« 南木曽で商業・地域活性化について話をする | トップページ | 「ねこ」って何だ? »

ホテル冨貴の森は山奥だが、いい感じ

050114fukinomori001-l1/13/2006 南木曽では毎回ホテル木曽路を取ってくれるのだが、先回お邪魔した時に、その奥のホテル富貴の森の話をしていたら、今回はそっちを取ってくれていた。蘭という、清内路峠を経て昼神

それはいいのだがスタッドレスを履いて自信ありげなタクシーはホテル下の雪の急坂を上れずズルズルしかける。不安なので下車し、深夜0時過ぎ、ショボ降る雨の中傘をさして真っ暗な山の道をトボトボ歩いてホテルへ辿り着いた。

ホテルは意外に(失礼)瀟洒なつくりで、24時間入れるお風呂には、ひょうたん型の露天風呂がついていた。ご機嫌。

050114fukinomori-l 翌朝、誰もほかに客のいない個室食事処へ行く。三畳で障子を閉められた中、一人食事。

これが朝から、いい感じのまぐろの刺身が出る、味噌汁代わりに鴨の味噌鍋にはうどんも入っている、ベーコンエッグにその他いろいろ。イッパイやりたいところだ。

10時過ぎにホテルのワゴンで南木曽駅まで送ってもらった。また雪の坂道を歩いて下り、蘭のバス停で待ってなきゃいけないかと思った。助かった。

|

« 南木曽で商業・地域活性化について話をする | トップページ | 「ねこ」って何だ? »

p. 風だより」カテゴリの記事

s. グルマン列伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホテル冨貴の森は山奥だが、いい感じ:

« 南木曽で商業・地域活性化について話をする | トップページ | 「ねこ」って何だ? »