« 大晦日あと2時間のところで酒におぼれる | トップページ | 初詣に行き、また「京や」で飲む。 »

ひだ清見彦谷の里で新年を迎える

060101hiko002-l 和楽は愛知県一宮市時之島にある、いい食品、食材などがそろう店。

ここで10年物の味醂を手に入れた。お値段も手ごわいとは言え色も味もスゴイ。

これをお屠蘇代わりに2006年平成18年の新年を、飛騨清見彦谷の里で迎える。昨年末というか、昨夜はひどいヨッパライでダメダメだった。

今年はそうはいかんぞ!ホシノヒロシめ!

午後からは所用があり、高山へ出たため二本木地区(彦谷の里の管理をしている地域)の新年宴会には出られなかった。残念。

|

« 大晦日あと2時間のところで酒におぼれる | トップページ | 初詣に行き、また「京や」で飲む。 »

q. 清見の谷奥から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひだ清見彦谷の里で新年を迎える:

« 大晦日あと2時間のところで酒におぼれる | トップページ | 初詣に行き、また「京や」で飲む。 »