« 登山前日はすき焼きにきのこ鍋 | トップページ | 枝打ち体験は半日で一週間痛む »

猪伏山はコースタイムの1.5倍は遠かった

051030inobuse001 2005年10月30日、前夜の宴会で重い体を引きずり、山荘から歩いて登山口へ。猪伏に向かって左手の登山口から入る。

051030inobuse003 落ち葉を踏みしめて登る山道は整備されていて美しい。

秋ざれた感じがいわく言いがたい良い感じなのだが、ガイドマップの道とはどうも違うし、時間もおかしい。

051030inobuse004 コースタイムの1.5倍近くかかり、やっと山頂。

頂上直下に何と駐車スペースがあり、他の人はそこからスススと歩いてくる。何のコッチャ。

祠の横でイッパイ。

051030inobuse014 何と私の登山靴は底がはがれた。

VASQUEのSUNDOWNERというモデルで1987年にシアトルのREI本店で買ってから履き続けてきた軽登山靴だ。昨年はライケルかの登山靴も鈴鹿霊仙で底がはがれた。やはりセメント固めの靴はダメだ。グッドイヤーウエルトの重い靴が丈夫で信頼できる。

しかし気持ちいい登山だが、先の時間が分からないのは辛いものだ。そんな山登りは違うかもしれないが。

|

« 登山前日はすき焼きにきのこ鍋 | トップページ | 枝打ち体験は半日で一週間痛む »

q. 清見の谷奥から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猪伏山はコースタイムの1.5倍は遠かった:

« 登山前日はすき焼きにきのこ鍋 | トップページ | 枝打ち体験は半日で一週間痛む »