« J−BOYは変わらず浜省一色だがランチあり | トップページ | タイトルを変えた »

続木力の演奏を25年ぶりほどにトクゾーで見た

051221dnnr_tokuzo パリャーソのライブを見にトクゾーへ行った。パリャーソはピアノの谷川賢作とハープの続木力のユニット。谷川賢作は谷川俊太郎の息子さん。続木力はピアニストの続木徹の弟にして京都進々堂の人。

25年ほど前、私は吾妻光良の追っかけをしていて、高円寺のじろきちでの確か年末ブルース競演みたいなところへ突然ゲストとして現れたのが続木力だった。少し小柄でジミーな感じで舞台の縁に小さくいて、吾妻光良ほかも何かお客扱いで遠巻きにしている感じだった。ブルースなのにクロマチックハープを持ってステージにいたし。

演奏が始まったとたん、吾妻光良が「おっ」という表情になるのがありありと分かった。うねるリズム感がありながら、とても清涼で粒だった音を出すのだった。

そのころ続木力はフランスにずっといて、一時帰ってきて演奏に参加したのだが、後から知ったことだけどピエール・バルーなんかと一緒にやっていたようだ。25年前から、いつ帰ってくるんだろう、どうなるんだろうと思っていた。なかなか名古屋では見る機会がなく、やっと昨日(12/21/2005)見られた。

この夜、谷川賢作はウイスキーを5杯以上飲んでいて出来上がっていてヘンだったが、相変わらず小さく地味な続木力は、なんともさわやかな音色を小さなハープから引き出していた。年とったなあとは思ったが、今日、私と同年の生まれ(戌年)と知った。

ちなみに写真はトクゾーの冬季限定メニュー「自家製さつま揚」である。トクゾーは朝までやってる居酒屋でもあるのだった。

|

« J−BOYは変わらず浜省一色だがランチあり | トップページ | タイトルを変えた »

s. グルマン列伝」カテゴリの記事

o. ヒトコト列伝」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、ぐるぐる回ってここにきました。
続木力といえば、自分も学生の頃ジロキチの誰かのセッションで初めて観て(この吾妻セッションかも?)クロマチックでジャズをやる人はトゥーツシールマンスしかしらなかったので、凄いな~とびっくりしましたが、その後海外へ行ったのでしょうかプレイを観ることは今までありませんでした。この記事を見てこれからはと。

これからもよりろしくおねがいします。
今、僕は吾妻さんのおっかけ状態かも(笑)

投稿: ち~旦 | 2006年1月12日 (木) 13:26

コメントありがとうございます。
THE BEAT !!!! 1966私もほしい。アマゾンには無いのかな。ディスクユニオン見てきます。
吾妻、続木のセッションは、20年ちょっと前だと思います。正月か何かだったかな。
ちー旦ページ要チェックですね!

投稿: 星野博 | 2006年1月12日 (木) 14:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続木力の演奏を25年ぶりほどにトクゾーで見た:

« J−BOYは変わらず浜省一色だがランチあり | トップページ | タイトルを変えた »