« 角屋で串カツ三昧 | トップページ | ホテル冨貴の森は山奥だが、いい感じ »

南木曽で商業・地域活性化について話をする

050113nagiso002-l 1/13/2006金曜午後3時過ぎ、JRに飛び乗り、南木曽駅へ。

今日は南木曽商工会と南木曽駅前商店街「美女軍団」ほか商業活性化活動をしている人たちと会合だ。

場所は駅前、桃介橋たもとの橋本家。割烹料亭だが、入り口などはとても風情がいい。

050113nagiso005-l 終わってから数人でカラオケスナック「かれん」へ連れていかれる。

050113nagiso008-l 宴の終わりかけ、美女軍団の中島ひろ子さんが「ラーメン食べる?」と聞くので、てっきりどこか19号沿いのラーメン家へ行くと思いきや、ここかれんでラーメンが出てきた。

南木曽は中高年の人たちが元気だ。地域の明日にも熱心だ。

2002年に長野県のまちづくり車座集会でお邪魔してから、ここに何度かお邪魔している。

桃介橋は国道19号で最も目立つランドマークの一つ。その橋の下には自然公園が広がり、渡りきれば桃介記念館がある。電力王福沢桃介が読書ほかダム建設の視察に来た時に泊まった別荘であり、川上貞奴とのロマンの場所でもある。

今回・・・というか、2002年からずっと提案しているのは、このエリアと名古屋の貞奴邸やぶんかの道一帯またその貞奴が建立した鵜沼(各務ヶ原市)の貞照寺などとの広域(産業)観光連携のことだったりする。他にも色々あるけど。

|

« 角屋で串カツ三昧 | トップページ | ホテル冨貴の森は山奥だが、いい感じ »

g. 志民活動列伝」カテゴリの記事

p. 風だより」カテゴリの記事

s. グルマン列伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南木曽で商業・地域活性化について話をする:

« 角屋で串カツ三昧 | トップページ | ホテル冨貴の森は山奥だが、いい感じ »