« 瑞浪安藤氏のページ | トップページ | 月天の木ノ子めしと汁だく味噌おでんの定食風 »

中華ランチと言えば民定食

050108lunchmin1m
 一宮で中華といえば「民」(あれ、ネットで引っかからないぞ、タウンページでも、何で)。
高校出て初めてのクラス会も確かここで飲んだ。ビールのグラスを勝手に使うと間接キスだと騒いでいた女の子も逞しい母になって久しい。
 四川料理である民の民定食は、ボリューム満点の定食1,030円。8日(土曜)のこの週は、魚のフライ、チンジャオロースー、卵の炒め物の料理に、別のお盆でご飯とスープと漬物と杏仁豆腐。
明後日の一宮タワーパークマラソンに向けて、カーボロードだと言ってドンブリ飯を平らげ、栄養補給と称して残らず食べる。
 会計の時、年賀の挨拶をもらった。「石鹸ですから」と、いつまでも年齢を感じさせないママ。開けたら干支の鶏型石鹸で、飾れるようにもなっていた。
050108lunchmin2m

|

« 瑞浪安藤氏のページ | トップページ | 月天の木ノ子めしと汁だく味噌おでんの定食風 »

s. グルマン列伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中華ランチと言えば民定食:

« 瑞浪安藤氏のページ | トップページ | 月天の木ノ子めしと汁だく味噌おでんの定食風 »