« 猪伏山はコースタイムの1.5倍は遠かった | トップページ | 彦谷の里忘年会はあったか盛り上がる »

枝打ち体験は半日で一週間痛む

051106hikotani005 2005年11月6日は二本木の植林の枝打ち体験をした。

早朝に集まり軽トラックの荷台に揺られて山道を登り植林地へ。

高枝ノコギリでギッと枝を落とす。初めは腕でしていたが、腰でやるとリズムがつかめる・・・しかしキツイ。

ぱらつく雨に、飛騨清見彦谷の里管理組合長田中さんが、「雨だからこれで下りましょう」・・・助かった。

051106hikotani010 車を置いた広場では、木を切って柱にし、ブルーシートにした簡易テントの下、うまい鶏ちゃんにビールと酒が待っていた。うまいなあ。

半日の労働で一週間、腰が重かった。アアナサケナイ。

|

« 猪伏山はコースタイムの1.5倍は遠かった | トップページ | 彦谷の里忘年会はあったか盛り上がる »

q. 清見の谷奥から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 枝打ち体験は半日で一週間痛む:

« 猪伏山はコースタイムの1.5倍は遠かった | トップページ | 彦谷の里忘年会はあったか盛り上がる »