« インド0点で、ひでみんカレーを食す | トップページ | 砺波の豆腐はメシに合う »

大源のチャーシューエッグはいつも唸らされる

050125dinner_daigenm

1月25日は、一宮市のスポーツ文化センターで、延藤安弘先生も来て「市民プロデューサーつくり」のワークショップがあった・・・日付を間違えていて、終わった9時過ぎに電話が入る。皆、大源へ行くというので、謝りながら合流。

大源は、私も大好きな店だ。味噌煮込みなどもウマイが、夜は居酒屋になる。一宮のマチナカ唯一のそば居酒屋であり、ある意味正統派のそば屋だということになる。

色々ウマイが、このチャーシューエッグ、まあハムエッグのハムがチャーシューになっただけっちゃあだけだが、これがウマイ。その他、もつモヤシもうまいし・・・

いい店だ。実はものすごく伝統があり、同時に一宮の真のブンカを持っていた場所だが、またそのことはいずれどこかで。

|

« インド0点で、ひでみんカレーを食す | トップページ | 砺波の豆腐はメシに合う »

s. グルマン列伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大源のチャーシューエッグはいつも唸らされる:

« インド0点で、ひでみんカレーを食す | トップページ | 砺波の豆腐はメシに合う »