« 彦谷の里忘年会はあったか盛り上がる | トップページ | はっとりは今とてもいい具合の「割烹」 »

山荘の裏山でスノーシュー

051225hikodani007 直前から一宮市も大雪で、都市機能はほとんど麻痺。

そんな2005年のクリスマス、飛騨清見彦谷の里はもちろん深い雪の中。

深雪フワフワでスノーシューは辛いが、それでも裏山へ入り込んだ。尾根に上がり彦谷の里を見下ろし

051225hikodani009 それから雪の中にテーブルを作ってイタリアのボジョレとキュルノンチュエの生ハム、ポテトチーズなどでランチ宴会。

051225hikodani018 下りてくると彦谷の里クリCの野田さんが、やはりスノーシューを履いて雪かきをしていた。ファンヒーターの排気口が雪でふさがるのを防いでいるそうだ。

立派な雪洞が玄関横に掘ってあり、ウチもやろうと奮い立つ。

|

« 彦谷の里忘年会はあったか盛り上がる | トップページ | はっとりは今とてもいい具合の「割烹」 »

q. 清見の谷奥から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山荘の裏山でスノーシュー:

« 彦谷の里忘年会はあったか盛り上がる | トップページ | はっとりは今とてもいい具合の「割烹」 »