布 chef wakabayashi」のチョコ。フワリやわらかく、おおおおおいしい。中に入っていたカードを捨てられてしまったので詳細が分からないけど。

“こんなおいしいモノ食べててバチ当たらないかな”的リミッターがかかり、本命の写真下のチョコにはまだ手を出さずにいるが、もういただかなくては。

来週に取っておこ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豪雪にディーゼル泣く

060212hikodani005-6 ランドローバー一宮は、メカニックの腕の良さで有名だったり、TReKで優勝してたりする店でもある。

セキド社長は早朝に新型ランドローバーで牧歌の里へ向かう。

9時ころ他の2台のディフェンダーが動かない。低温でディーゼルが固まったようだ。ワキモトの車で30分ほどかけてガソリンスタンドまで出かけ、低温用のディーゼルオイルを買ってきて、注いで車体をユサユサ揺らして混ぜ、やっと駆動した。

一宮から高速で1時間半かからぬ地ながら、あなどれぬ飛騨清見彦谷の里の冬。(2/12/2006)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一ケ月ぶりの彦谷は、また雪に埋まる

060211hikodani001-6 約一ヶ月ぶりにやっと行けた飛騨清見彦谷の里(2/11/2006)。

2箇所ある水道のバルブは、三角コーンを載せ、板でフタをして雪対策を緊急に付してあるが、またすっかり雪が被って、板の痕跡もない。

30分強の掘り出し作業でバルブは開き、今度は窓から外へ出てガス湯沸かし器のバルブ締めと元栓開き。

しかし一度お湯が出るようになってしまえば極楽なの060211hikodani004-6だ。

弱くだが一晩中雪は降り続けた。

今回は、ひるがのの牧歌の里でランドローバーのイベントがあり、そこへ参加した天草ファミリー@一宮、正木ファミリー@苅谷、ランドローバー一宮の関戸シャチョウに高校の脇本先生が加わりの9人で楽しい夜となった。セキド、ワキモトにホシノはヤリ高の悪仲間だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地元の料理 絵地図に 一宮市のコンクール

060129cnpo20echizuryori-L 福田旭宏君(11 瀬部小学校5年)の「昔ながらの一宮料理マップ」

愛知産業大学大学院教授延藤安弘ら5人の審査員 ひきずり、切干大根

(060129cnpo20)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書指導体験記コンクール 一宮高校が全国入賞

060203cnpo23yariko-L初の「国語科」全体で(060203cnpo23)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都びーんず亭はステキな屋台

060129kyoto010-M 京都錦小路を大丸の方へ出たところ、びーんず亭というスタンドを見つけた(1/29/2006)

以前は向かいに店があったそうだ。あったかなあという感じなのは、マチアルキストとしての自分が情けない。

実にあっさりと淹れている。うまいではないか。

帰ってから「京都びーんず亭」ホームページで焙煎豆をオーダーする。店主田中保彦さんの顔をデザインしたマークもいい。田中さんがお客さんと話しているのを見ているのも、小さな店で動き回りながらコーヒーを淹れている姿もいい。

通販では手に入らないシャッフルブレンドを今度は飲もう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移山房ラストの日の写真を見つけた

我が三八屋に開店からずっとコーヒー豆を提供してくれていた・・・つうか、25年ほどもコーヒーと人生を教えてくれた山田幸男(センセー)の荻窪移山房は2005年4月に閉まった。還暦を迎えたセンセーが焙煎をやめて閉めたのだ。

正確には何年だったろう。ランブルにいた山田さんが高円寺に店を出したと聞き、すぐに行った。

「十一房」

当時私が住んでいた下宿のすぐそば。それから色々な人とそこで出会い、センセーに優しい口調で諭され続けてきた。

高円寺の店を閉めてからは、センセーは私が住んでいた下宿部屋に交代して住み、それから荻窪移山房の上に引っ越した。何度か泊めてももらった。

ネットを見ていたら、偶然、その移山房ラストの日を写真に撮ってくれている人がいた。それもとびきりいい味の写真だ。センセーの滋味深いコーヒーのような写真だ。

すごくうれしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女優鈴木ほのかはヤリ高出身

051204cnpa22suzukihonoka-LM 鈴木ほのかという女優さんがいて、その人は愛知県立一宮高校卒業だそうだ(051204cnpa22)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »